« MTBでお散歩 | トップページ | SYNAPSE納車 »

2005年7月 3日 (日)

GPSの取り付け工作

自転車でどこかに出かける時はGPSを取り付けてゆく。 これは地図の替わりと自宅に戻ってからの走行軌跡の確認のためで、大変に気にいっている。
ただ、これを自転車に取り付けるのにRAMマウントを使っていたが少しごついので補修パーツを使って工夫してみた。
まずはベースパーツのRAM-HOL-GA5をRIGHT STAFFで購入した。このパーツのGPS取り付け面と反対面はこの様になっている。
base_u
base_b
上の写真の黄色で囲んだエリアで様々なブラケットを取り付けて自転車や飛行機などに取り付ける事が出来るが、今回はこの部分を切り取ってしまう。
 注意点:山の部分は残しておく事!
切り取った後には少し固めのゴムスポンジを貼り付け、横の部分にベルクロが通るくらいの細いスリットを開ける。 加工が終わったのが下の写真で、囲った部分にスリットがあります。
side
このスリットは両側にあり、ここにベルクロテープを通します。通した写真はこれ!
upper
後はわかりますね! これをステムの部分に固定するだけです。 ステムが短い場合や平らでない場合は安定しないかも知れませんが、そのための厚めのゴムスポンジでこれを押し潰して取り付けると、元々のスリットの溝の部分がうまく効いて固定できます。
固定した所を上からみた写真はこれです。
top_bike
(床が茶色でステム/ハンドルも黒なので見難いですが)
横からみた写真がこれで、うまく固定できていると思います。 ただ、完全ではないのでGPS本体にストラップを通し、それをブレーキかシフトのワイヤーに引っ掛けておけば万が一の場合にも地面への落下は避けられると思います。
side_bike
今日は天気が怪しいのでこれで走ってはいませんがホルダーを持って持ち上げると自転車のフロントが持ち上がるほどなのできっと大丈夫でしょう。

GPSホルダー:1,940円
スポンジシート:  242円

走行距離:0km 累計:8696.22km
投資金額:2,182円 累計:1,237,913円

|

« MTBでお散歩 | トップページ | SYNAPSE納車 »

コメント

すばらしい。目から鱗が落ちました。
RIGHT STAFFの掲示板を見て来ました。
eTrex C用のホルダが手に入ったら試してみます。
なにかお近くにお住まいのようですね。

投稿: hori@鶴川 | 2006年1月28日 (土) 03:33

こんにちは! 始めまして。
その後の使い勝手ですがものすごく快調です。注意点として裏の出っ張り部分をきちんと残す事とベルクロはゴムのタイプでないものを使う事でしょうか。 ライトスタッフさんではC用のホルダはまだ取り扱っていないようですが、IDAオンラインでは既にあるようです。
お近くなのでこんど見かけたら声をかけてください。 境川・恩田川・鶴見川・尾根緑道などを散歩モードで走っています。 ちなみにこの名前の所のリンクの自転車に乗っていますので、自転車を目印にすればわかるかな?

投稿: kobayashi | 2006年1月28日 (土) 16:54

 お久しぶりです。拙blog、ご覧になっているかも知れませんが2月に大落車、GIANTは全損になりましてこのほどRIDLEYのDamoclesになりました。
 GIANT時代にFSAのカーボンハンドルにRAMマウントつけていましたが、外してみたらやっぱり表面が思い切りUボルトの形に凹んでおり、同じ方式はやはりうまくないなとKobayashiさんアイデアをとうとう導入。
 加工下手なため、ベロクロのスリット部は結構汚くなっちゃいましたがまあここは隠れて見えないんでよし、と(笑)。
 密着度はなかなか悪くないです。これなら落車しても飛んでかなそう。 ただMTBだとより振動がきついのとステムを中心に少し回っちゃうのでちょっと厳しいかな? と思ってます。
 なんにしても、ナイスアイデアをどうも有り難うございます。

投稿: iwappa | 2006年3月26日 (日) 09:58

今晩は!IWAPPA殿、お久しぶりです。
またまた事故ったのですか? 大変ですね。それに
めげずに新しい自転車を買うなんてアクティブですね。

投稿: kobayashi | 2006年3月26日 (日) 20:28

こんにちは。etrexの取り付け方法を探していて辿り着きました。この加をカッターナイフで試してはみたものの、かなり大変です。どのように加工されたか教えていただけませんか?

投稿: buru | 2008年9月17日 (水) 00:05

今晩は!
後ろの取り付け部分を切り取るには鉄ノコを使います。糸のこでも良いのですが鉄ノコをホルダーに取り付けて切ると楽に切れます。
そして側面に穴を開けるには内側から細いドリルでなるべく近くにいくつかの穴を開けて、その穴をヤスリでつなげるように広げると完成です。

投稿: Kobayashi | 2008年9月17日 (水) 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GPSの取り付け工作:

» 稲村ヅェーン [iwappa! LAND (いわっぱらんど)]
という訳で公約通り稲村ヶ崎で泳いでいる。 ここまでの道程はもちろんチャリだ。 最近定番になりつつある [続きを読む]

受信: 2005年8月18日 (木) 17:17

« MTBでお散歩 | トップページ | SYNAPSE納車 »