« 南の島へ:1日目 | トップページ | 南の島へ:3日目 »

2014年2月15日 (土)

南の島へ:2日目

2日目は本部を起点として北部を観光の予定です。 目覚ましが鳴る前に目が覚め外を見ると月の光が海面に光の道を作っている。
Dsc_0877_2

そして海洋博公園の方向はオレンジの照明が点いていて幻想的な雰囲気。
Dsc_0876

少し経つと日が昇って来て向かいの伊江島がはっきり見えてきた。
Dsc_0888_2

晴れの予報だがまだ雲は多いね。ホテルを出発し北部へ向かうには本部半島をぐるっと回って屋我地島を経由して行くが古宇利島大橋が綺麗という事で立ち寄って撮影。 日が出ていないのであまり綺麗ではないね。
Dsc_0922

次の目的地は慶佐次湾のヒルギ林で西海岸から東海岸に移動する。ここでは湾の中をカヌーで巡るツアーもあるが3時間かかるので遊歩道からの観察にとどめる。 道路の脇に遊歩道があるが雰囲気はかなり良い。
Dsc_0951

そして駐車場の所でヒルギのアップを撮影。
Dsc_0966

根っこがたくさん生えていることからわかるように、ヒルギとはマングローブのことである。車の中で撮影した写真を確認したが光が良くないのでどうしようか?と考えているときに太陽が射し「今だ!」と車から外に出ると隣に車が止まりそこから降りてきた人は同じ会社の同じ部の人・・・・
まずはヒルギでカヌーが行ったルートを撮影する。
Dsc_0993

ちなみに、このヒルギにはノコギリガザミが住んでいるが乱獲により減っているらしい。
次は辺戸岬を目指し東海岸を北上する。 途中の安波にサキシマスオウノ木というのがありマングローブの近くに生える木で板根が有名である。
Dsc_1034

安波にはアナガーグムイの植物群落というのがあるが、植物はよくわからなかったが滝は良かった。
Dsc_1048

このあたりは天然記念物のヤンバルクイナがいるエリアで道路の看板もヤンバルクイナに注意である。
Dsc_1071

風も強く大きな風力発電が綺麗に回っている場所もある。
Dsc_1073

順調に走り沖縄本島最北にある「奥」という集落に到着。
Dsc_1115

お昼を過ぎていたのでここでイノブタ丼を食べる。
Dsc_1126

辺戸岬の手前にヤンバルクイナ展望台というのがあり、その手前で海を撮影したが日が射しているので比較的綺麗になってきた。
Dsc_1140

遠くからみた展望台は山の上にあるがよくわからないね。
Dsc_1143

ズームして見るとその異様な感じがよくわかる。
Dsc_1148

そしてこの場所から辺戸岬も良く見えるので行く前に撮影。 波は相当に高いようだ。
Dsc_1163

辺戸岬に着くと岬の岩は尖っていて転んだら危険な感じで、向こうに見えるには今来た方向。
Dsc_1181_2

岬からのアップはこういう感じでうねりが大きい。
Dsc_1183

この展望台で目の前に鳥がとまった。 青い鳥で綺麗だがなんて言う名前なのかはわからない。
Dsc_1251

ここを出て大石林山に行く。 ここは山口県の秋吉台と同じカルスト台地で熱帯の物の北限だそうです。
園内の遊歩道の脇にはパパイヤなども普通に生えている。
Dsc_1326

奇石が多いがパワーを感じるのはやはりガジュマルの樹ですね。 これは凄かった。
Dsc_1365

大石林山を出て茅内バンタを見に行く。 展望台からは海は見えるが崖の様子はわからずフェンスに沿って少し回り込むとやっと見えてきた。
Dsc_1414

後は一気にホテルまで帰るが天気が良くなったので古宇利大橋をもう一度撮影。 朝よりは綺麗に撮影できたかな?
Dsc_1427

そしてホテルから歩いていける備瀬のフクギを少し散策。 フクギは台風から家を守るように植えられていて、樹齢300年というのもあるそうでこのエリアには2万本が植えられているそうです。
Dsc_1483

ホテルに帰り三脚をベランダにセットし夕陽を撮影して本日はほぼ終わり。
Dsc_1495 こっちは暖かく半袖でも歩くと汗をかくし車はエアコンの冷房が必須・・・

« 南の島へ:1日目 | トップページ | 南の島へ:3日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104331/59139482

この記事へのトラックバック一覧です: 南の島へ:2日目:

« 南の島へ:1日目 | トップページ | 南の島へ:3日目 »