« 新しい携帯電話の続き | トップページ | おにぎりデー »

2006年7月12日 (水)

ふとした疑問『なに語だったの?』

サッカーワールドカップの決勝戦でのジダンの退場についてのニュースが流れている。 フランスのジダン選手がTVでコメントを発表しイタリアのマテラッツィ選手に「母と姉を侮辱された」という事であるが、ふと疑問に思った事がある。
それは『言葉』である。 ジダンはアルジェリア出身でフランス代表なのでアラビア語かフランス語が母国語で、マセラッツィ選手はイタリア代表でイタリア語を話すはずである。 はたしてこの一連の出来事は『なに語』での会話なのだろうか?
ジダンの所属しているのはレアル・マドリードなのでスペイン語は話せると思うし、マテラッツィはほとんどイタリアのチームに所属しているので、イタリア語だし。
共通の言語があったとしても、ああいう激しいスポーツをしている時に、咄嗟に相手に合わせた言葉をしゃべれるとか聞けるとかってすごいと思いませんか?
サッカーの審判の試験には世界各国の侮辱の言葉に関する試験があると聞いているが、選手も同じように色々と知っているのか?

« 新しい携帯電話の続き | トップページ | おにぎりデー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104331/10920510

この記事へのトラックバック一覧です: ふとした疑問『なに語だったの?』:

« 新しい携帯電話の続き | トップページ | おにぎりデー »