« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

湘南海岸ポタ

今日はしまださん企画の湘南海岸のポタに参加をした。 まずは町田から集合場所の戸沢橋を目指す。 途中までいつもの通勤ルートを走るが自転車の方が早いような...
海老名からは直線コースで戸沢橋を目指すが途中で『地球防衛軍』という倉庫みたいな建物が目に入り写真に写す。
P1040861

看板を良く見ると自動車整備工場である。 なんともすごい名前をつけたものだ。
その後、戸沢橋に近づくが集合場所の詳細を知らずに来て合流できるかと思ったが橋のたもとに自転車が3台あり、無事に合流。
しまださんも着ていたが体調不良で急遽DNSという事であったが、伊勢原駅までは案内していただけると言う事で裏道をつなぎながら走る。 小田急線で小田原方面に向かうときに左手に見える田圃の風景を反対側から見た風景はこれ
P1040865

お米の収穫もかなり進んでいるようだ。 この後、伊勢原駅の北口に集合してから本格的なポタのスタート。 伊勢原駅の周辺は『道灌祭り』の準備が始まっていて、車道は駐車車両が多く走りづらいし歩道も屋台の準備で走れず慎重にはしる。 コンビニ休憩をした後に金目川CRに。 CRはこの写真の看板の左上の角の所から右に走り海の近くまでいく。 海に行く前に湘南平へ登るのであるが、その一部が見えてきた。
P1040870

湘南平への登りは標高差は少ないが距離も短く斜度はきつい。 一気に登るつもりであったが呼吸がきつく途中の駐車場で2周ほど呼吸を整えるループ走行というズルをしながら到着。 天気がいまいちで海と空の区別がつかず特徴ある風景と言う事でTV塔を写す。
P1040906

一休みした後に一気に下り西側を巻いて海岸線へ向かうが、湘南平ほどではないが少しの登りがある。
P1040916

風景は里山そのものである。 この後、国道1号を少し走り太平洋自転車道へ。 入り口が西湘バイパスと同じであり、間違ってそのまま入ってしまいそうである。 自転車道はしばらく西湘バイパスの横を走る。
P1040919

昼は茅ヶ崎のサザンビーチ近くでという事でどんどん進む。 茅ヶ崎が近づくと頭の中に『烏帽子岩が近づく・・・』というメロディが流れると共にCRの車止めに早くも烏帽子岩が!
P1040933

コンビニで昼食を買出しし、サザンビーチのモニュメントで昼食。 夏などは人が多く写真の順番待ちしているのだろうが、今日は天気もいまいちなのでモニュメントに自転車をたてかけ向こうに見える烏帽子岩を入れて記念撮影する事が出来た。
P1040941

この後、海岸線を進み引地川を上流方向へ進み、途中で境川にトラバースしいつもの飯田牧場で休憩。 今回もダブルを頼んでしまい消費カロリーとのバランスが...
P1040944

きょうは「期間限定の巨峰」と「かぼちゃ」のコンビネーション。 しばし休憩を取った後に境川を遡り、湘南台で伊勢原方面に帰るGrと町田方面に行くGrで分かれる。 この相談を行っているときIさんが偶然通りかかりしばし雑談。 町田近くでそのまま北上する本隊とわかれ帰宅。         

走行距離:104.17km 累計:11,921.85km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

コンゲンコーワのカエル

会社への通勤ルートにあるカエルです。
P1040856

進行方向右手のお家の入り口にあるのですが、ちょうどココで停車した時は良い事があるような気がする。
場所は『ひみつ』 (とられちゃうと困るので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

クリーム色の彼岸花

昨日はMTBをバラシテ掃除し仮組まですませた。 今日は久しぶりにROADで少し走る事にした。 まずは恩田川を下流方向に走り、鶴見川の合流点から上流方向に引き返し綾部原トンネルから尾根幹へ。 MTBは速度は出ないがギヤ比の関係で上りは楽だがROADは結構きつい。 尾根幹へ出たところで相模原方向へ向かいバイシクル・ウェア・ショップのZAMAへ!
先週の王滝の交通費を頂戴し、会場で話題となっていたウィンドブレーカーを見る。結局は頂いた交通費の大半がこれ。
P1040848

薄手で軽いのが特徴で、これから冬に向かう間に重宝しそう! これの良いところはコンパクトに畳める事で、専用の袋に入れた状態がこれ!
P1040818

これの特徴は軽い事! 100g以下でこの状態の大きさは横10cm、縦13cmで厚みは3cmで裏側のベルトで腕に取り付ける事が出来る。

その後、境川を下って帰宅する途中の道端に彼岸花が咲いていた。 常泉寺の白い彼岸花を見に行こうと考えていたが、なんとこの道端のはクリーム色だった。
P1040814

常泉寺のは完全な白で右側の花のような色で、ここのはガードレールの白と比較してもわかる様にクリーム色である。
結局、今日は60km程度を低強度で走っておしまい!   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

王滝の後始末

SDAの王滝から1週間が経った。 本当ならすぐにやらなければいけないのだが、次の日は雨でそれからは会社だったので作業できなかったのである。
まずはBeforeの写真を! (写真クリックしてね)
Before

レース後そのまま輪行袋に入れたままだったので、王滝の砂がたっぷりとこびりついている。 なにもココだけでなくホイールからチェーン・ギヤ・クランクなどありとあらゆる場所なので、この際徹底的に掃除する事とした。
しばらくメンテナンスしてなかったし、ワイヤー類も折れていたりしたので交換品することにして、リアサスのリンクも全てばらした。
そしてマンションなので風呂場に運び込み洗剤やらマジックリンやらで徹底的に洗って乾かし集合させたAfter写真がこれ (全貌はクリックして見てね)
After

上の方はメインフレームとリアフレーム。 左にホイールで右の白い紙の上が細かい部品である。 紙の左上がクランク関係でその下がペダルとブレーキ。 右中がサスペンションのリンク関係。 個々に持つと軽いのだが完成車にすると結構重いのね! 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

ウィンド・ショッピング

今まで『ガイアの夜明け』を見ていた。 大型店舗などにより廃れていく商店街の活性化の話であるが、その中の「買い物代行サービス」を見て違和感を感じていた。
重いもの(お米、水、油)など身体的に大変なものはそれなりの需要があるのだろうが、それ以外のものの需要ってどうなのかな?と思っていました。
それは、買い物ってウィンド・ショッピングという言葉があるとおり物を入手するという事以外にも買い物をするという行為自体が楽しいのではないか? それを奪ってしまう買い物代行サービスって普及するのか? という違和感でした。

ところが最後に紹介していた「出張商店街」を見て「やはり」と思いました。 それは老人ホームに臨時のお店を設け、そこで買い物をしてもらうという方式で入所している方たちが本当に楽しそうに買い物をしていました。 あれこれ見て商品を選び買い物をするという行為。 これが必要なのだと思いました。

そういえば私も大物を買うときはインターネットで調べたりカタログを取り寄せたり雑誌を買って調べて、パソコンで比較表なんかを作ってみたりします。 「買う」と「買ったものを使う」という事以外にもその前の過程を楽しんでいる自分がいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

休養日!

王滝からの帰りが遅くなるのを予想して今日は休暇を取得していたので寝坊をする予定であったが、いつもの習慣は恐ろしく朝の5時半には起きてしまった。
外を見ると雨が強く降っているのと、王滝の疲れが残っているので休養を決め込む。
まずは簡単な朝食を食べ新聞をじっくり読み洗濯をして風呂場の乾燥室へ! そして昨日の王滝の写真を整理し、HPを作成し仲間への公開をした。
さらにブログを書き上げ買い物をしたのは良いが、自転車を洗うのを忘れていた!!!
あわてて車から降ろしたのだが洗車をするところまではいかなかった。 週末まで輪行袋の中に入ったままになってしまうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

王滝42km完走

Cross Mountain Bikeの42kmのレースにエントリーしていたが、雨の予報で半分DNSの予定であったが、朝おきると雨は降っていない。
起きたのは3時半で用意されていたおにぎりを食べ、準備をして車でスタート地点へ向かう。 と言っても100kmのスタート地点で42kmは王滝川を上流に10km行った滝越になるので、上流に向かって走り出す。 途中でゴール地点の横を通るが、まだ準備はしていないようだ。
P1040541

スタートまでの道は一般道で普通に走っても良さそうな気持ちの良い道が続く。
P1040542

途中には立ち枯れの木が乱立する湖の横を通るが、カヌーを楽しめるそうだ。
P1040561

スタート地点に着いたのは結構早く、先頭に近い場所になってしまいスターと後が大変そうだ。 スタートまでの間にトイレを済ませ戻ろうとすると、なにやらステンレスの鉛筆みたいなものがある。近づいて見ると『電子基準点』とあり、GPS衛星からの信号を受け、つくばの国土地理院に送信しているそうである。
P1040577

スタート時刻が近づいて来ると青空も見えるようになり日差しもある。 雨を心配していたが杞憂に終わりそうである。
スタートしてからは予想に反してコンクリート舗装の道が続く。 登りのダートではないのは助かるが、実力がもろに出て先頭の50人くらいのところでスタートしたのだがどんどん抜かれて行く。 三浦ダムの堰堤ではダムの方は見えないが下は良く見えたので記念に写真を撮影する。
P1040586

堰堤を渡るといよいよダートが始まり、ここから標高1600mくらいまでずっと登りが続く。その登りの途中では100kmのコースと合流するが、100kmは上から下りで42kmは下から登ってくる。 その林道の様子を合流点の先から撮影したのがこの写真。
P1040607

さらに登っていくと御嶽山が綺麗に見える場所があったので、自転車を入れて記念写真を撮る。 ここは景色が良いので補給食を取る人も多くいて、ついでに自転車+自分で記念写真も写してもらう。
P1040609

この先をさらに進むと42kmコースのピークである標高1600m地点が見えてくる。御嶽山も一緒のアングルで入るので写真に取る。
P1040634

向こうに見える林道を回りこむとピークの切通しで、あとひと頑張り! インナー・ローで遅いながらも着実にクランクを回していきやっとピークの切通しに到着。
P1040641

ここからは一気に下るので補給食を食べ気を引き締めて再スタートする。下りではリアが跳ねうまくコントロールできずあせっていたが、半分ほど下ったところでリアサスがロックしたままなのに気がつきフリーにすると『なんだこの自転車は』というほどオンザレール感でコーナーを曲がる事が出来、どんどん抜く事が出来た。
CP1で水を少し飲んで再スタートをしたが、少し先に自然給水ポイントがありあまりにも美味しそうな水が流れているので、またもや給水!
P1040647

CP1からはまた標高差200mくらいの登りで、ココをクリアすれば後は基本的に下りになるので頑張って登っていくと今まで走ってきた林道とスタート地点の滝越の集落が見えたので写真を撮る。 左の山肌に林道が、右の手前の木の上の色が少し変わっている部分が集落である。
P1040657

さらに進むと120kmクラスの合流点が現われる。 120kmクラスはここから結構下った後に、またココまで登ってくる+20kmの周回になっている。 うまく使えば42km・62km・100km・120kmと4クラス制にも出来るな!
P1040665

さらに下ると滝が見えてきた、少し手前の方が良く見えた気がするが逆走はできないので見える範囲で良さそうな場所で写す。 120kmの選手はこれを2回見るのか...
P1040669

このあたりの下りでもサスのセッティングがあっているのか面白いように走れる。 タイヤが路面のレールに嵌っているような感じで、どんどん追い抜ける。
あと2kmの看板があり、さらに加速して少し先のコーナーを曲がったらいきなりゴールが見えてきた。 100kmのTOP選手よりは先に帰って来たいと思っていたが、無事に3時間45分でゴール。 戦い済んだ自転車の汚れ方はこんな感じ。
P1040675

天気は良かった(逆に暑い?)し路面も荒れてなかったので良かった。 でもお弁当などを持って1日サイクリングコースにしても良いのになぁ            

走行距離:55.80km 累計:11,817.68km
投資金額:0円 累計:1,930,614円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

明日から王滝!

というわけで、明日から王滝に行ってきます。 でも天気が悪いのでちょっと憂鬱。
雨がひどいようならDNSにするかも。 というのも王滝の場合、途中でリタイヤした場合でも回収車がなく自力でゴールまで戻ってこなければならないので、スタートするかどうかの判断は慎重にしたい。
坂道や悪路で苦しいのは楽しみの中の一つであるが、どうしてもやりたくないような事を無理して行うと自転車そのものの興味が無くなってしまうような気がする。
雨+自転車というのはトラウマがあるな....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

TVが直った!

9月6日のブログに書いたのであるが、SHARPタイマーにより壊れていたTVを修理した。 昨日と今日の会社から帰ってケースを空け何とか修理を終えた。
これで修理に出す手間も省け支出も無くなったので万々歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

20kgのお米を早く消費する

タイトルをそのまま読むと、早く食べきる事のようだが実は逆なのである。
先日、会社の定期健康診断があったが標準体重と比べると相当に思い。 標準体重より少なめを理想とすると20kg以上オーバーしている。 これは歩いているときでも階段を登っているときでも、そして自転車に乗っているときでもいつも20kgの荷物を背負っているのと同じである。
徐々に蓄えられているので気がつかないが、買い物に行ったときのお米(10kg)でも相当に重く感じる。
いちばん身近に感じるのはお米で、10kgを2袋と考えている

はやくこの20kgの米を消費しなければ......

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

Fサイ定例(多摩川オフ)

今日は定例の多摩川オフであるが、どの自転車でどのルートで行くか迷っていた。 来週の王滝のことを考えると昨日交換したハンドル周りのポジションを確かめたいし、暑さもかなりなようなので、長めに走るならROADだし...
で結局MTBで長めにというとんでもないパターンにしてしまった。 これが後々...
まずは恩田川をさかのぼり綾部原トンネルを抜け尾根幹へ。 ココまではまずまずの出だしで、下りはタイヤの太さもあって快調そのもの。 下ってからは乞田川をのんびりと走りいつもの定点観測ポイントで多摩川の様子を。
P1040514

多摩サイは暑さにもかかわらずジョッキングしている人や散歩している人など多くいて、ゆっくりペースで走る。 多摩水道橋で神奈川側に渡るのであるが、橋の手前で交通取締りをしている。 少し止まってみていたが、商売繁盛のようであった....
登戸茶屋で自販機のジュースで一休みをした後に、二子玉を目指して先ほどと同じゆっくりペースで進むが、二子玉には9時40分に到着してしまった。 むかしMTBで多摩川オフに参加していたときと同じ時間に出たのであるが、この速さは! きっと体力がついて早くなっているのだろうと思っていたが、K氏に『道がよくわかってきたからじゃない?』といわれ妙になっとく。
久々のMTBなので東急の鉄橋をバックに写真を撮る。
P1040520

定刻になっていつもの自己紹介のあとに登戸に向かい出発。 登戸茶屋で一休みをするが、自販機で購入した500mlのペットボトル飲料があっという間になくなる。
しばし歓談の後に府中に向かって出発するが、多摩水道橋ではまだ警察さんがお店を開店していた。 府中の昼食場所に行く前にコンビニで昼食を買出しするが、飲み物をどうするかで迷った。いつもは500mlを購入するのであるが登戸での事を考え1Lにしたが、まずは自転車のボトルの減っていた分を補充し、昼食のおにぎりと共に少しずつ飲んでいたのだが、これもすぐに消費してしまう。
P1040523

昼食はCR沿いの階段ではなく、上の写真の様に健康の森の公園内の日陰でとったが、それにしても暑い。
昨日のウェアと今日のウェアをまとめて洗濯して干さなければならないので、昼食後に早めに帰路につく。 関戸橋を渡って乞田川沿いを走っているときから、頭が痛くなってくる。 これは熱中症の恐れがあるなと思い、出来るだけ日陰を選びこまめに給水をしつつ、かなりゆっくりペースで走る。 尾根幹を登りきったときは相当にくらくら来ていたが、ここからは下りが多いので何とかなると思い下る。 綾部原トンネルでは涼しさにほっとしたのもつかの間、薬師池の横の登りがいつもの調子でない。 ROADとMTBの違い以上にこたえているので、歩道を10km/hペースで進む。 薬師池の登りの後は、裏道をつなぎ恩田川へ。 あとは自宅へ帰るのが先と最後の水を飲み干し最難関の登りをクリアしマンションに到着した後は、玄関の数段の階段をMTBを持って下りれないほどだった。
家に入りパソコン部屋にエアコンを入れ風呂場でシャワーを浴び、だんだん水に近くしてクールダウン。 20分ほど水に近い温度のシャワーを頭から浴びていたら少しすっきりしてきたので、パソコン部屋へ戻りこれを書いている。
それにしてもいまも頭が痛い! 熱中症って本当に怖い。

走行距離:71.01km 累計:11,761.88km
投資金額:0円 累計:1,930,614円

   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 9日 (土)

予定変更

昨日の夜は昔の仲間の集まりがあった。 そして今日は静岡から井川湖へのツーリングに参加するつもりであったが、昨夜より体調が悪くなった。 どう悪くなったかは詳しく書かないが休養日にあてる事にする。
昼間は選択や掃除をして過ごし昼から来週の王滝に備えMTBで散歩をする事にする。いつもの恩田川に行くのであるが、成瀬尾根のシングルトラックをゆっくりペースで散歩の方のお邪魔にならないように走り、恩田川では非舗装路を選んで走る。
恩田川から鶴見川に入り鴨居駅のところでUターンし鶴見川を遡る。 途中で川辺に下りられるところで一休みをすると、目の前を鴨の子供を引き連れたお母さん(お父さん?)が横切る。 子供を横から眺めているような感じでほほえましい。
P1040507

その後、袋橋まで行くかと考えていたが空が少し怪しかったので鴨志田から戻る。 帰宅してからシャワーを浴びてから自転車整備をする。 先週はリアホイールのベアリングのグリス入れ替えと玉押しの調整をしたが、今日は去年にストレートに近いハンドルバーを昔のものに戻す。 これは手のひらの外側(小指側)が痛くなるので手の角度がより自然なもとのハンドルバーに戻し、サドルもよりやわらかいものに変更し、更にリアサスの空気圧とダンパーの減衰特性をゆっくり側に変更する。
明日はFサイ定例の多摩川オフなので、MTBで参加し最終チェックをする予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

TVが壊れた!

パソコン部屋のTVが壊れた! 修理に出さなくてはと思い保証書を探すが見つからない... やっと見つかったと思ったら、購入は昨年の8月31日だった。
SONYタイマーってあるが、最近はSHARPもいい仕事してます......

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

99文字!

最近はこのブログでも会社の書類でもほとんどがキーボードで入力するが、先日会社で手書きの書類の必要があり会社名から部署名まで書くのだが、その欄が狭い!
漢字でも相当に長いがためしにひらがなで数えてみた。 かぶしきかいしゃ・・・・・・ぐるーぷ・・・・・・かいはつか までで、なんと99文字でした。 漢字で書いても52文字!
部署名を考える人って......

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

打ち合わせ&集金...

昨日MTBで一日走ったがグリップのポジジョン(角度)とシートの高さがいまいちだったので、少し修正してためしという事で走ってきた。
王滝も控えているので、まずは床屋さんで髪の毛を短くし恩田側を遡って行く。 シートはまだ低めだったので途中で5mmほど上げたらぴたっと決まった。 グリップの角度は少し平らにしたら少し良くなったがリアサスをロックした場合とフリーにした場合で微妙に違うが、王滝だとすればフリーの状態でちょうど良くしておけばよいか。
鶴見川からBWSZに向かう途中で相模原補給廠の脇を走るが爆音がして上を見ると飛行機が着陸態勢に入っていた。 すでにランディング・ギヤも出ていて飛んでゆく向きから考えて横田基地に着陸するのでしょう。
P1040504

BWSZに行くには矢部駅の南側で横浜線を渡るが、その踏み切りに基地の町を示すものが残っている。 横浜線からの引き込み線の後で10mほどの線路が民家の庭のような感じで残っている。
P1040506_2

拡大して見ると、線路は錆びているが枕木も残っている。
P1040506b
BWSZでは先週の乗鞍の交通費を清算し、王滝の情報交換をしたがフロントの泥除けは必要と言う事で、ワンタッチ式のを購入し帰宅。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

Fサイ定例? 『境川オフ』

9月の第1土曜日は『境川オフ』の定例になりつつある。 今日も開催されるという事であり、先週の乗鞍のリカバリーと今月の御岳に備えてMTBのブロックタイヤで参加する事にする。 集合場所は町田駅のヨドバシ前なので15分前に出ればよいが、少し早めに着くように出て集合場所に行くと既に10人以上集まっている。
参加表明した人があらかた集まったところで、境川の広場に移動して簡単な自己紹介をしてからスタート。まずはフルーツスタンドを目指す。フルーツスタンドでは形が悪く出荷できない梨を冷蔵庫で冷やして100円/1個で売っている。 梨は水分が多く自転車乗りにとっても最高! 隣は旬の巨峰系のぶどう棚。
P1040494_1

次は少し下った所にある飯田牧場でジェラートを食べるが、大人数の時は連絡ちょうだいね!というアドバイスに従いひとりが先行する。
飯田牧場では期間限定の巨峰とチョコチップのダブルカップを注文する。15人以上だと昼食はコンビ二で買いだしかなぁと思っていたが、ここで離脱する人などがいて結局はファミリーレストランで10人程度で済ます。
昼食後の離脱を考えていたのだが、海までは行くか!と思い午後もオフについていく。江ノ島の見える境川の最後の橋で江ノ島を見ながら小休止。
P1040497_1

午後は離脱して境川をさっと戻るかと考えたが、引地川を一気に遡上するという事なので、一緒に行く事にする。 Hさんが道路を良く知っているというので、今後の参考にもなると思い、2番手を走る。 ちょっとマニアックな部分もあるが、無事に泉の森公園に到着。
2kmくらい手前から右足に蝉が止まっていて離れない。 それほどクランクを回す速度が遅いのか?
P1040501_1

公園で小休止をしたあとR246を走り境川を町田に。 町田~江ノ島~町田のコースで最後に残ったのは5人。 これもいつもの境川のパターンだ。最後の集合写真をとり、関戸橋方向に行くメンバーを薬師池公園近くまで案内し解散。

走行距離:84.53km 累計:11,690.87km
投資金額:0円 累計:1,930,614円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »