« 夏休み6日目 | トップページ | 夏休み9日目 »

2011年8月11日 (木)

夏休み7/8日目

夏休みの7日目、8日目です。 7日目に宿泊した民宿はネット接続ができなかったのでまとめての報告です。
◆7日目
ホテルを早めにでて原生花園駅付近で「鉄」活動。 網走に向かって走る車両は完全に太陽の方向から来るので逆光になり、後追いを掲載
P8100024

そして原生花園を散歩した後にもう一本の車両を撮影
P8100108

この後は知床観光だが、昨年は知床五湖とクルーズを楽しんだので今年は別の楽しみを。 まずはオシンコシンの滝で、昨年はがけ崩れで近くにいけなかったので再訪。
P8100147

下からかすかに見るより迫力がある。 そしてクルーズから見たフレペの滝を上から見る
P8100179

右の方の岩のところから流れるがその上の遊歩道には川はない。 そして上からクルーズ船の様子も良く見える
P8100181

ここで衝撃の発見があるが、それは帰ってからの詳細報告で。
次は知床五湖をパスして知床峠へ。
P8100230

そして今日の相棒のその一は知床峠で
P8100233

ウトロに抜け端っこまで行ってみようということで、相泊で行き止まりでの相棒
P8100289

実際にはこの橋の先まで道路があるのだが、個人宅なので立ち入り禁止。
そして、野付半島でトドワラを見るが、昔は駐車場からすぐ見られた気がするが今は相当に歩くし数も少なくなっているようである。
全体というより1本だけの方が良く撮れていたので
P8100396

そして次は今日の宿泊地の風連湖で、その対岸のいけるところまで行くということで本当の行き止まり
P8100440

前の相棒のステージアなら4WDなのでもう少しいけたかな?
ここから見ると春国岱はすぐ目の前なのだが、グルッと数十キロ回らなければならないが、途中に「鉄」があるので苦にならない。
そして到着したのが標茶線の奥行臼駅跡で駅舎は残されている
P8100462

ここは村営軌道の車両が保存されている
P8100490

P8100491

そして宿泊地の風連湖の民宿に車を置き、春国岱を散歩し夕暮れの風景を撮影
P8100557

◆8日目
8日目は鉄から始まる予定であったが根室はお祭りのようですごい車が街中を走り回っている。 ガソリンを給油したときにちょうど通りかかったので撮影
P8110051

これで公道を走ってよいのだろうか???
そして「鉄」は 終着駅の根室駅
P8110082

本当は最東端の終着駅としたいところだが東根室がもっとも東なので、一番東にある友人駅というキャッチコピーが・・・ ちょっと苦しい
そして今日の相棒は納沙布岬灯台で撮影
P8110124

そしてここのバス停に止まっていたバスの行き先が面白かったので撮影
P8110141

駅前に行くのはよいが、突端なので「太平洋回り」となっていた。 違うのはオホーツク回りになるのかな?
そして、海岸線を落石へ。 ここは人も無く静かでとってもよい
P8110189

ここから根室本線の撮影地も近いが時間が数分しかなく途中でもっと時間を早めておけば撮影できたのに。
そして海岸線を回り霧多布の岬を経由て霧多布湿原をを見てから釧路湿原へ。 塘路近くの展望台から湿原を撮影。 釧網本線の線路も見えているが、次の列車は40分ほど待たなくてはいけないので断念
P8110307

この後は宿泊地の阿寒に向かうが途中に鶴居村村営軌道の保存車両をチェック。
P8110326

白っぽい車両で日差しが津用意の出色が変
P8110328

そしてナビにしたがって阿寒に向かうが途中はダートの14km・・・ 何回がVSCが作動するようなタイトコーナーを抜けて峠に到着
P8110351

鶴見峠というところで下りもまたダート・・・
そして阿寒に到着したがまだまだ時間が早いのでオンネトー観光
P8110362

ホテルにチェックインし昨年にいけかかった「ボッケ」を散策ついでに確認。 湖に出っ張った半島のような先に温泉が湧き出ている場所がある。
P8110384_2

ただの泥の池のようだが熱湯で硫黄のにおいもする。
明日はグルッと回って帯広の宿泊で、ここはいつもの定宿なので安心
   

« 夏休み6日目 | トップページ | 夏休み9日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104331/52449939

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み7/8日目:

« 夏休み6日目 | トップページ | 夏休み9日目 »