« 怪奇現象が・・・・ | トップページ | ひどすぎるカルフール »

2007年9月25日 (火)

CVTに乗って感じた

自家用車を車検に出しているので代車を借りて通勤している。 いつも乗っているは普通の5速ATであるが、代車はCVTの仕様である。
CVTといえば大昔にスバルのREX(軽)のCVTを家族が所有していたときに乗った事があってそのときの印象は発進時と停車時のがくがく感がいけないと思っていた。 その当時は電磁クラッチのON/OFFでやっていたはずなので仕方がなかったのかもしれない。
ところが今回借りているTIDAはそのあたりは完全に払拭されている。 もしかしてトルコンか湿式多板でも使っているのかな?
でも乗っていてどうもなじめない事がある。 それは急加速でもなく緩加速でもないほどほどの加速をするときであるが、タコメータとスピードメータの針の動きが何となく変(違和感)を感じる動きをする。 エンジンがある回転数になり速度があがると同時にエンジン回転数が下がってくる。 それも速度は徐々にあがりエンジン回転数が徐々に下がってくる。 この動きが違和感に感じる。 CVTといえばあるエンジン回転数のままで速度だけが上がってくるか、エンジン回転も少し上がりつつ速度があがる感覚だったのだが、それと違うので違和感となっている。
ちなみに普通のATの方が感覚的にあっているような気がするのは古い人間なのだろうか?

王滝の結果発表になってました。 昨年は326位で今年は270位で上がっているような感じですが、天候の関係か出走人数が少なかったので・・・・
タイムも落ちているし

|

« 怪奇現象が・・・・ | トップページ | ひどすぎるカルフール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CVTに乗って感じた:

« 怪奇現象が・・・・ | トップページ | ひどすぎるカルフール »