« 休養日! | トップページ | 王滝の後始末 »

2006年9月19日 (火)

ウィンド・ショッピング

今まで『ガイアの夜明け』を見ていた。 大型店舗などにより廃れていく商店街の活性化の話であるが、その中の「買い物代行サービス」を見て違和感を感じていた。
重いもの(お米、水、油)など身体的に大変なものはそれなりの需要があるのだろうが、それ以外のものの需要ってどうなのかな?と思っていました。
それは、買い物ってウィンド・ショッピングという言葉があるとおり物を入手するという事以外にも買い物をするという行為自体が楽しいのではないか? それを奪ってしまう買い物代行サービスって普及するのか? という違和感でした。

ところが最後に紹介していた「出張商店街」を見て「やはり」と思いました。 それは老人ホームに臨時のお店を設け、そこで買い物をしてもらうという方式で入所している方たちが本当に楽しそうに買い物をしていました。 あれこれ見て商品を選び買い物をするという行為。 これが必要なのだと思いました。

そういえば私も大物を買うときはインターネットで調べたりカタログを取り寄せたり雑誌を買って調べて、パソコンで比較表なんかを作ってみたりします。 「買う」と「買ったものを使う」という事以外にもその前の過程を楽しんでいる自分がいます。

« 休養日! | トップページ | 王滝の後始末 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104331/11963220

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンド・ショッピング:

« 休養日! | トップページ | 王滝の後始末 »