« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月16日 (日)

◆夏休みの北海道旅行(鉄道編)

夏休みの北海道旅行は11日間と長期間でそれぞれの日はFacebookで簡単に報告していたのでブログでは各日を新たに書くのは重複になるので3っつのテーマに分けて紹介していこうと思う。
その二つ目は『鉄』で鉄道に関する様々なものをまとめたのがこれで、偶然出会ったJR北の試作車の試運転車両などがある。

○母恋駅
「母恋めし」という駅弁で有名な駅の駅舎でT字路で撮影は難しかった
000

プラットフォームは立派なもの
000a

○室蘭駅
室蘭本線の盲腸のように飛び出た駅で近代的なもの
001_3

行き止まりなので車止めがありますね
002_3

○東室蘭駅
こっちは沢山の列車が行きかうので大変大きな駅
002b

○旧室蘭駅
室蘭駅から500mほどの所にある旧の駅舎で現在は観光案内所になっている
003_3

○胆振線の廃線跡
JRの再生で利用の少ない路線としての廃線ではなく、昭和新山の噴火により地殻変動がありそれにより移設を余儀なくされたもので、その遺構として現在も森の中に残っています
004_3


○礼文駅
移動途中に礼文駅があり行ってみました。 北海道に多い車掌車を改造したものでなく普通の駅舎でした。
006_3

ちょうどRedBear牽引の貨物列車が出発する所でした
005_3


○長万部の近くに宿泊したので朝活動で列車の撮影
最初はスーパー北斗1号で本命の前の練習
007_3

本命は臨時列車になってしまった北斗星
008_3

先頭のDD51は迫力がありカッコいいね
009_3

次は長万部止まりの普通列車で苫小牧から
010_3

その次は上りの特急でスーパー北斗2号
011_3

最後は普通列車の下り
012_3

○長万部駅舎
特急も止まる長万部駅はそれなりに大きな駅
012b

○二股駅
宿泊した二股らぢうむ温泉の最寄り駅
012c

○江差駅
前に来た時は廃線になる前に列車できましたがすでに廃線になり駅舎もこんな
013_3

プラットフォーム側も草に覆われていて廃線感がいっぱい
014_3

○松前線の未成線部分
松前の手前は施設は作られましたが開通前に廃線になったので未成線の遺跡です
015_3

○松前駅舎跡
松前駅があった場所には駅があったことを示す石碑がありました
016_3

反対を見ると観光案内所の建物が残っていて駅前だとわかりますね
016b_2


○松前線廃線跡
鉄橋の跡が橋脚のも残されていて異様な雰囲気
017_2


○青函トンネル
トンネルメモリアルパークは単なる空き地で使われていた工事車両がぽつり
018_2

青函トンネル記念館には掘削のボーリングマシーンがあった
019_2

○戸井線の廃線跡
戸井線も完成し列車が走るまでには至らなかったので未成線でいくつかの遺跡が残されていて、見事なアーチ橋や
020_2

民家の奥にもアーチ橋が
021_2


川を渡るところには橋脚が
022_2


こっちは四角い橋脚が
022b

トンネルも見える
022c


○函館本線
旧の函館駅の所の記念碑
022d


○大沼公園駅
観光地にふさわしい立派なもの
023_2


○JR北の試作車
大沼公園でたまたま通りかかった試運転車両の遭遇
024_2


○キマロキ編成
名寄本線で活躍していた除雪列車の編成が名寄駅近くに保存されていました
025_2


○深名線の廃線跡
天塩弥生駅の跡地には民家がありそこには通称「はえたたき」の通信電柱が何本も残されていた
026_2

北母子里の駅のあった場所にはかすかにプラットフォームの痕跡が確認できる
027_2

朱鞠内の駅は完全にオブジェに変わっている
028_2


第三雨竜川橋梁は保存されていてしっかり管理されている
028b_2

幌成駅舎跡だと思いますが、駅舎とプラットフォームが残されていました
029_2

○留萌本線
廃線が現実になった留萌本線での撮影で下りの石狩沼田駅の手前なので今回発表された廃線部分ではありませんね。 ただ、深川から留萌の間も無料の高速道路ができていてもしかしたらという雰囲気でした。
030_2

○函館本線
函館本線は廃線になっていませんが付け替えられて廃線部分となった場所で、神居古潭駅です
031_2

この駅の所にはSLも保管されていました
032_2

この橋も古いもののようです
033_2


○芦別駅
芦別駅にも行ってみました。 駅舎は普通でしたが駅前に奇妙な建物が・・・
034_2

○三井芦別鉄道
有名な廃線跡で炭山川橋梁と車両で鉄橋の上に車両を残してくれたのは英断ですね
034a

角度を変えて撮影してみると鉄橋が曲がっているのがわかりますね
034b

○美瑛駅
今年の冬にも行きましたが石造りのしっかりした駅舎で観光で潤っている駅は違うなと感じました
035_2

○信号所
根室本線が石勝線と合流する新狩勝トンネルの入り口にある信号所。 奥に見えるトンネルは新狩勝トンネルの根室本線側です
036_2

○帯広駅
いつものホテルからの撮影でタラコ色のキハ40
037_2

早朝に札幌に向けて発車するスーパーとかち
038_2

○三弦橋
シューバロダムにより沈んだ三弦橋のあった場所で少しでも痕跡が見えないか行ってみたが駄目だった
039_2

○万字線
万字線の廃線跡で朝日駅の所に万字線で使われていたB20機関車が保存
040_2

○夕張支線
新夕張から夕張までの石勝線の支線で夕張支線と呼ばれていて夕張川を渡るキハ40を撮影
041_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆夏休みの北海道旅行(景色編)

夏休みの北海道旅行は11日間と長期間でそれぞれの日はFacebookで簡単に報告していたのでブログでは各日を新たに書くのは重複になるので3っつのテーマに分けて紹介していこうと思う。
その三つ目は『景色』で色々な場所で美しい風景や何気ない風景などを集めてみました。

*大洗港
さんふらわーふらのの上からもう一艘のさんふらわー(深夜便)を
001_2

出港時は夕日がきれい
002_2

*三階滝
わざわざ行くまではないが通り道なら。 涼しくてマイナスイオンいっぱい
003_2

*登別の地獄谷
登別の地獄谷の全景
004_2

遊歩道を歩いていくとこういうお湯の川が流れている
005_2

間欠泉の鉄泉池
006_2

奥の湯は次の大湯沼の近く
007_2

大湯沼を少し上から
008_2

大正地獄
009_2

大湯沼川の足湯は普通の川で温度が下がったところ
010_2

登別地獄の別アングル
011_2

大湯沼を上から俯瞰
012_2

倶多楽湖
013_2

*室蘭付近
トッカリショ展望台から
013b

地球岬は地球の丸さを感じる?
013c

チャラツナイ展望台から
013d


*昭和新山の付近
有珠山の火口
014_2

散策路を進んで行ったところから
015_2

昭和新山と洞爺湖を俯瞰する
016_2

昭和新山を下から
016b


金毘羅火口の災害遺構で100mも流されて来た橋
017

*二股らぢうむ温泉
世界でも珍しい石灰華
017b

源泉かけ流しの温泉とその向こうの石灰華
017c

*渡島半島の日本海側
かつてニシン漁で稼いだのだろう、鰊御殿が
018

弁慶岬には大きな弁慶像が立っていた
019

国道は白糸トンネルで一気に行くがそのトンネルの上には白糸の滝が
020

水垂岬の手前の奇石郡
021

親子熊岩で下が子熊で上が母熊
022

松前城は復元されたものですが左の門は補修されただけ
023


北海道最南端の白神岬
024

*函館近辺
恵山に行ってみたが霧で見えず看板で代用
025

立待ち岬の手前で函館空港にアプローチするANA機
026

立待ち岬は曇り空
027

函館山は霧でまったく見えず
028

五稜郭の中を散策し函館奉行所の建物を撮影
028b

しかべ温泉の間欠泉
029


*深名線の廃線跡の沿線
朱鞠内湖は灌水面積が日本一の人造湖
030

幌加内はそばの名産地で蕎麦畑が多い
031

*神居古潭
神居古潭は昔通行が困難な川を神(カムイ)に祈って通行した場所です
032

*夫婦滝
なんとなく走っていると「滝」の案内を見てダートの林道を飛ばしていってみたらこんな滝がありました
033


*雨竜にて
雨竜側沿いの北竜町にある「ひまわりの里」では23ヘクタールに150万本のひまわりが咲き誇っていてすごかったです
034

*美瑛
マイルドセブンの丘ですね
035


大昔の日産スカイラインは「ケンとメリーのスカイライン」という時代があり、そのCMに使われた木です
036

親子の木ですね。両側が両親で真ん中に子供がということらしいです
037


青い池はMacの壁紙になり一気に有名になった池でこの日も神秘的な青でした
038

白金不動の滝は道路から少し入った場所で、不動明王が手前に立っています
039


*十勝岳
ちょうどニュースで話題となった十勝岳は前日に行き展望台から見たのがこれです
040

噴煙を上げている部分のアップを撮影したものがこれです。結構大変そうなので次の日の登山は十勝岳でなく旭岳にしましたが、十勝岳に登っていたらニュースに出てしまったかも
041

*林野庁
こんなのがあるのは知りませんでした。 林野庁が森の巨人たち100選という事で森の中にある巨木を選んでいるようで、桂の巨木がありました。
042

*旭岳登山
姿見駅の所から今日の目的の山頂が見えた
043

姿見の池に映る旭岳と旭岳の山頂の両方を望む
044

登山道は噴煙孔の横を通る
045

少し登ったところから噴煙孔を俯瞰する
046


かなり上った場所からの俯瞰パノラマ
047

地層マニアにはたまらない
048

9合目あたりでは山頂は雲に隠れ気力が・・・
049

もう少しで山頂の場所から下を望む
050

山頂のポールと三角点
051


山頂から今登って来た方を見る
052

下りの途中では高山植物を見る
053

登山道は滑りやすく下りは慎重に
054

別角度での姿見の池
055

噴煙の展望場所からの噴煙孔
056

こっちは土砂が流れてきた方向?
057


鏡池を望む
058

すり鉢池には残雪が残っていた
059

*帯広
帯広のホテルに到着した時に貼れているのに豪雨
060


*夕張付近
シュバローダムは超巨大で三弦橋は沈んだ
061

幸せの黄色いハンカチに使われていたファミリア
062

黄色いハンカチ広場
063

夕張支線の鉄橋の下に鹿が
064


*苫小牧から
苫小牧に到着した時には帰りのフェリーがすでに到着
065


北海道から離岸し夕暮れの苫小牧を出港
066

朝になり金華山沖を航行
067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆夏休みの北海道旅行(食べ物編)

夏休みの北海道旅行は11日間と長期間でそれぞれの日はFacebookで簡単に報告していたのでブログでは各日を新たに書くのは重複になるので3っつのテーマに分けて紹介していこうと思う。
その一つ目は『食』で食べ物に関してまとめたのがこれである。

×:守屋SAでのアボカドまぐろ丼
これで950円は高い!
001

◎:母恋駅の名物駅弁の「母恋めし」
風呂敷に包まれた弁当の中はホッキのおにぎりが2つとゆで卵にスモークチーズにと美味しかった
002

003

004

◎:松前の「よこはま荘」も夕食
アワビが2通りの調理に生うにに透き通ったイカにと食べきれないくらい
005

○:全国的に購入できますが本場の森駅でのいかめし
006

×:美深温泉の夕食
インターネットで美深御膳のプランで申し込み、そこには少しだけでもチョウザメ料理と宣伝されていて、チョウザメのハムが少しあったがキャビアがなく完全にだまされた感
007

008

009

◎:そばで有名な幌加内で食べたそば
街中の普通の食堂で食べたお蕎麦でしたがとっても美味しかったです。近くに有名な蕎麦専門店があったようで並んでいましたが、これもなかなか
010

△:芦別温泉のスターライトホテルの夕食
ホテルで食事つきプランしかなかったのですがごく普通の夕食
011

012

013

014

◎:美瑛の丘の倉でのカレー
今年の冬にも仕事で行った事がありますが、道の駅のカレーとはレベルが違う
015

○:旭岳温泉のホテル大雪の夕食
カニは食べ放題で何回行ってもOK。 鍋は牛肉とキャベツで味が良い。
016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

夏休み(2日目)

夏休みの2日目は明日からの旅行の準備。 持っていくものを整理し荷造りの準備をしているときにメールの着信があった。
そのメールはうれしいのが2つあり一つはこれ
Img_3424

旅行の時にちょっとした情報を見たい保管しておいたものをチェックするなどすごく便利なアンドロイドのPADが壊れてしまい修理に出していました。 立ち上げ時にこんな画面になりアンドロイドのShellなどみた事がなく修理で今回の旅行には間に合わないと思っていましたが、なんと修理完了メールが届いていてヨドバシに取りに行ってきた。
メインボード交換という事で設定が初期化されていて明日の出発までに使えるようになるかが鍵で、ヨドバシのSIMでのネット接続はできるようになったので一安心。
自宅のWiFiにも接続できたのでパソコンからGooglePlayに接続してマイアプリからどんどんインストールを実行中。

そしてもう一つは明日の旅行の一番の心配だったフェリーの運航状況で、次のメールが届いた。
Image2

火災は残念な事故だが乗船するのが「さんふらわふらの」で予定通りとホームページには書いてあったがとりあえず北海道には渡れそうです。
帰りも同じ「さんふらわふらの」で同じ船になるので旅行中にトラブルなどなければ無事に戻りも心配なさそう。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

夏休み(1日目)

今年の夏休みは今日から17日までの17連休。 初日は歯医者に行きその後は知り合いに自転車をお貸しし、その後は暑さで外に出る気もなくなり自宅で過ごす。

一番気になるのは商船三井のフェリーの火災事故でフェリー運航がどうなるのかが心配でネットで何回も確認。 8月3日(月)の大洗⇒苫小牧を予約していて『さんふらわー ふらの号』は現時点では運航の予定となっていて一安心。

そんなパソコンを使って夏休みの行動計画を立ててみた。

◆旅行1日目(8/3)
自宅⇒東名高速⇒首都高速⇒常磐自動車道⇒大洗⇒フェリー乗船(泊)

◆旅行2日目(8/4)
苫小牧⇒支笏湖周辺観光⇒登別温泉(泊)

◆旅行3日目(8/5)
登別温泉⇒室蘭観光(地球岬など)⇒有珠山⇒昭和新山⇒二股らぢうむ温泉(泊)

◆旅行4日目(8/6)
二股らぢうむ温泉⇒長万部(北斗星撮影)⇒寿都⇒せたな町⇒江差⇒江良⇒松前(泊)

◆旅行5日目(8/7)
松前⇒福島⇒木古内⇒函館⇒恵山⇒函館(泊)

◆旅行6日目(8/8)
函館⇒大沼⇒森⇒旭川⇒士別⇒名寄⇒美深(泊)

◆旅行7日目(8/9)
美深⇒名寄⇒朱鞠内湖⇒幌加内⇒深川⇒神居古潭⇒芦別(泊)

◆8日目(8/10)
芦別⇒美瑛⇒旭岳温泉(泊)

◆9日目(8/11)
旭岳温泉⇒姿見⇒旭岳山頂⇒麓郷⇒士幌⇒帯広(泊)

◆10日目(8/12)
帯広⇒大夕張ダム⇒三笠⇒万字炭山⇒夕張⇒苫小牧⇒フェリー乗船(泊)

◆11日目(8/13)
大洗⇒常磐自動車道⇒首都高速⇒東名高速⇒自宅

景色のよいところで沢山写真を撮影してくるつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »