« 相棒日記-その2 | トップページ | 相棒日記-その4 »

2011年7月15日 (金)

相棒日記-その3

前に乗っていたステージアと今回のポロで感じの違う部分があります。
Img_3923

Img_3954

上はステージアで下がポロです。 大きく違うのがスピードメータが左側なのか右側なのかの違いです。 トヨタや日産で多い配置がポロと同じで右側にスピードが来ます。 ステージア(M35)も私のは左がスピードだったのですがマイナーチェンジで右に配置が変わっていました。

世界的にどっちが主流なのかと少し調べてみると、右側がスピードが多いような予想に反してBMWやBENZなどは左にスピードという配置になっていることも。
真ん中に大きくスピードでその右側に小さくタコや左に小さくタコという配置もあるようです。

他にもポロは0~100km/hは大きく割付け、100~200km/hは狭く、200~280km/hはさらに狭くと不等ピッチになっているのが変わっていますね。
昔はミッションからケーブルで磁石を回していた(20年くらい前?)なので出来なかったのが、電子式になって実現できるようになったのですね。

|

« 相棒日記-その2 | トップページ | 相棒日記-その4 »

コメント

KOBAYASHIさん、こんばんは!
外車はタイミングベルト要注意ですよ!
自分のパサート・バリアントは(昔の2Lのでしたが)5年目の車検のあとすぐに(5万キロくらいだったかな)切れて、エンジンのヘッドがゆがんじゃったから...
それ以外は特にシートや足回りはいい車だったけどね。
楽しいカーライフを!

投稿: Ez | 2011年7月19日 (火) 00:27

今晩は! コメント見落としていました。
加給エンジンなのでタイミングが狂うと一気にピストンやらコンロッドまで逝ってしまう可能性がありますね。

ベルトは本当に不安要素で、国産だと10万㌔が一つの目安のようです。
幸い、今回のはベルトでなくチェーン駆動なので少しは切れにくいかな? と思っていますが。

投稿: Kobayashi | 2011年7月24日 (日) 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相棒日記-その3:

« 相棒日記-その2 | トップページ | 相棒日記-その4 »