« 防災グッツの一つ | トップページ | 気分の良くない電話 »

2011年3月16日 (水)

地震の影響などの色々な事象

被災地の皆さんは大変な苦労をされていると思いますので首都圏の色々な事なんてたいした事ではないような気がしますが、色々とつながるのではと思い書いてみました。
あくまでも個人的な意見です。

◆首都圏のガソリン不足
首都圏でガソリン不足が言われどこのスタンドでも販売中止や販売制限がでているし、給油の列などが見られます。 これがさらに引き金となっているようです。
そもそもこの現象はオイルショックの時の買占めや買い溜めの記憶がよみがえっているような気がします。
でも車は本当に必要なのでしょうか? 私も車のガソリンがなくなりそうで会社への通勤にこまるのはすぐ目の前に迫っています。
車をやめればよいのではないか? と言われそうですが、私は車でなく電車での通勤にして道路も開けたいしガソリンも被災地に回して欲しいと思っています。
しかし、計画停電で電車では通勤ができなくなっています。 このため、車で行かざるを得ないという悪循環のような気がします。
本数を減らすとかの対応で全区間を始発から終電まで確実に運行してもらえればよいのですが、運休になってしまう区間があるとどうしようもないです。
東急や京王、京浜急行や相鉄などは頑張ってほぼ全区間を運行しているようですし、京王などは全区間で平常運転などになっています。
それに比べ小田急はまったく頼りがないです。 雨などの時もそうなのですが、とにかく止めるという思想が小田急にあるのではと思います。
ほかの鉄道会社はとにかく動かそうという思想ではないか?
たとえ踏切が停電で動かなく可能性があるならば、昔のように人手で整理するなどの方法で安全を確保してでも運行して欲しいと思う。
そうすれば電車の利用が確実になるならば車の利用は確実に減るような気がする

« 防災グッツの一つ | トップページ | 気分の良くない電話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104331/51138436

この記事へのトラックバック一覧です: 地震の影響などの色々な事象:

« 防災グッツの一つ | トップページ | 気分の良くない電話 »