« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

2週間ぶりの北海道

この前は夏休みの旅行で訪れたが今回は出張。 旅行の時は車だったのでフェリーで約24時間かかっての北海道上陸だったが今日は出張なので羽田からひとっ飛び。
羽田空港では展望デッキがリニューアルしたとのことで上がってみると
P8310001

まず見えたのはキャセイパシフィックの747ジャンボ! JALでは全機退役したのだが他の航空会社ではまだ現役が多い
そしてJALの機体をみると
P8310002

鶴丸になにやらデザインが。 そうだ!確認してみよう
Image1

ほら、話題の嵐ジェットだ! 尾翼も鶴丸で、JALとJASが合併してなにやら分らないデザインのペイントになったが、やはりこの鶴丸が似合っているな。
離陸して飛行高度があがり安定したところで外をみると雲が非常に厚い
P8310017

帯広は雨が降っていなかったが夕方には振り出し、今はかなりの雨が降っている。 ニュースでは帯広駅から池田駅までのSLとかちが運行されたとの話があり、明日も試験運行されるらしい。 明後日から3日間の切符は既に売り切れているらしい。
いま泊まっているホテルの窓からは帯広駅から池田駅に向かって出発するSLが確実に撮影できる場所なのだが、明日も明後日もその次も仕事なので残念。
何とか撮影したいが何とかならないかな? 明日の工事が1日で終了して明後日の立会いがなくなればかなうのだが。
一番の心配が帰りの日で台風12号の予測進路が北になると飛行機が欠航になりそうで不安。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

「スーパーひたち」は大変

今日は先週に引き続き茨城出張。
上野駅で弁当を買い込みホームに行き指定席が11号車だったので先頭に回ってみて、この前の北海道のドライブ旅行と同じ状態に『掃除が大変そうだなぁ』と思った。
P8290961

この汚れ方は高速で走行するのと虫が多い地域を走っている証拠である。 そして今日のお昼はあまりお腹がすいていなかったので軽めにこれ
P8290971

色々な味のお稲荷さんの5個セットで500円で安く済んだ。 夕方まで仕事をして帰りはギリギリのタイミングでフレッシュひたちに乗れたので、綾瀬から多摩急行での帰宅。 綾瀬では一本前に北千住から多摩線までいくメトロが止まっていた。
P8291177

これが北千住33分発で多摩急行は綾瀬を35分発であるが新百合ヶ丘で特急は多摩線のホームに入るので階段を登って隣のホームに移動しなければならない。 多摩急行は小田原方面のホームに入るので降りた反対に止まっているのに乗ればよい。
そしてこの時間差で結局は同じ各駅停車になるので、最近は多摩急行にしている。

しかい、この特急のヘッドライトってずいぶん下についているような気がするけど・・・   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

突然の停電! ラッキーだったのか?

今日は輪番休日の関係で出勤日。 例年だと乗鞍のヒルクライムレースに行っていたのだが出勤日なのでアンラッキー。
おまけに仕事も終盤の15時頃に突然の停電。 海老名あたりの送電線の事故で厚木市と清川村と海老名の一部の大規模停電だったらしい。
しかし東電のホームページを見てもその事は書いていないしお詫びの広報もない・・・・

しかし、ラッキーだったのはちょうどトイレに行きたくなり作業中のファイルを一旦セーブしてパソコンをロックして立ち上がった瞬間だったので、ファイルの消失はなかった。
計画停電やら供給不足などで電源の信頼性が低下しつつあるので、無停電電源はMustになりつつあるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

天気がすぐれないので『鉄』の整理を

昨日は朝から雨で、今日は昼過ぎから雨の予報。 そうすると洗濯物を干したまま出かけるわけにはいかないので乾くまで自宅待機。
そうすると必然的にパソコンに向かい、先日の北海道旅行の「鉄」を少し整理した。 区分としては、駅舎などの風景に鉄道遺跡関係を少し。
車両などもたくさんあるのだが観光旅行なのに鉄が意外と多かったのにはびっくり
P8070296

上の写真は岩内線の遺跡の駅跡だが、それ以外にもたくさんある。 その他にもGPSで走行ルートなどと風景を整理したものを作成した。

◆鉄道遺跡は⇒ココ

◆鉄道の駅舎などは⇒ココ

◆GPSデータと画像は⇒ココ

GPSの場合はデータ数が多いので警告が出るが中止しないで継続すると北海道の地図が描けるほどの走行軌跡が表現されている。
メモリーも多く必要なので見られない人はあきらめて欲しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

ケンミンショーにて芽室のコーンチャーハン

普段からよく見ている「秘密のケンミンSHOW」で芽室のコーンチャーハンをやっている。 思えば出張の休日でわざわざ食べに言ったのが2009年の9月で、その時も駅前には幟がたくさん出ていた。
Imgp6389

それぞれのお店でノーマルからカツがのっているものなど色々だが、すごくおいしいのだ。 この夏も旅行で帯広に行ったのだが朝と夜しかいなかったので食べられなかったが、今度は是非食べに行こう。
そういえば今月末にまた出張があるのだけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

相棒日記-その7

新しい相棒と夏休みに北海道をドライブ旅行してきたことは「夏休み○日目」というタイトルでブログ記事にしたが、相棒に関する内容を少しまとめてみた。
夏の旅行ではトータルで3000km弱の距離を走ってきたが、北海道内だけだと2698.2kmの走行で、その間に使ったガソリンは166.51Lで燃費としては16.2km/Lであった。
北海道は長い距離を一定で走れるので燃費は良くなるが、それなりに加速を楽しんだり遅いトラックなどの追越や峠道などもあったので、そこそこ良い記録だと思う。
そして、あちこちで相棒の写真を撮影してきたので、納車からのものを集めて作品に仕上げてみたので、下に貼っておこう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うれしかった、ひたちなか海浜鉄道

今日は久々の茨城方面出張。 自宅を出て小田急で電車を待っていると対面のホームにはヘッドマークを付けた車両が停車したので撮影してみた。
P8220419

そして新宿からJRに乗り換え上野で弁当を買い、スーパーひたちを待つ間に先頭車両のほうに歩いて行くと向こうには
P8220421

あのオレンジは! 赤城かなにかで運用されているのでしょうか?
昼は駅弁ではなく最近の上野では普通のお弁当が多く今日はこれにした
P8220430

車窓を眺め本を読みうつらうつらしているうちに水戸駅へ。 そして水戸駅には「びゅーコースタ風っこ」だと思う車両が止まっていた。
P8220853

今日は15時までの会議なので勝田駅でひたちなか海浜鉄道に乗ってから帰るかと考えていた。 夏休みに大洗にはいったのだが渋滞を恐れ実現できなかったので。
しかし会議はのび17時過ぎにあわてて会社を出て勝田駅に到着すると、ちょうど海浜鉄道の出発のとき
P8220877

やっぱりここに車両があって人が乗りこみ出て行くのを見るとうれしいですね。 やはり出張の帰りに乗るのは大変そうなので、一日かけて出かけなくては駄目ですね。
乗る+撮る+大洗のアウトレットやお魚センターでの買い物など1日楽しめるプランを考えよう 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

体内被曝の量(泊原発のPR舘)

福島の原子力発電所のトラブル以降、放射線に関するニュースを聞かない日はないと言っても過言ではない。
普通の人でもシーベルトとかベクレルとか縁のなかった単位について、放射能の関連とわかるようになっている。
被爆についても外部被爆と内部被爆の2つがあり、怖いのは体内に放射線が入る内部被爆だということをみんなが知ることとなりました。

そんな中、先日の北海道旅行でTVのニュースでホットな『北海道電力泊原発』のPR舘である「とまりん舘」見学してきました。
その中の展示で生年月日を入れると内部被爆ともいえる体内にある放射能の数値が表示される機械があり試してみました。
個人データではなく生まれてからの日数で平均的な値を表示するだけですが
Im1

私の場合は生まれてからの日数が長いので7900ベクレルという結果でした。 この値をどう見るか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

旅行から戻ってたら少しリッチに?

北海道のドライブ旅行から戻った時にはポストには郵便やダイレクトメールがたくさん入っていて、そのまま袋に入れたままにしていたのを思い出し整理をしたら少しリッチになった。
元々が自分のお金だったりするがうれしいものである。

一つ目は新しい車に買い換えたので前の車は7月に売却した。 買取店が廃車(登録抹消)したので自動車税の残り月数分の還付のお知らせが来ていた。 それと同時に郵貯銀行の証券も届いていて、それで3万円。

二つ目は同じ車関係で、売却店のキャンペーン期間中という事で5千円分の商品券が届いていた。 知らなかったのですごく得した気分。

三つ目は日経BPからの手紙で500円分の図書券。

そしてパソコンの不調が頻発し、おかしくなるときの画面が完全に乱れるのでどうもビデオカードの不具合のよう。 ネットで検索すると同じような画面になっているのもあり商品券の5千円を利用してヨドバシカメラで新しいビデオカードを購入。
入れ替えを行った後に暑いのを我慢して使っていても現象は発生しないので大丈夫そうなので一安心。
しかし、おかしくなったときには電源の長押しで切るがその時にHDDが壊れる可能性が非常に高いが、1TB×2台でRAIDにしているので再起動後にファイルの確認をし修復してくれるので助かっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

夏休み11/12日目

帰宅したからの11日目と12日目の報告です。
11日目は静内から日高本線に沿って移動し、苫小牧までですがフェリーが夕方なので支笏湖を観光してから向かいます。
静内のホテルを出て国道を走っているとバス停のところに待合室のような感じで鉄道車両が
P8140055

そして少し先の道の駅には日高地方らしい銅像が
P8140061

日高地方はサラブレッドの牧場が多く、サラブレッドの中でも一番有名なハイセイコーの銅像がありました。
時間的にちょうど良いので判官岬を走るホリデー日高を撮影。
P8140098

手前の判官岬は余地がないのでトンネルで抜けますが、その先の岬は太平洋との間のわずかな余地を走っていきます。
その跡は日高本線と付かず離れずで国道を進み、時間を確認するとちょうど下りが来る時間なので厚賀の近くで太平洋をバックに走る日高本線を撮影
P8140160

その後は一気に支笏湖へ。 到着したときは小雨模様で空も白く余りよい写真が撮影できなかった
P8140194

支笏湖に来たのは鉄道の遺跡の山線鉄橋が保管されているからで、それはこんな感じで歩行者ようになっている
P8140195

ここは支笏湖から流れ出る川の所で橋の上から川を見ると穏やかな流れが涼しそう
P8140214

この後は支笏湖に流れ込む山の上にあるオコタンペ湖へ行く。 ここは湖の近くには簡単にいけないので上からわずかに顔を出す場所で観察するしかない
P8140231_2

この先は道路が崩壊していて行き止まりになっているがいけるところまで行ってみると
P8140232

完全にNGで復活することはなさそうである。
苫小牧に戻り駅を探索。 キハ150が入線してきたので1枚撮影
P8140274

しばらく列車などを撮影し、夕食の駅弁を買い込みフェリーターミナルへ
夕食は支笏湖などで有名な「ひめます」を使ったチップ寿司
P8140357

これを食べ、風呂に入る⇒寝る⇒風呂に入る⇒寝るを繰り返し19時間後には大きく大洗港に向かって舵を切る
P8150383

入港後には「ひたちなか海浜鉄道」を撮影して返る予定だったが、お盆後の帰宅ラッシュで道路が混む予報だったので次回にしてそのまま帰宅。

◆走行の記録
北海道内:2698.2kmを走行
燃費   :16.4km/L

◆全行程
走行距離:2887.6km

新車の1000km点検後に出発したが既に4000kmを越えてしまったが、これだけの距離を走ってきたのでミッションの変速の感じやサスペンションや操舵感覚などがわかり自分の車になった感じである。    

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

夏休み10日目

夏休みも10日目で約半分が過ぎましたが、北海道旅行も終盤。
帯広から襟裳岬を経由して日高地方の静内まで。 最初は帯広駅から程近い札内川の鉄橋で普通列車とスーパーおおぞらと貨物列車を撮影。
最初に来るのは上りの普通列車で感じをつかむ
P8130025

こんな感じでよいだろうとスーパーおおぞらを
P8130113

順光のはずが運転席のガラスが太陽光を反射・・・・
このスーパーおおぞらが帯広駅に到着してからすぐに下りの貨物列車が発車するので場所を移動
P8130238

コンテナが載っていないと単機のように見えますね。
次は今日の相棒で、場所はいつもの場所です
P8130280

そして襟裳岬に向かう途中でJAXAの巨大な施設を発見
P8130310

成層圏の観測をするらしいのですが、その飛行船の格納庫だそうです。
そして襟裳岬に。 天気がよかったので海の青さも際立っています
P8130404

ちょうどお昼になったので今日は豪華に3色丼(実際は4っつ載っているが)
P8130414

そしてまたまた終着駅を訪問。 ちょうど列車が入っていて30分後に出発の予定
P8130443

この列車は静内かその先で撮影する予定で先を急ぐが途中で下りの列車が来るので、それを日高らしい場所で撮影
P8130476

これらの馬はもっと手前の柵のところにいたが列車が来る直前に真ん中に移動してくれ「役者やのう!」と関心。
そして様似に停車していた車両を撮影
P8130621

これを撮影した後に静内へ戻る。 その途中に新冠駅に立ち寄るが『出会いと憩いのセンター?』とは何ぞや?
P8130717

ホームに上がって逆を見るとちゃんと駅だった
P8130738

今日の宿泊は静内のホテル。 なぜ、ここに決めたのかといえば「本物のししゃも」を使った料理が食べられるのです。 ししゃものすしやてんぷらなど大変おいしくいただき、さらにそばも絶品でした。
P8130753      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

夏休み9日目

夏休みの9日目もまだまだ北海道であるが、今は帯広のいつもの宿なので仕事気分?
今朝は阿寒湖から帯広への大回り移動で最後はガソリンが厳しくなるという落ちまでついてしまいましたが、意外とよい燃費で助かった。
最初は2湖が見えるという展望台
P8120010

次は霧の摩周湖といわれるように霧に覆われて湖面が見えないことが多いが今朝はしっかりと見えていて、見えるのがよいのか見えないのがよいのか
P8120039

そして向かいにあり硫黄を採取していた硫黄山へ
P8120114

いまでも噴煙がすごく歩く近くでも噴出している場所もある。 ここからの硫黄を大量に運びコストを下げるために鉄道が敷かれていたが、その廃線跡は遊歩道に利用されている。
P8120100

釧路鉄道の廃線跡はこのような感じだった
次に屈斜路湖を少し眺める
P8120147

屈斜路湖は大きいので上から眺めるとよいが、美幌峠と津別峠があるが、津別峠の方が途中の道路も楽しめるのでこっちへ。
P8120166

やはり上から見ると大きさが良く分る。 津別峠を津別に下り、山中に静かにあるケミチップ湖へ
P8120193

このケミチップ湖は静かでとっても落ち着くが、途中のダートがちょっと大変。 この後は昔に乗ったことがある「ふるさと銀河線」の廃線跡が道の駅になっている陸別へ
ここには車両も駅もちゃんと保管されている
P8120210

銀河線なので999のイラストで集客をはかったのだがだめだったのですね
P8120213

そして帯広へ池田を経由していけば早いがまだまだ時間があるので置戸を経由して大雪湖へ向かう。 途中の峠は石北峠で眺めもよい
P8120229

そしてここからは士幌線跡をたどるが、ここは前に探索しているので一つだけ
P8120271

ここから素直に士幌に下りればよいのに然別湖を見ようと右折。 ガソリンのことを考えてなかったが然別湖に到着した時は警告ランプがついてからしばらくしてから
P8120279

ホテルの人に確認するとここから20分ほど行ったところが一番近いガソリンスタンドということであるが、車の残りの航続距離は30kmとなっている。 下りなので何とか持つかな?とつぶやいたら、ここから少し登り!とホテルの方に言われて・・・
登りもなんとかクリアし、しばらくはアクセルオフ(燃料カット)状態で下る。 途中で帯広方向が綺麗に見えたので写真を撮る余裕も
P8120282

根室で給油してから747kmを走っての給油で41.3Lだったので燃費は18km/Lとまずまずの値。 北海道ということで同じようなスピードで走る事ができるという面もあるが、ダートの長距離や峠超えが何回もありまずまず           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

夏休み7/8日目

夏休みの7日目、8日目です。 7日目に宿泊した民宿はネット接続ができなかったのでまとめての報告です。
◆7日目
ホテルを早めにでて原生花園駅付近で「鉄」活動。 網走に向かって走る車両は完全に太陽の方向から来るので逆光になり、後追いを掲載
P8100024

そして原生花園を散歩した後にもう一本の車両を撮影
P8100108

この後は知床観光だが、昨年は知床五湖とクルーズを楽しんだので今年は別の楽しみを。 まずはオシンコシンの滝で、昨年はがけ崩れで近くにいけなかったので再訪。
P8100147

下からかすかに見るより迫力がある。 そしてクルーズから見たフレペの滝を上から見る
P8100179

右の方の岩のところから流れるがその上の遊歩道には川はない。 そして上からクルーズ船の様子も良く見える
P8100181

ここで衝撃の発見があるが、それは帰ってからの詳細報告で。
次は知床五湖をパスして知床峠へ。
P8100230

そして今日の相棒のその一は知床峠で
P8100233

ウトロに抜け端っこまで行ってみようということで、相泊で行き止まりでの相棒
P8100289

実際にはこの橋の先まで道路があるのだが、個人宅なので立ち入り禁止。
そして、野付半島でトドワラを見るが、昔は駐車場からすぐ見られた気がするが今は相当に歩くし数も少なくなっているようである。
全体というより1本だけの方が良く撮れていたので
P8100396

そして次は今日の宿泊地の風連湖で、その対岸のいけるところまで行くということで本当の行き止まり
P8100440

前の相棒のステージアなら4WDなのでもう少しいけたかな?
ここから見ると春国岱はすぐ目の前なのだが、グルッと数十キロ回らなければならないが、途中に「鉄」があるので苦にならない。
そして到着したのが標茶線の奥行臼駅跡で駅舎は残されている
P8100462

ここは村営軌道の車両が保存されている
P8100490

P8100491

そして宿泊地の風連湖の民宿に車を置き、春国岱を散歩し夕暮れの風景を撮影
P8100557

◆8日目
8日目は鉄から始まる予定であったが根室はお祭りのようですごい車が街中を走り回っている。 ガソリンを給油したときにちょうど通りかかったので撮影
P8110051

これで公道を走ってよいのだろうか???
そして「鉄」は 終着駅の根室駅
P8110082

本当は最東端の終着駅としたいところだが東根室がもっとも東なので、一番東にある友人駅というキャッチコピーが・・・ ちょっと苦しい
そして今日の相棒は納沙布岬灯台で撮影
P8110124

そしてここのバス停に止まっていたバスの行き先が面白かったので撮影
P8110141

駅前に行くのはよいが、突端なので「太平洋回り」となっていた。 違うのはオホーツク回りになるのかな?
そして、海岸線を落石へ。 ここは人も無く静かでとってもよい
P8110189

ここから根室本線の撮影地も近いが時間が数分しかなく途中でもっと時間を早めておけば撮影できたのに。
そして海岸線を回り霧多布の岬を経由て霧多布湿原をを見てから釧路湿原へ。 塘路近くの展望台から湿原を撮影。 釧網本線の線路も見えているが、次の列車は40分ほど待たなくてはいけないので断念
P8110307

この後は宿泊地の阿寒に向かうが途中に鶴居村村営軌道の保存車両をチェック。
P8110326

白っぽい車両で日差しが津用意の出色が変
P8110328

そしてナビにしたがって阿寒に向かうが途中はダートの14km・・・ 何回がVSCが作動するようなタイトコーナーを抜けて峠に到着
P8110351

鶴見峠というところで下りもまたダート・・・
そして阿寒に到着したがまだまだ時間が早いのでオンネトー観光
P8110362

ホテルにチェックインし昨年にいけかかった「ボッケ」を散策ついでに確認。 湖に出っ張った半島のような先に温泉が湧き出ている場所がある。
P8110384_2

ただの泥の池のようだが熱湯で硫黄のにおいもする。
明日はグルッと回って帯広の宿泊で、ここはいつもの定宿なので安心
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

夏休み6日目

夏休みの6日目もまだまだ北海道で、1日の移動距離が一番長くなる予定。
最初は最北端の地に行く。 夏休みなので混雑しているかと思ったが意外と人は少ない。
P8090054_2

そして東海岸にも神威岬があるので立ち寄り。 灯台もちゃんとある
P8090145_2

北海道の東海岸には鉄道が走っていたのだが、ほぼ全部が廃線となっているので、保存SLや廃線跡がたくさんあるが、全部を見ていたのでは時間がないので気がついたものだけ。 最初は道の駅にあり見つけやすい
P8090193_2

次は国道から見かけた鉄橋であるが、場所を確定してから後日報告。
P8090220_2

保存SLもあり、これは中学生の時の北海道旅行でこれ(そのもの)に牽引された列車に乗ったと思う。 白黒写真が残っていて番号が同じ記憶があり、数十年ぶりの再会
P8090263_2

確か札幌から網走までの夜行急行で、札幌から北見まではディーゼル機関車で北見でこれに変り女満別で下車した。 北見で機関車交換の時の写真が残っている
そしてこちらは雨ざらしでかわいそう
P8090299_2

そして今日の相棒の写真はこれ
P8090340

網走の能取岬での写真で、ここは以前冬の時期に来たことがある。 そして最後は現役の車両であるが古いのでいずれは新型に置き換わるであろう、特急オホーツク
P8090377_2

網走駅にも入場券を購入して撮影。 明日からは天気が下り坂なのでちょっと心配      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

夏休み5日目

夏休みの5日目からは北海道の広大な台地を思いっきり走るというプラン。 今日は小樽から稚内までの350kmほど。
そのルートは風光明媚なオロロンラインという海岸線を行くルート。 景色がよいのでシーニックハイウェイとも呼ばれている。
今日も写真の説明は短く写真を多く紹介していこうと思う。
最初は歌にもなった雄冬岬
P8080143

国道から少し登ったところに駐車場があり、さらに展望台まで登るとこういう風景が。
次は終着駅でもあり映画のロケ現場にもなった「増毛駅」
駅前はガランとしていて今日のマイカーはここにしました
P8080234

終着駅なのでレールの途切れた写真も必要ですね
P8080230

国道に戻ると増毛小学校の建物が目に入る。 校舎と体育館ともに木造で開校133年と歴史もある
P8080262
P8080265

そして留萌本線を走る列車と思ったが、1日の本数が少ないのであきらめ駅でもと立ち寄る。
P8080273

どうも古い車掌車を改造した駅舎のようである。 その時、レールの上を走る音が聞こえてきた。 臨時??と思ってホームで確認すると
P8080280

レールの点検のようでお疲れ様です。 この後、留萌駅などを撮影して途中の踏み切りでまたすれ違いました。
留萌からは羽幌線の廃線跡を探しながらの移動。 いくつか写真を撮影したが場所との突合せがまだなので詳細は後で。 写真紹介のみ
P8080400

これは国道沿いから綺麗に見えます
P8080407

わずかにトンネルの入り口が
P8080425

これも良く見えます
P8080457

これは橋の残骸だけ
そして国道沿いには風の強いのを有効活用する風車が
P8080481

そしてサロベツ原野にある駅で宗谷本線の車両を撮影
P8080520

駅のそばにおいしい湧き水があるという事で立ち寄ったがちょうど5分ほどで列車が来ることが分り撮影
そしてサロベツ原野は広すぎてうまく表現できない
P8080558

この後は抜海駅を観察する計画でいいペースで走っていた。 抜海駅を思わず通り過ぎそうになり、あわてて曲がった先には白バイが待機中。
駅に立ち寄らずにいいペースで走ったら危なかったかも知れない
P8080614

そしてノシャップ岬へ。 日差しが逆光なのでうまく撮影できない
P8080626

稚内のホテルにチェックインしすぐ近くの鉄道遺跡を散策
P8080646

樺太航路の乗り継ぎのために作られたので、鉄道遺産として残されているがとっても広大で圧倒される。
そして稚内といえば最北の鉄道終着駅なので、入場券を買って撮影
P8080670

自宅を出てから900km以上走行したが、停止からの加速などは楽しんでいるし法廷速度+αくらいで走行していて燃費は15.5km/Lで、前に持っていたステージアだったらこの半分だろうか?         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

夏休み4日目

夏休みの4日目もまだまだ北海道。 今日は色々と歩いて疲れたので写真と短い説明のみです。
ホテルには朝食なしで泊まっていたので、いつものセイコーマートで「でかおにぎり」を買い、かもめと泊原発を見ながらの食事
P8070277

そして岩内線の廃線跡を探訪し、西前田駅の跡地を発見。 ホームは古いレールを骨組みに使ったもので朽ち果てる寸前
P8070295

そして幌似駅のところで今日の愛車を
P8070300

ここは廃線跡ではなく、本来の駅はバイパス建設にかかったので移転して記念施設としたそうです。 そして積丹半島を巡るドライブに! まずは泊村にある鰊御殿で、このあたりは鰊漁で大いに栄えたそうで、こんなに大きな御殿が建ったそうです
P8070344

そして積丹半島のメインの神威岬に。 まずは駐車場から門のところまで行く。 ここから先は女人立ち入り禁止だったそうです。
P8070402

門のずっと先には灯台が見えるが、そこまで遊歩道があるので先端まで行ってみるが途中の景色は積丹ブルーそのもので言葉にはかけない。
写真も撮影したがうまく色がでていないのが残念。
P8070379

灯台は意外と小さい
P8070387

P8070412

P8070413

そして積丹岬に
P8070425

積丹岬灯台は少し立派
P8070431

ここの駐車場の隣にあるレストハウスで食事にしようかと思って、その前にのどが渇いていたのでレストハウスの自販機でコーヒー缶を買って飲んだがごみいれがない。 缶は持ち帰りという事であるが自分のレストハウスの缶も引き取らないなんて非常識で食事をする気はなくなった。
そして途中のドライブインで食事。 おばあちゃんが数人でやっている店で非常に和んで、出てきた生うに丼がおいしそうで思わずパクリ。
気がついてあわてて写真を撮影したが一口食べたあとがしっかり
P8070433

そして美国という美しい名前の街にある黄金岬からの一枚
P8070443

余市では旧下余市運上家を見る
P8070455

アイヌとの交易などを行っていた松前藩の出先機関だったそうです。
小樽に向かう途中で「オタモイ」の文字を発見しオタモイ岬に行く
P8070462

オタモイは古い人なら「石狩挽歌」という歌の中にオタモイ岬という言葉が出てくるのを記憶しているかも知れない。 この歌も鰊漁を歌ったものである。
小樽では運河を巡る
P8070481

こっちの建物の外側の螺旋やスライダーやエレベータのようなものは何だか工場萌えという感じではないでしょうか?
P8070496

この後は、手宮線跡を巡ったり手宮の鉄道公園?を散策したが整理できていないので別の機会に。             
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

夏休みの2日目、3日目

今年の夏休みはちょっといつもと違う行動。
実際には今日から会社は通常通りであるがリフレッシュ休暇+夏休みということで。
最初に行った場所にはこういうのが
P8050029

そして乗り込んで一晩明けた次の日には朝日を浴びた煙突が
P8060086

苫小牧に到着! いよいよ上陸のちょっと前
P8060138

道央自動車道を走り洞爺湖へ向かう途中では自然エネルギーの象徴の風力発電が
P8060145

そしてサイロ展望台というところからの洞爺湖の眺めはガスがかかりちょっと残念
P8060156

そして移動の途中で『鉄』も少し。 車両の撮影をしようと考えたが時間が合わず断念
P8060176

そしてせっかくの新しい車なので景色のよいところで撮影(バックは羊蹄山)
P8060187

そしてニセコパノラマラインを走るが高原に湿原が突如現れる
P8060194

そして先ほどの自然エネルギーに対し話題の泊原発や岩内などが眺められる展望台へいくが、雲が厚く見えないがこれはこれで綺麗かも
P8060201

そして今日は岩内で宿泊。 ホテルから海岸方面が見えるので1枚撮影。 景色はこっちの方がよいがさらによいことが後で。
それはこれらの写真で、ちょうど花火大会の日だったようである
P8060220

P8060235

P8060247         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »