« 南の島へ:2日目 | トップページ | 十勝大平原クロスカントリースキー大会2014年 »

2014年2月23日 (日)

南の島へ:3日目

3日目は今回の一番の目的のホエールウォッチング。 冬の1月~4月頃に沖縄の近くの海で子供を生み育てるザトウクジラの観察の最適期です。
前日までは低気圧の影響で出航できなかったそうで今日の午前中のツアーから再開ですが海の様子はどうか?とベランダから確認すると
Dsc_1516

はあるようだが波はちついているので大丈夫そうである。  沖縄でホエールウォッチングと言えば慶良間諸島付近が有名ですが、色々とネットで調べると『本部港』からのが比較的近くで見られ確率も高く波も穏やかという事で、沖縄アイランドクルーという会社のツアーに申し込んだ。 ここは確率98%とうたっていて、さらにブログなどを見るとワクワクする様な写真があり期待できるからである。
瀬底島と塩川の間のお店で手続きをし注意事項などを聞いた後は各自の車で本部港まで移動。 そこで待っていたのはこれ
Dsc_1587

の2Fと1F、観察ポイントについたら前部で観察を行うわけである。 港でさらに注意事項を聞いた後にライフジャケットをつけ乗船。
Dsc_1589  

出発するとスタッフは前方確認で探し始める。これが頼もしい感じ。
Dsc_1602_2

最初のポイントでしばし探すが見つからない。 ネットワークを駆使して情報を入手しクジラのいる場所がわかり急いでそこに向かう。
ここからは文章より写真を中心にアップしていこう。
Dsc_1623

潮をを吹いて

Dsc_1629

背中が見えて

Dsc_1748

しっぱが見えてくる。 高く上がると深くもぐるらしい。
Dsc_1763

こういう角度でも潜る。
Dsc_1800

胸ひれは良くしなり海面を叩いて大きな音を出す。
Dsc_1804

向こうに向かって潜るときの尾びれお角度はこんな感じ
Dsc_1841

そして白い裏側も見える
Dsc_1845

至近距離で垂直に立つと凄い! 手前の青いのは胸ひれでしょう
Dsc_1989

ボートとの距離はこんか感じ
Dsc_2092

そして2頭の競演がいい感じ
Dsc_2287

お昼に港に戻り車で少し走り昼食をたべ、美ら海水族館へ。
Img_0100

メインは大水槽のジンベイサメで見ている人と一緒に写してみた。

Dsc_2366

この大水槽はこちらから見る方法もあるが別の角度からも見える。
Dsc_2395

エレベータであがり上からみるとコバンザメがついているのがよくわかる。

水族館を出て中城城跡に行ってみたが、途中がマラソン大会で道路規制があり渋滞で相当時間をロス
Dsc_2449

那覇に帰る途中に『鉄の遺跡』があるのでよってみた。 軽便鉄道の後は米軍のパイプラインとなり、その後に返還されパイプライン道路となっているが、その途中にある。
Dsc_2476

別アングルから撮影した写真はこれ

Dsc_2480

美栄橋の近くでレンタカーを返却し宿泊ホテルのJAL-City那覇にチェックイン。 夕方の国際通りは歩行者天国になっていて車がいない。
Dsc_2482

国際通りや公設市場などを散策しホテルに戻る頃には夜で車も通れるようになっていて夜景を撮影したのがこれ

Dsc_2485

ホテルの部屋は綺麗で広く(と言ってもOneHarmonyのアップグレード)でとっても良い部屋にしてもらい感謝です。

« 南の島へ:2日目 | トップページ | 十勝大平原クロスカントリースキー大会2014年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104331/59184914

この記事へのトラックバック一覧です: 南の島へ:3日目:

« 南の島へ:2日目 | トップページ | 十勝大平原クロスカントリースキー大会2014年 »