« 散歩モードで尾根緑道を | トップページ | 混合ガソリン »

2006年1月29日 (日)

『春節』でデジカメのテスト

何か気がふれたのか突然デジカメを買い換えてしまった。 今までのIXYもCanonのレンズは定評があったが、LEICAのレンズに16:9と28mmの広角に引かれた。 そう機種はPanasonicのDMC-LX1で手ぶれ補正もついているしマニュアルモードや絞り優先・シャッター速度優先・プログラムシフトも可能と、普通のコンパクトとはちょっと違う。
そのテストを兼ねて中華の新年のお祝いの『春節』の風景を撮影に出かけた。 まずは赤レンガ倉庫で16:9の威力を試すが結局はトリミング・・・・・・
brick
人が多く16:9の威力が試せないので、海に目を向けるとちょうど良い被写体が!
bridge
やはり16:9の威力は大きい! さて本題の横浜中華街へ向かう。 今年は『春節』と土日がうまくマッチしたので、中華街では普段とは違ってものすごい人出である。 街路樹も飾りつけられている。
china
うーん、LUMIXの16:9は縦位置もなかなか決まるな! 昼ごはんをどこかで食べようかと思ったが、どこも店のそとまで長蛇の列で、店頭の肉まんもかなり並んでいる。 江戸清の豚マンなどとてもとても!というわけであまり知らないがすいているところで1個ゲット! これを食べながら新年といえば関帝廟なので人ごみを写しに向かう。 道路の向かいから全体を写すが階段は人で埋まっている。
china_0
中国のお寺は極彩色で、新しいものも飾ってあり青空に映える。 てっ辺には地球儀もついていたので、アップで撮影する。
china_2
さて、混雑しているが中に入るとするか! でも相当に並んでいるので1時間くらい掛かるかな?と思って最後尾に行くが線香などを買う人の列で、単なるおまいりはそのまま入ってよいので中に入る。 拝むにはとてつもなく大変そうなので少し手前で失礼して出口に向かうが、お嬢さんが日本の「護摩焚き」のようなことを行っている。紙で出来たお札みたいなものを火にくべていた。
china_1
次にどこに回ろうかな?と思っているとパレードの準備の一段がやってきたので手を最大限に伸ばして数枚撮影し、いちばん良かったのを採用する。(デジカメの威力・・・)
china_3
ちなみに右側が関帝廟です。 とりあえずこのパレードが出発するところを見に行くかと考え山下町公園の向かいに行く。 公園の反対側から会芳亭をバックに撮影しようと考えたが既に人でいっぱいで後方になってしまった。 銅鑼の音と爆竹の音が威勢良く鳴り響きドラゴンパレードが開始した。 後方なのでうまく撮影できないが手を最大限に伸ばし何枚か撮影したうちの比較的良かった2枚を載せる。
china_4 china_5
さて、そろそろ帰路につくとするか!と考え中華街大通りを善隣門方向に向かうがだんだん人込みが激しくなり、門を出たところで身動きが出来なくなってしまった。 そうです、公園を出発したドラゴンパレードにちょうど出くわしてしまったので、これ幸いと何十枚か撮影する。まずはこちらに向かってくるドラゴンを!先頭の人が上に乗ったりしてさらに迫力があると同時に写真に取りやすい!
china_7 china_8
せっかく門の所にいるので、後ろ姿になるが門をバックに撮影を試みるが、ちょうどこちらを振り返った時もありなかなか絵になっている。
china_6
china_9
一通りドラゴンが通り過ぎてしまえば少しは楽に歩けるようになり、中華街から離れるほど普通の土日に近くなり、関内駅からJRに乗って帰宅。 しかし結構あるいたな!
そうそう、LUMIXについての感想はなかなか良い。 ブログだと小さな写真しか載せられないのですが、生の場合3840×2160のサイズで見るとJPEGがちょっとノイジーなのでRAW画像で撮影してパソコンで現像した方がよいかも知れない。
そうそう、ダイコン餅やゴマ団子も買ってきたが、魔よけになるといわれている唐辛子の携帯ストラップを買ってきた。 つけてみた感じはコレ
mayoke

« 散歩モードで尾根緑道を | トップページ | 混合ガソリン »

コメント

こんにちは♪
トラックバックしていただき、ありがとうございます♪
唐辛子、お揃いですね~!(笑)

それにしてもお見事な写真ばかり・・・
お祭り騒ぎが、聞こえてきそうです。
久しぶりに中華街、行きたくなっちゃいました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104331/8402829

この記事へのトラックバック一覧です: 『春節』でデジカメのテスト:

« 散歩モードで尾根緑道を | トップページ | 混合ガソリン »