« GWの後半は「こどもの国線」のヘッドマークなどを | トップページ | 鶴見川の北線を見に »

2015年5月 7日 (木)

軍艦島(端島)の色々なもの

世界遺産へ登録の期待で盛り上がっていますが、色々な場所のものがまとめて候補になっていますがなぜか軍艦島(端島)が多いような気がします。
色々な予感がして3月に訪問してきたときに写真を沢山撮影してきてメジャーどころは紹介しましたがちょっとマニアックなのは紹介していなかったので、この機会にブログで紹介しておきます。
軍艦島は元は私企業の所有でしたが今は長崎市に寄付され長崎市に管理されていて、上陸するには長崎市に見学の利用券を購入する必要があり、料金は300円でチケットはいい感じで記念になります。

Image1

次は海から撮影した写真で採掘した石炭を積みだした桟橋の跡が2つあります。 左は古いほうで右側が新しいほうになります。
Dsc_6119

TVなどでもよく紹介される日本で一番古い鉄筋コンクリートのアパートを海から見た写真がこれで、30号棟と31号棟の写真です。
3031_

30号棟が一番古い建物で右側に見え、左側の幅の広い屈曲しているのは昭和になってからの建物です。 一番古いアパートは4階建てでのちに7階建てに改装したそうです。

次に紹介するのは第二立て坑へ行く桟橋でそこに行く階段が確認できます。
Dsc_6259

この階段を上ってエレベーターで地中に下って採炭していたのです。

次は護岸の写真で石積みの護岸で石の間は石炭と赤土を混ぜた接着剤で固めているそうです。
Dsc_6365

次は海から見た端島小中学校の写真で7階建ての立派なもので、これはこの島に人がたくさん住んでいて子供たちもたくさんいたことがわかりますね。
Photo

この小学校の隣には病院があります。 病院の隣には隔離病棟もありました。
Photo_2

次は島のほぼ中央の高台にあった端島神社でここには上陸してもいけないのですが、下からズームを利かせて撮影した写真を切り出してみました。
Img_0146

残っているのはこの写真に写っている祠のみです。
上陸して見学通路のそばには島のプールがありました。
Photo_3

どの建物も放置されて廃墟化が進んでいます。 古い建物では建てられてから100年は経過していますし無人島で放置されてからも40年が経過していますので、世界遺産に登録されたときにこの状態をどのように保存していくのかがポイントとなるでしょう。

« GWの後半は「こどもの国線」のヘッドマークなどを | トップページ | 鶴見川の北線を見に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104331/61554722

この記事へのトラックバック一覧です: 軍艦島(端島)の色々なもの:

« GWの後半は「こどもの国線」のヘッドマークなどを | トップページ | 鶴見川の北線を見に »