« 恒例の南房総だったが | トップページ | 相棒日記-その13 »

2011年12月19日 (月)

E657系の甲種輸送は銀釜牽引

鉄道ダイヤ情報の1月号を見ていると今日はE657系の甲種輸送の予定が載っていた。 E657系は茨城方面への出張の時に勝田駅に留置されているのを撮影しているが、甲種輸送はまた変わった形態なのでちょっと撮影に出かけてみた。
どこに行くか迷ったが近い場所という事で北府中に決め、到着したのが30分くらい前ですでに5~6人ほどの撮影者が集まっていた。
邪魔にならないように位置取りをし、露出などを見るために少し練習をする。
最初は離れていくEF66のサメ君
Dsc_2487
こっち側だと良さそうだが反対は逆光になりそうなので南武線で練習をしてみる。 サイドの明るさをちょうど良い具合にすると正面は少し暗くなってしまうがサイドが飛ぶよりは良さそうなので、これで決定。
Dsc_2499
時間になって遠くに移動する車両が見え、白っぽい釜なので何かな?と思って一気に連射で撮影。 シャッターボタンを押しながらカシオペア牽引機のEF510が確認でき、撮影中は釜番が確認できなかったが撮影後に確認して少し興奮。
Dsc_2514
なんと、唯一乗った事があるEF510-510だった。 乗った事があると言っても走行中に機関車に乗れるわけでもなく、EF510-510が始めて牽引したカシオペアに乗車した事があるだけ。
Img_1235
そして連射では40枚ほど撮影できたので、それらをつなげて動画にもしてみた。 フェンスを三脚代わりに固定したので、さほどぶれもなくカクカク動画が出来た。

|

« 恒例の南房総だったが | トップページ | 相棒日記-その13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E657系の甲種輸送は銀釜牽引:

« 恒例の南房総だったが | トップページ | 相棒日記-その13 »