« MTBキャンプ準備 | トップページ | 堕落した一日 »

2005年8月11日 (木)

MTBキャンプ(夏合宿)本番

夏合宿はBWSZ銀輪塾のメンバーが中心となって野辺山のSY−Nakキャビンに宿泊し付近の山を中込夫妻の案内により巡るというものである。
MTBを使ってのただのツーリングでないのは、中込夫妻は日本を代表するTOPライダーであり、夫人の由香里さんはアテネオリンピックの日本代表でもあった人だから、ハードであり色々と教えてもらえたりとキャンプ(合宿)に相応しい。

●合宿1日目
初日は早朝に自宅を出発し野辺山まで車で向かう。 早朝の道路は空いていて快調で予定時刻の8時には到着。 MTBに乗る準備をしてツアー開始前の準備運動で近くをA氏の案内で走るが、途中で雨が降り出す。 皆は山に入るが私は入り口で雨宿りし、皆が戻り一緒にキャビンに戻る。 キャビンに戻ったあたりから雨が強く降りだししばし休憩。
ひとしきり雨が降った後、11時頃に出発し早めのお昼を鉄道最高地点脇の『最高地点』というお店で取る。
s0885
昼食後に八ヶ岳牧場まで走り、シングルトラックのダウンヒルを楽しむ。 雨で路面が濡れていてかなり難しいが前走者について頑張るが、途中で木の根っこで滑り転倒。下りは良かったが下った後はお約束の登りで楽しかった事を忘れ『何でこんなに下っちゃったのだろう!』と思いつつ登る。 その後はシングルトラックを何本かつなぎ清里アーリーバードゴルフ場わきの林道をゆっくり登り昼食場所の鉄道最高地点に戻る。
s0896
林道は上の写真のような道で木に囲まれ気持ちいい。 ちなみに本日の走行ルートはGPSのログによると次の通り。
DAY-1
キャビンに戻った後はとっても美味しい豚角煮丼の夕食を堪能し疲れも手伝いあっという間に就寝!

●合宿2日目
2日目は朝から天気が良く相当にバテそうである。10時にキャビンを出発し、まずは獅子岩に向かう。 獅子岩までもオフロードの登りで、1/3は押しが入ってしまう。次の目的地は飯盛山の山頂でここから行く道もあるとの事であるが難度が高いので一度舗装路を下ってから山に入る。 ここから標高差200mを登る事になる。 まずは斜度のゆるい道をゆっくりと進む。 途中、景色の良いところで写真休憩(体も辛かった!)
s0910
ここから押したり乗ったりを繰り返しながらさらに進む。 当然の事ながらいちばん遅い私には最後尾を走る由香里さんがサポートについていただく。 オリンピック選手のサポートって何と贅沢なんでしょう!そうこうしているうちに急斜面の始まりポイントに到着。
s0913
ここからは押しの比率が高くなるが私の場合には走っても押してもあまり速度は変わらない。 最後の休憩ポイントに到着し山頂まではものすごい急傾斜で、私だけは自転車をあきらめ徒歩で登る。 山頂からは今登ってきた道が眺められる。
s0954
しばし休憩と記念写真を撮った後に今来た道を下る。
(↓は頂上での記念撮影で左から2番目がオリンピックに出た由香里さんです)
IMG_0952
登る時にはあんなに大変だった道も下りはあっと言う間に終わってしまう。 舗装路も戻り獅子岩の方に少し登り返した後にシングルトラックを走り昼食。
昼食に食べたアイスクリームも美味しかったが、その後に行ったポッポ牛乳ソフトがピカイチ! ちなみに近所のスーパーでもポッポ牛乳が安売りされる事が多く、いつも飲んでいます。 ソフトを食べた後はキャビンに戻りシャワーを浴びて帰宅。
ちなみに2日目のコースは次の通り
DAY-2

2日間とっても楽しかった! でもきつかった。

走行距離:67.54km 累計:9093.10km
投資金額: 0円 累計:1,774,105円

« MTBキャンプ準備 | トップページ | 堕落した一日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104331/5440935

この記事へのトラックバック一覧です: MTBキャンプ(夏合宿)本番:

« MTBキャンプ準備 | トップページ | 堕落した一日 »