« イルミネーション | トップページ | 年末年始休暇だ! »

2005年12月26日 (月)

LAN配線

昔はノートパソコンとディスクトップの2台を使っていたので、リビングでインターネットをやるためにLANの配線を自分で行った。 電話の配管があったので、そこに針金を通してLANケーブルを通したのであるが、数年前にノートパソコンが壊れてから使っていなかった。
今回、壊れていたTVを買い替えそこにLANを接続するために再び使おうとチェック始めた。 まずは外からの入り口にジャンクBOXから探したHUBを接続し分岐して接続してみるが、HUBを通さない場合の接続速度(60Mbps)くらいがいきなり10M以下になってしまう! なんで? HUBかな?と思いHUBの型名をインターネットで検索してみたら見事に10Base−Tのみの対応機器だった。 最近はHUBも安くなって2000円〜4000円くらいで買えるのでさっそく買出しに行こう。

|

« イルミネーション | トップページ | 年末年始休暇だ! »

コメント

10BAST-TのHUBは、意外と曲者です。高速ADSLや光接続に変えたときにパフォーマンスが出ずに悩んでしまう人もいるみたいですね。早く気付いて幸いでしたね。

投稿: くろかわポタリング研究所 | 2005年12月26日 (月) 23:42

TVの方は遅くても良いのですがパソコンはやっぱり早くなくてはと思いますね。 大昔は2400BPSなんていうモデムの時代もありましたっけ?
でも、速さって馴れるのですよね。ADSLの時は700Kくらいで満足していたのですが、今は60Mでも遅いと思うときもあります。
明日で休み(11連休)なので帰りにヨドバシに寄ってきます。

投稿: kobayashi | 2005年12月27日 (火) 23:57

安い(2000円台の前半)のHubを買ってきて試してみましたら、100kbpsの値が前後しますがほとんど変わらないスピードになりました。 ラッキィ!

投稿: kobayashi | 2005年12月28日 (水) 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LAN配線:

« イルミネーション | トップページ | 年末年始休暇だ! »