« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

11月の横浜と十勝の色々

11月後半に少し写真を撮影していたが、それを紹介していなかったので少しまとめて紹介。 最初は横浜のキング&クイーン&ジャックの写真。
キング&クイーン&ジャックからわかる人もいるかと思いますが、根岸線の関内から少し歩いたところにある建物の古い塔の名前で比較的近くにある。 まずは黄葉のイチョウとキング。
Dsc_7489

青空をバックに堂々とした姿が映えている。 この日はちょっとアングルを変えた写真も撮影できるのでしてみた。 キングはやはり立派!
Dsc_7509

そしてクイーンと象の鼻と大桟橋を一緒に収めたのがこの写真。
Dsc_7558

普段はなかなかこういうアングルは撮影できないので反対方向のインターコンチHと赤レンガ倉庫をバックに撮影するとこんな感じ。
Dsc_7527

これに対してジャックはビルに埋もれてしまっているような感じ。
Dsc_7518

そして富士山のほうをみると雪を抱いた富士山がしっかりと見え
Dsc_7564

海を見ると風力発電のタワーの前にはイージス艦のようなレーダーを載せた船も見えていた。
Dsc_7572

これらの写真は神奈川県庁のオープンデーで屋上などで撮影したものです。 そして山下公園前の道路はイチョウが両側に植わっているのでその色を確かめる。 地上からはこういう感じで見えている。
Dsc_7577

歩道橋からは俯瞰した撮影ができるので意外と人が多かった。
Dsc_7599

山下公園から中華街を通り伊勢崎町の有麟堂で買い物をして日の出町方面に行く。 ここにいった目的はこれ。
Dsc_7608

川のカーブしたところに小さなスナックがぎっしり開業している場所で、この前のモヤモヤさま~ず2に出ていたので見てみたかったのである。

そして、ココからは十勝の写真で工事していた幸福駅は改修工事が終わっていた。 車両はクリスマスの飾りつけをしてあり
Dsc_7645

建物は昔の雰囲気を残した新しいつくりになっている。
Dsc_7650

内部に貼ってあった名刺なども片付けられてすっかり綺麗。
Dsc_7652

スーパーによると北海道らしいスケールの大きなものが売っていた。 最初はキャベツのまとめ買いで、色々な情報によると漬物用らしい。
Dsc_0602

そしてウィンドウォッシャー液も18Lの大きなパッケージで販売。
Dsc_0606

宿泊の初日の夜明けは雪もまだなく綺麗な夕焼けが見られたが
Dsc_7724

数日後にはすっかりと雪景色になっていた。
Dsc_7745

降り始めのこの時期は木の枝枝に雪がついていて綺麗だね!
その次の日も帯広市内は雪がつもり、ホテルの部屋から見る根室本線も雪の中で最初は屋根に雪を載せたキハ40の3両編成。
Dsc_7755

先頭の車両をアップしてみるとまるでパーマを当てたような模様になっている。
Dsc_77552

どうもフレームの鉄骨の部分は温度が高いので雪が溶けてこいう感じになるらしい。 さらに雪が降ると全部白くなってしまうので、気温の条件が整ったときにだけ見られるらしい。
貨物列車も走っていたがコンテナが載っていないと寂しいね。
Dsc_7759

スーパーおおぞらは減速ダイヤですこし遅れての出発。
Dsc_7777

空港にいくと今日ははぴねすジェットでの運行との情報が入っていたが、着陸してきたのはこの機材で前にものったなぁ。
Dsc_7788

出発はほぼ定刻にプッシュバックし離陸も定刻だったが機長のアナウンスでは時速300km/hの向かい風のジェット気流の中を飛ぶので到着が遅れるとのこと。
GPSを起動し速度を測定してみると、いつもは800km/h~900km/hの対地速度で飛ぶのであるが、この日は500km/hちょっとで飛んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

関東も紅葉

先週の日曜日に長い出張から戻って休日。 さすがに疲れていたのか朝の目覚めも遅くどんよりと疲れている。 しかし、このまま1日をだらりと過ごすと生活リズムが戻らないような気がしたので、買い物を自転車で行く事にする。 ゆっくりと散歩ペースで20kmほど。
恩田川は桜の名所だが、このソメイヨシノも紅葉すると赤さが際立ちきれいである。
Img_0391

一番綺麗に見えるのはもう少し下流なので川沿いの道をゆっくりと進むと、いつものようにカワセミを狙う人たちが集まっていたので一緒に1枚
Img_0399

こちらからだと木の枝の向こう側なので少し見難いが固体としてはとっても小さいようである。 このあたりの葉っぱはまだ緑が残っている。
少し下流に下ると両側のソメイヨシノの紅葉が一番綺麗に見える場所があるので撮影。
Img_0405

紅葉なども綺麗だが、このソメイヨシノもなかなかだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

減速ダイヤでの撮り鉄

JR北海道は安全を確保するために11月から特急列車などの最高速度を下げ、さらに減便をした『減速ダイヤ』で運行を始めた。
そんな中「お立ち台通信」で調べた厚内⇔上厚内+αで撮影をしてみた。

まずは下りのスーパーおおぞら1号(4001D)。 帯広(9:27)⇒池田(9:46)⇒釧路(11:01)で運行されるが撮影ポイントは10時10分くらいかと推定。今までの撮影地は踏切や信号が近くにあり撮影タイミングがとりやすかったがここは距離から推定。 しかし来ない・・・ 少し経過した10時17分に通過!
Dsc_6554

この後は帯広貨物駅(8:55)⇒音別(10:55)の2093レの貨物列車。 途中でスーパーおおぞら1号に追い越されて後にやってくるが15分くらい後と推定し、10時32分頃と思っていたが、実際の時間は10時36分
Dsc_6614

この後は上下線共にしばらく来ないのでトイレに行きたくなり直別駅に。 トイレの中で踏み切りの音がしてあわてて車からカメラを取り出したが少し遅れた。 音別にすぐに来れば先ほどの2093レが撮影できるのですね。
Dsc_6628

そして2093レの時刻が書かれている音別にいくと先ほどの貨物が上りの普通列車との交換のために停車していた。
Dsc_6659

という事は少し戻れば普通列車の向こうに太平洋というのが撮影できると考え直別の方に少し戻って待ち構える。 まずは左の方に出てきたところでズームを効かせて撮影。
Dsc_6681

すぐに広角側にして北海道らしい景色と向こうの太平洋を入れて撮影。 ちなみにこの列車は2524Dで音別(11:25)⇒尺別(11:30)⇒直別(11:36)⇒厚内(11:44)⇒上厚内(11:52)のダイヤである。
Dsc_6714

この後は上厚内⇔厚内に戻ってスーパーおおぞらを撮影する予定だがダイヤを見ていると下りの普通列車と交換するのでこの2524Dも撮影ができそうである。
上厚内が11時52分なのでその少し前と推定した通り11時50分に通過。
Dsc_6738

そして最初に撮影したスーパーおおぞら1号の釧路での折り返しのスーパーおおぞら6号と、下りのスーパーおおぞら3号の時刻が近い。 どっちが先に通るかと考えたが、交換駅は浦幌の筈なので上りが先と判断し待つ。
スーパーおおぞら6号は、釧路(11:20)⇒白糠(11:39)⇒池田(12:42)で12時10分頃と推定していたが、それより少し早く12時7分に通過
Dsc_6761

すぐに道路の反対側に移動してスーパーおおぞら3号を待つ。 この列車は帯広(11:28)⇒池田(11:45)⇒白糠(12:42)⇒釧路(13:01)のダイヤで12時15分と推定しどんぴしゃの12時15分に通過!
Dsc_6803

次の列車は2時間くらい空くので今日はこれで打ち止めにし、豊頃町のシンボルの「はるにれの木」を見に行く。 河川敷の広い草原にすくっと!立つ姿は絵になる!
Dsc_6874

この河川敷の近くに旧道の橋がかかっているが、この橋も造形的に絵になるのでアングルを選んで撮影してみた。
Dsc_6966

少し遅いお昼をインデアンカレーで食べ帯広のホテルへ戻る。 荷物を置いて駅近くを散歩しているとコインパーキングを見つけたが、よく見る踏み板式や前方に下からパネルが上がるタイプではない。 雪が降る地方なので良く工夫されている形式だったので、思わず写真を撮影。
Dsc_6984

この後は部屋で休憩をし、夕食をたべ一日が終わった
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

十勝への出張

久々のブログの更新です。 顔本には写真などを適当にアップしていましたが、少しまとめてみようと思う。
十勝ではまだまだ自然が多く動物たちを見かける頻度も高い。 その中でもキタキツネはよく見かける動物で見かけはカワイイけど寄生虫を持っている可能性が高いので要注意である。
Dsc_5654

野生動物だがこういう感じで見られると持っている食べ物をあげたくなるがそういうことをしてはいけません。 しかし、この固体は充分に栄養がいきわたっているようだ。
そして少し山の中に入るとよく見かけるのはエゾ鹿ですね。 道路に不意に飛び出してきて車との衝突事故も多発しているので注意が必要です。
Dsc_6045

春から夏はカラダの毛の色が茶色ですが、この時期は灰色にちかく葉っぱの落ちた林では保護色になって見つけにくいです。 ただ、お尻だけはいつも真っ白!
このときも車の前に不意に飛び出てきました。
動物の次は『鉄』の写真です。 ホテルはいつものノースランドHで札幌側の部屋だったので朝はスーパーとかちや普通列車が撮影できます。 ただ、高層階の10Fの部屋なのでかなりの俯瞰気味です。 まずは朝の普通列車で、これは朱色が真ん中に
Dsc_5702

天気のよかったこの日は朱色が端っこに連結
Dsc_5935

この日のスーパーとかちの始発は天気がよいので少し白っぽく見え
Dsc_5964

この日は少し曇り気味だったので青がしっかりと載っていた
Dsc_6331

車輌のアップを紹介しているが、部屋からはこういう感じでビルやマンションの間に線路があり、そこを気動車が走っていく
Dsc_6473

ホテルからだけではストレスがたまるので、なか日の休日には少し離れた撮影地でスーパーとかちと貨物列車も撮影してきた。
まずは35Dことスーパーとかち5号で5両編成なので全部が入る
Dsc_6176

そしてその10分後くらいに下っていくのが札幌タから帯広タに向かう貨物の2075レ
Dsc_6219

この2列車は時間帯がちかいのでよく撮影します。 ぬまた踏切では貨物が先に通り、芽室の信号場で停車してスーパーとかちを先に行かせます。 このコンビは大成陸橋や大成駅でも撮影しました。
次は景色です。 刈り取りが終わった畑にやっと見えるようになってきた日高山脈や色づいている唐松など雄大な風景を演出しています。
Dsc_5977

左側はまだ収穫されていないビート(甜菜)ですね。 この地中には大きな芋がありその芋から砂糖を作っています。
奥の方を少しズームして撮影したものがこれで、こっちも絵になりますね
Dsc_5981

さらに唐松が色づいてくるともう少し色味が派手になってきます。
Dsc_6515

ここは通勤路の普通の畑ですね。 どこも防風林が唐松なのでこういう色味です。 少しはなれた場所では
Dsc_6521

少し離れたと言っても道路の反対側で、言い換えればこの防風林の途中を道が抜けているという感じでしょうか。
Dsc_6530

こっちは光の当たり方が違うので少し赤く見えますね。 他にも青空をバックに撮影した秋の風景は
Dsc_6002

葉っぱをアップにして空の青さを強調すると
Dsc_6012

山に上がると葉っぱは落ちて紅葉は終わっている。
Dsc_6062

葉っぱの落ちた木は下から見上げて空の青さと対比させるといい感じになった
Dsc_6070

次は食ですね。 今回はあまり珍しいものは食べていませんが、休みには「エゾ鹿のから揚げ丼」というのを食べてみた。
Dsc_6042

味付けが濃くて鹿肉の味わいはなくなっていましたが、肉自体はやわらかくておいしかったです。
最後は虹のある風景です。 日曜日は雨が降ったりやんだりで、日も射していたので昼前から3時間くらいはあちこちで見る事ができました。
Dsc_5992

手前の茶色いのは大豆はたけで、刈り取り前の畑の向こうにくっきりと虹が出てきました。
次は東大雪湖の橋のところにかかる虹ですね。
Dsc_6021

この前来たときは水が少なく橋の上から水面をみると怖かったのですが、この日は普通の高さになっていましたね。
山の上でもすぐそこの藪から虹が出ているような風景に出くわしました。
Dsc_6096

手が届きそうなすぐそこの藪にありそうですごかったです。 そして最後は東大雪湖の上流部で、増水していて湿地状態となっている場所で、左の山から右の山に虹の架け橋が架かっていてよい写真となりました。
Dsc_6131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »