« JR東日本のEF510-501が立ち往生でメーカーも真っ青? | トップページ | C58の33号機と横浜線 »

2010年1月15日 (金)

500系新幹線の速さをWebで表現!

先週の金曜日に東海道区間から引退する500系の新幹線を富士山バックで撮影したが、その速さをWebで表現してみた。
『撮り鉄』では一眼レフかめらで連射する場合が多いと思いますが、それなりの腕がないと連射と言っても希望のタイミングでとめるのは難しいです。
そこで私が使っているカメラは、通称マシンガンカメラといわれているCASIOのEX-FH20です。これはシャッターの一押しで1秒間に40枚撮影できるので、横移動する新幹線でも40枚のなかのどれかはよいショットがあります。
この40枚を使って早さを表現したのがこのページです ⇒ ココ
1秒間に40枚なので、1コマは25mSになりそのあいだにはっきりわかるくらい進んでいます。新幹線の速さはわかるのですが、Webページは重くなってしまいました。 速さの実感は一度表示(新幹線が左に移動)した後に再読み込みをするとキャッシュが効いてよくなります。

この手法はアニメーションGIFを使っていて鳥のはばたきなど色々な応用が出来ます。 こちらもページがあります。 ⇒ ココ

500系もあとわずかなので、東海道区間の象徴との2ショットをどれだけ収められるかですね。 それ以前に京浜東北の209も記録しておかなくてはと思いますね。

|

« JR東日本のEF510-501が立ち往生でメーカーも真っ青? | トップページ | C58の33号機と横浜線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 500系新幹線の速さをWebで表現!:

« JR東日本のEF510-501が立ち往生でメーカーも真っ青? | トップページ | C58の33号機と横浜線 »