« 500系新幹線の速さをWebで表現! | トップページ | 逃がした電車が2つ »

2010年1月16日 (土)

C58の33号機と横浜線

今日は寒いけれど自転車で少し走る予定だった。 しかし、朝食後に歯磨きをした後に歯間ブラシで掃除していたときに奥歯の詰め物が取れてしまった。
そこですぐに歯医者に予約をと思い診察券を探していたら、大昔に北海道を旅行した時の写真が出てきた。 1970年の半ばだと思うが札幌から網走行きの夜行急行で美幌に向かうとき、北見に到着したときにそれまでのディーゼル機関車からSLへの交換作業があり、そのSLを撮影した写真である。
C58

色あせてしまった白黒写真であるが、向こうには貨物列車が停車している。 プリントをスキャニングしたがC58の33と書かれているが、この機関車は今どうなっているのだろうか?
ちなみに元サイズはここにあります ⇒ ココです
診察券は見つからなかったが予約は14時にできたので折りたたみ自転車で出かけてきた。 恩田川も冬のいまは寒々しくこんな感じ。
Img_0767

葉っぱは1枚もないが春になると見事な桜の花で満開になる。 近寄ってみるとすでに春の準備は着々のようである。
Img_0769

治療がすんで床屋に向かう途中に横浜線の横に行きパンタグラフを撮影してみた。 横浜線はダイヤ型が主流であったがここのところシングルアームへの回収がどんどん進んでいる。 1月のはじめに撮影したダイヤ型と今日撮影してきたシングルアーム型を比較してみよう。
まずは今月はじめのダイヤ型
Old

なんとなく安定しているように見えるのは私だけでしょうか? そしてこっちが今日撮影したシングルアーム型
New

やはり頼りない感じを受ける。 いちばんかっこよいのが新幹線の500系のだと思うけどね。 500系のは車のレーシングカーのサスペンションのダンパーを作っているSHOWAのダンパーを使っているが、メンテナンス費用が高いので東海道区間から引退して西日本区間でこだま運用になったらシングルアームに交換されるので見られるのもあと一月半だ!   

|

« 500系新幹線の速さをWebで表現! | トップページ | 逃がした電車が2つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: C58の33号機と横浜線:

« 500系新幹線の速さをWebで表現! | トップページ | 逃がした電車が2つ »