« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

GW休暇4日目:ホームページ作成と父のところへ

4日目の今日は自転車で出かける予定だったが、昨日の夜に病院から電話があり昼間の時間帯に父の病院に行ってきた。
特に急ぐ用事はなかったが顔を見せて安心させるのもリハビリに良さそうです。
戻ってからはスターゲートアトランティスを見ながらホームページを作成し、これから夕食の準備を始める予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

GW休暇3日目:部屋の大掃除とHP作成

GWの3日目は天気がよく自転車で出かけたかったが荷物が届く予定なのと部屋が散らかっているし汚れているので、思い切って大掃除をすることにした。
季節から考えて半袖の衣料も出したかったが、掃除の途中でめげて掃除だけ。 いつもは掃除機を掛けるのと、ワイパーで床を軽く掃除するだけだが今日は雑巾を濡らし固く絞ったので吹き上げる。 これが結構な重労働で夕方からはTVを見ながらのホームページ作成をする。 作ったページは3月4月に撮影した分で、ひたちなか海浜鉄道や鹿島臨海鉄道に花咲線のルパン三世のラッピングトレインなど。
ルパン三世は前に紹介したので覚えていると思うがこれである
Lupin_005

作ったページはここ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

GW休暇2日目:町田に買い物

2日目は天気がよくなるという予報で朝起きたらまず洗濯。 そして町田にちょっとした買い物が必要だったので出かけるが、まずは暑くなったので床屋でばっさりとカット。
この前までは少し寒かったがいきなり初夏の気候のようで、長袖では少し暑くこのGW休暇の間に冬服と夏服の入れ替えをしなければならないね。
ヨドバシで目指すものを発見し購入後に昼は松屋で期間限定の『トマトカレー』の昼食。 このトマトカレーはカレーの名前が付いているが見掛けはトマトの色でカレーには見えないがスパイスとトマトの酸味でとってもおいしい。
要望があり期間限定の復活との事であるが、かなり多くのファンがいるに違いない。

そして何の気なしに立ち寄ったユニクロで、GIANTやmiyataとのコラボのTシャツを見つけ、1500円が土日限定で990円だったので両方共に購入。 他にもBD-1などもあったが白っぽい色がなかったので2枚だけにした。
帰りは玉川学園の駅から散歩をしながら帰宅。 途中で藤の花が綺麗に咲いているところや
Dsc_2056

みかんに桜と青空の黄色にピンクに水色と色がうまく出来ない組み合わせなど
Dsc_2057

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

GW休暇1日目:VWという会社

GWの休暇は正式には明日から9連休ですが、今日と5/7日は有給休暇取得促進という事でお休みになり11連休です。 その1日目はチェックに出していた車を取りに行くことと歯医者に行くことと父のところに行くことの3っつ。
その中でVWという会社(ディーラー)について考えてみた。

車というものは命を預けているものであるし、他人の命を預かるものでもある。 その意味では不具合というものはあってはいけないが、不具合にも色々ある。
機能的にはっきりと問題があるものや機能的には大丈夫であるが商品性に関係するものもある。 今回はその両方に関連する問題があり車を預けたが、はっきり行って満足できるものであった。
機能的に問題があるものも一緒に試乗したときに現象の一端が確認でき、それについては測定器(モニター)を載せて走らせて確認していただいたらしく故障まではいっていないがその兆候があるということで関連する部品を交換することとなった。
もう一つはある特定の条件で音が発生するとうもので、音によっては機能的には問題なく商品性だけという可能性があり、事前の試乗では『こんな運転操作の時に』という話をしたがその時は現象は出ていなかった。
しかし、点検の間に走らせて確認してOKという事でお願いしていたが、原因を特定し該当する部品を交換していただいた。
今日、走ったところでは現象は出ていないので大丈夫のような気がしている。

機械は問題がゼロが望ましいか車のような複雑なものは完全にゼロとは行かないものだと思うが、問題が発生した場合に的確な対応が出来るという部分がいいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

今日は歯医者などで身動きとれず

今日は中途半端な時間に歯医者の予約があったので身動きが取れず。 せめて自転車に乗れればと天気がよくなることを望んでいたがちゃんと晴れてくれたので自転車で歯医者へ。 恩田川に出るとさっそくカワセミを見つけた。
いやいやカワセミというよりもこういう一団
Dsc_1699

こういう人たちがいるところにカワセミはいる。 近づいてズーム(300mm)で撮影してみると
Dsc_1710

いい感じの色合いの葉っぱがついている枝に留まってくれていていいね!
せっかくなので動画も撮影してみたら、飛び立ちそうな気をもませるような動作が何回か

恩田川の定点観測ポイントでは桜の花は散ったが名残のピンクがまだまだ
Dsc_1736

この時期は川の両側に色々な花が咲いている
Dsc_1740

これは鮮やかな色ですね。 こっちは、ほのかな白さがいいね
Dsc_1744

桜らしいのも少しは発見できた
Dsc_1809

これは白い小さな花がいっぱい
Dsc_1812

これはちょっと毒々しい色のようなイメージ
Dsc_1994

ソメイヨシノも木の幹から直接咲いているのは満開状態
Dsc_2003

近くに小田急線の線路沿いに桜が咲いている場所があるので、いつもとは違う鉄道写真を撮影してみた。 まずは小田急色の8500系
Dsc_1757

そして小田急らしくない色の2400系
Dsc_1909

ロマンスカーも撮影してみたがVSEは白なので映えないね
Dsc_1882

ロマンスカーの異端児?の地下でも映える色のMSEは青が桜のピンクといい感じ
Dsc_1970

そして東急の長津田検車区をウォッチしに行くと、前の検測車が解体か? 改造か?判らないが1両だけ切り離されココにいた
Dsc_2007

他の2両は横浜線に近いほうにいたのでこれだけが何かに流用?
そしてヒカリエのヘッドマークを付けた車両も発見
Dsc_2018

そして新旧色々なタイプの東急並びも
Dsc_2022

近くの団地の花壇も綺麗に手入れされ芝桜にチューリップととっても華やか
Dsc_2024

今日の夕食は少し時間をかけて手作り餃子を作ってみた
Dsc_2027

ひだの寄せ方が一定してなく手作り感が満載。 焼いてみると
Image1

片一方のフライパンは熱が真ん中に集中しちょっと焦げてしまった。 一人でこれ全部を食べるなんてちょっと寂しいね。 4人分くらいでしょうか?
勿論、全部は食べません。 残りは小分けにして冷凍して後日の夕食用に。 前に作ったときは焼かない状態で冷凍したのだが、AJINOMOTOの冷凍餃子のようにうまく冷凍できずに焼いたら散々だったので、今日は焼いてから冷凍してみた。 さて後日の夕食でどういう感じになるかな?         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

十勝のお気に入り

最近の十勝出張でのお気に入りです。
Dsc_1471

別海は十勝地方ではないけど帯広駅構内のコンビにで売っています。 これが東京で売っていたらなぁといつも思います。
そして撮影ポイントはここです
Dsc_1460

もう少しで葉っぱが茂りだし貨物列車のような長い編成は撮影できなくなってしまうでしょう。 でもこの位の長さなら
Dsc_1388_2
なんとか入るかもしれませんね。 これでも駄目なら
Dsc_1425
単行ならきっと大丈夫でしょう。 そして確実に大丈夫なのは定宿のホテルの部屋からの撮影
Dsc_1493

今年はあと何回撮影にいけるでしょうか。(正確には撮影に行くのではなく出張のついでに撮影ですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

日本の東のはじっこにルパンを尋ねて(2)

2日目は主目的の花咲線に乗るのが目的です。 花咲線は通称で根室本線の釧路⇔根室を途中の駅名にもなっていて、カニの名前でも有名な花咲の愛称をつけてます。
本当ならゆっくりと途中下車して巡りたいところですが週末の駆け足旅なので単純往復です。 まずは始発の釧路駅に行きプラットホームがいい感じだった
Dsc_0625
そして定刻にキハ54が入線。 隣のキハ54と微妙に赤帯の色が違うが光線の都合でしょうか?
Dsc_0637
車内に乗り込むとこのキハ54の生い立ちを象徴するようなものが。
Dsc_0641
扇風機も珍しいですが扇風機の真ん中にJNRの文字が。 JNRは国鉄の略で、このキハ54は比較的新しい方ですが国鉄が分割されJRになる時にJR北海道の経営が厳しくなるのがわかっていたので、プレゼントの意味合いも含め国鉄末期に製造されたものです。 定刻に釧路を出発したのですが隣の東釧路でなんと20分待ち。 上りの根室本線が遅れているからでしょっぱなから大変です。 上り列車と交換し別保駅を過ぎるとこのようないい感じの景色の中を走ります。
Dsc_0668
さらに進むと開けた場所が現われ地図によると尾幌原野というそうです。
Dsc_0689
牡蠣で有名な厚岸駅に到着。 厚岸を出ると厚岸湾のきわを列車は進みます。
Dsc_0710
そしてしばらく進むと目的の一つの別寒辺牛湿原です。 最初はスピードに乗って快適に進みます。


少し行くと釧路の電光掲示板に出ていた「雪解けで水位が上がっているので減速か抑止」との予告どおり最徐行で進みます。



少し行っても左右は水がいっぱいという事がわかります。
Dsc_0720
徐行区間が終われば糸魚沢駅に到着し無事に注意区間を抜けたことがわかる。
Dsc_0724
糸魚沢駅の次はモンキーパンチさんの故郷の浜中町にある茶内駅。 ここで上下線の交換があるので車外に出て駅名板を撮影。
Dsc_0740
銭型警部が横に立っていますね。 時間があるので駅舎も撮影。
Dsc_0741
こちらではルパン三世が出迎えてくれます。次の浜中駅はメインですが停車時間も短くあっという間に過ぎてしまい帰りに期待。 隣の姉別駅もルパン三世のキャラクターが駅舎にありました。
Dsc_0761
そして別当賀駅を過ぎると遠くに海が見えてきます。
Dsc_0789
そしてこのあたりはこの方たちが主役です。
Dsc_0795
この時期のエゾ鹿は保護色で本当に見えにくいですね。 別当賀の先で一気に海に近づき有名な落石岬の近くを通ります。


昆布盛の駅を過ぎると根室半島に入っていきます。 根室の手前には花咲駅がありカニで有名な名前でこの路線の名前にもなっていますが、駅舎はこんな感じ
Dsc_0855
駅前には何もない場所でした。 海の近くの漁港などはにぎわっているのでしょう。日本の鉄道の最東端の駅の東根室を過ぎるとほどなく根室駅に到着。 夏に納沙布岬には行ったので今日はすぐに折り返しですが、一旦駅の外に出てまたこれを撮影
Dsc_0896
ルパン三世のラッピングトレインで運用表で昨夜に釧路で根室行きになったのが、この日は午後に釧路行きになるのでここにいるのを知っていたからです。
アングルを変えて一番はじっこにいるルパンのラッピングトレインのキハ54を撮影。
Dsc_0899
駅に戻り昼食を探すが駅前の商店にはお弁当のようなものはなく駅の売店も土曜日はお休み。 仕方がないのでそのまま快速はなさきに乗り込む
Dsc_0903
これは来るときに乗ってきたものの折り返しになります。しばらく快調に進み昆布盛と落石の間で警笛と共に急ブレーキ。 走り出しで右側を撮影していると


このようにこの辺りの主がいっぱいいました。そして廃線となった標茶線の分岐駅であった厚床駅に停車。
Dsc_0946
そして行きに撮影しそこなった浜中駅では駅名表示のところにルパン三世がいるのを確認することが出来た。
Dsc_0952
駅舎の窓口にガラスには峰不二子のイラストがあるらしいが、ここは交換駅でないので停車してすぐに発車してしまうので残念ながら撮影は出来なかった。
そして糸魚沢駅をすぎるとまたまた別寒辺牛湿原の徐行区間です。 帰りは前方の動画で速度がだんだん落ちていって徐行になるところを撮影してみた。


徐行区間が過ぎたところでたぶんJR北海道の保線の方が準備をしている場面を確認した。左右にイスが2つ付いた保線用の車両が確認できる。
Dsc_1003
これを確認してからしばらくは来たときと同じようないい感じの景色の中を走り釧路に到着。 今日はもう一つの本線の釧網本線で網走まで移動するのですが向こうまでいける列車は1日に4本しかないのでその発車時間までを利用して釧路湿原の景色を確認に行く。釧路が始発の列車で向かうが釧網本線の始発駅は隣の東釧路である。東釧路から2駅目のその名も釧路湿原駅で下車。
Dsc_1009
ここは駅からすぐの所に展望台があるので1時間程度で観光が出来る。 乗ってきた車両を見送り駅舎を出て撮影。
Dsc_1013
ここから階段で展望台に向かうが途中で下に駅舎が見えてくる。
Dsc_1015
釧路湿原駅はほんの小さなスペースに建っていますね。 階段を上り細岡展望台で釧路湿原を眺める。
Dsc_1103
これは遠くに見える岩保木水門で新しいほうになり釧網本線の車内からでも見ることが出来ます。 あまりにも広く広大な風景なので撮影した写真をつないでパノラマにしてみました。
Dsc
ブログだと横が制限されるので写真をクリックして全体をご覧ください。細岡ビジターラウンジで遅めの昼食を取り再び釧路湿原駅から列車に乗り釧路駅へ。 釧路では一旦駅の外に出て青空の駅舎を撮影。
Dsc_1104
網走行きの4740Dは15:50発で網走には18:49着の3時間の旅。 釧路湿原付近を走る中前方の景色を確認していると警笛と共に急停車。
Dsc_1124
拡大してみるとこんな感じでした。
Dsc_1124b
保護色のエゾ鹿が線路脇にいて、この先しばらくは左右にエゾ鹿がいて走ったと思えば停車し徐行の後にスピードが上がるとまた徐行などの繰り返し。
弟子屈・摩周・川湯温泉と有名観光地を過ぎ網走側と釧路側の分岐となる「緑」駅を通り過ぎ札弦駅の先で右側に斜里岳を確認。
Dsc_1161
この先はどんどん暗くなり止別駅先で海岸の近くを走るところを撮影するのが限度。
Dsc_1171
無事に網走に到着し網走駅で1枚。
Dsc_1176
空港に向かうバス停前のすき屋で牛丼を食べ連絡バスで女満別空港へ到着。空港は広さを感じガランとした感じ。
Dsc_1177
乗る飛行機は女満別から羽田への最終便です。
Dsc_1178
定刻になり乗り込んだらすぐにドアクローズ。 キャビンアテンダントさんに確認したらB737-800という176人乗りの飛行機で乗客は14人だったそうです。
こんなに少ないのはキャビンアテンダントさんも始めてという事で、乗務員を入れても定員の1/10くらいしか乗っていなかったすごい飛行機でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

日本の東のはじっこにルパンを尋ねて(1)

4月になって初めての週末で青春18キップの有効期限の間に日本の東のはじっこの本線の旅を計画し、乗り鉄を満喫して来ました。
1回目は東京から釧路までの行程です。

週末の短い時間を生かすため北海道までは飛行機を利用します。 羽田で搭乗前のひと時をさくらラウンジで休憩しつつ写真を撮影。 手前の作業車たちの屋根もJALカラーの赤に塗られていました。
Dsc_0259
定刻にJAL1153便は飛び立ちいっきにとかち帯広空港へ。 空港から帯広駅までは連絡バスで40分ほど。 さすがに4月なので帯広駅前の寒暖計もプラスの温度を示しています。
Dsc_0290
帯広駅で青春18キップにスタンプを押してもらいホームに上がるとちょうど乗る予定の2429Dが入線してきた。
Dsc_0302
この2429Dは滝川を出発し釧路まで走る最長の各駅停車で9:37に滝川を出発し釧路到着は17:39とほぼ1日乗ることになります。
この各駅停車はここでスーパーおおぞら5号に追い越されます。
Dsc_0314
このスーパーおおぞらに乗れば釧路は15:44ですがプラス2時間をつかう贅沢な旅の始まりです。 帯広を出発してすぐに幕別駅で上りのスーパーおおぞら10号と交換です。その停車を利用して幕別駅を撮影。
Dsc_0329
ついでと言っては何ですが乗ってきた車両も撮影。
Dsc_0328
よく見るとワンマン運転を示すプラグが刺さっていました。
Dsc_0328b
向こうから音が聞こえてきて、スーパーおおぞらが通過すると出発です。
Dsc_0337
幕別駅を出発すると十勝川を渡りワインで有名な池田駅へ。池田を出発して次の見所は十弗(とおふつ)駅で読み方を変えると10$になりドル札を模した看板があります。
Dsc_0361
十弗を出発して次の大きな駅は浦幌駅でここで上りの普通と交換します。ぴったり同じ位置に停車するところなんかは鉄道らしいですね。
Dsc_0387
車内からも変わったアングルで撮影してみました。
Dsc_0391
浦幌駅を出るとすぐに駅ではないところに停車。 後ろを見てみると単線のはずが複線になっています。
Dsc_0401
前を見るとわずかにホームのようなものが確認できます。
Dsc_0398
ここは常豊信号場で駅の間で列車の交換が出来るところで待っていると向こうからすれ違ったのは

新富士を出て札幌貨物ターミナルまで走るREDBEARに牽引された貨物列車の2092レでした。 コンテナが満載状態でJR貨物も頑張っているなぁという印象。
ここを出発するとトンネルを抜け一気に太平洋岸へ近づきます。 厚内駅を出たところで海岸線を走ります。
Dsc_0429
しばらく海につかず離れずしながら音別駅に到着。 音別は貨物取り扱い駅でコンテナが並んでいたが貨物列車はいません。
Dsc_0446
音別を出て少し走ると海岸線から離れ広い場所に出ます。
Dsc_0469
ここは馬主来沼と湿原のある場所でした。 この湿原を抜けてすぐに古瀬駅に停車。 ここも複線構造になっていて上下線の交換が行われます。 ここでやって来たのはスーパーおおぞらの12号。

さすがに通過スピードは速いですね! ここを出ると釧路まではもう一息と、大楽毛駅でまた停車。 大楽毛は「おたのしけ」と読むユニークな駅で通過して言ったのは新富士を出発して帯広まで行く2094レという貨物列車。


そして車内に戻ろうかと思ったが運転手さんもまだ車外にいます。
Dsc_0498
聞いてみるともう一本待つのだと言う事でホームでビデオを構えていると。

やって来たのは釧路から帯広までの普通列車で後ろはキハ40の朱色塗装でした。 やっとのことで出発し釧路の一つ手前の新富士駅に停車。 ここは貨物列車の始発駅でどこかにいないかと見ながら出発。

左手に新富士から帯広まで行く2096レが仕分けが済んで出発待ちといったところでした。そして次の駅は終点の釧路。と言っても根室本線はここが終着駅でなく根室が終着駅になりますが今日はここまでという事で駅前に出て写真を撮影。
Dsc_0520
すぐに宿泊先に向かわずに再度駅構内へ。 青春18キップなので出入り自由でいいね。 その目的は花咲線(根室本線の釧路⇔根室の愛称)沿線のモンキーパンチさんの有名なルパン三世のラッピング車両が釧路に到着するからである。海側はこんな感じ
Dsc_0556
そして山側のドアのところには峰不二子ちゃん
Dsc_0534
もちろんルパンも
Dsc_0536
銭型警部も
Dsc_0540
次元に五右衛門も
Dsc_0551
車内は座席も特急から移設したような豪華なシートが並んでいた。
Dsc_0541
改札に向かってホームを移動しルパンがピストルで何かを狙っているような感じでなんだろうと見ていると、各駅停車の敵の特急スーパーおおぞらを狙い撃ち!
Dsc_0579
夕食は駅構内で豪華駅弁を買ってからホテルへ
Dsc_0585
さすがに夜も6時を過ぎると釧路は寒かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

羽田×飛行機離陸×帯広の天気×キハ40

今日は帯広での仕事の日。 朝早くの便で出発ですが電車とバスの都合で少し早めに到着したのでパンを買ってラウンジの無料コーヒーで食べながら飛行機の観察。
この時間の羽田は曇っていて富士山が向こうに見えればよかったが残念。 離陸の飛行機は海に向かっての離陸なので何種類か撮影してみた。
最初に紹介するのはスカイマークのハート!
Dsc_1214

何故ハートなのかは分りますね。 ウイングレットにハートマークがついている。 この前はダイヤマークだったけど。
次はANAの標準塗装
Dsc_1280

旧塗装の離陸シーンを撮影できればよかったのだが。 そしてJALでは珍しいのを撮影できた。

Dsc_1238_2

かなりの小型機でJALの旧になりつつある塗装ですが主翼の上あたりにJ-AIRの文字も確認できる。 かなりの小型機でブラジル製のエンブラエルという会社の機材である。
静岡空港を中心に運用されていたのが、静岡空港からの路線をなくしたので羽田に回ってきたらしい。
東京は桜が満開であるが到着した帯広の気温は氷点下2℃で雪が舞っている。空港の近くでは道路も濡れているだけだったが仕事場の近くでは新雪が積もりわだちがクッキリ。
Dsc_1345

この時期にまた雪が積もるなんて異常気象なのか?
午後は帯広市役所でお仕事をし終わってから11Fの展望フロアで町並みを眺めてみた。
Dsc_1356

せっかくC-PLフィルターをつけていたのですが調整する間もなく撮影したので映り込みが激しいですね。 なぜ調整する前に撮影してしまったかといえば
Dsc_1356b

キハ40の朱色塗装が帯広駅に向かって走っていたのですかさず撮影してみたというわけです。      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

恩田川は桜満開

日曜日は車のオイル警告等が転倒したのでディーラーへ補充しに出かける。 ストレートに行く方法もあるが恩田川の桜が開花しているだろうと恩田川沿いの道を行く。
恩田川沿いの遊歩道を歩いている人が多く、交差点で右折ができないなどがあり道路が渋滞しているが、それも想定のうち。
信号待ちで停車しているときに何枚か写真を撮影してみた。
Dsc_1197

遊歩道にちょうど人がいない瞬間があったのですかさず1枚。 手前の植え込みから柵までの間が遊歩道でその向こうが恩田川になっている。
このあたりは両側から桜が咲き、上から見ると川が見えずまるで桜の川が流れているように見える。
空も青かったのでカメラを上に向けてもう一枚
Dsc_1202

桜はつぼみはけっこうピンクだが開花すると白っぽくなるのですよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

長津田検車区の不思議な電車

ここ数年は花粉症の症状はほとんど出ていなかったが、また突然出てきてしまった。 洗濯を干しにベランダに出るだけでもくしゃみが出る。
そんな訳で自転車でトレーニングは無理なので買い物に行くだけにした。 ただ、近くだけど恩田川の桜と長津田検車区のチェックだけはしておいた。
その長津田検車区だが珍しい塗装の車両がいた。
Dsc_0204

後ろに少し見えている黄色いのはこの前引退した検測車だが、前にいる青い車両は見たことがない。 屋根の上もなにやら色々乗っているようなので、もしかして新しい検測車?
今までの検測車は一番道路側に止まっていたが、この位置は一番見にくいので何回か通っているうちに撮影できるでしょう。
恩田川の桜もチェックしたが今一歩のようである
Dsc_0198

数日で開きそうな感じだが満開になるので次の土日か?
日当たりの良い場所では咲いているのもあった
Dsc_0233

つぼみはピンクが濃いが咲くとかなり薄まり白っぽくなってしまうね。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »