« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月27日 (日)

2015年の振り返り(日本風景編)

◆風景の振り返りの10枚です。 今年は北海道以外では1月の山形、3月の長崎、GWの広島・岡山、6月の松山と旅をしてきました。 年末にも控えていますが、そこでの写真はまた別の機会にという事で10枚決めてしまいました。

◆日本の風景の10枚
北海道以外の日本の風景で10枚で選らびました。

1)蔵王のお地蔵さん
蔵王と言えば霧氷が木について成長したスノーモンスターが有名だがロープウェイからあるいてすぐの所にあるお地蔵さんで雪が多く胸まで雪に埋まっています。
Viewj_00

2)富士山
日本人の心の富士山で広島に行く飛行機の機内から撮影したもので登山道のギザギザの様子などがしっかりと確認できます。
Viewj_01


3)原爆ドーム
戦後70年という事で夏には戦争の色々なTV番組なども放送され広島の原爆ドームもよく出てきました。 12月には耐震補強工事を行っていると新聞に出ていました。
Viewj_02


4)宮島
日本三景でもある安芸の宮島です。 JRのフェリーだと鳥居の近くを通るので海に立つ鳥居がしっかりと写せます
Viewj_03

5)倉敷美観地区
倉敷は古い街並みを美観地区として残されていてゆっくりと1日かけて回ろうかと思ったが意外と狭くあっという間に終わってしまいます。 昼間は人が多かったので夕方から夜にかわりつつあるときに撮影して人がいない写真をとれました。
Viewj_04


6)グラバー邸
長崎のグラバーさんの家の中にある花壇で後ろに見えるのがグラバーさんの家です。
Viewj_05


7)長崎の夜景
夜景の美しいところは数々ありますが、長崎の夜景もきれいでした。 函館もそうですが海があるというのがきれいに見える理由でしょうか
Viewj_06


8)軍艦島
世界遺産になって一気に有名になってしまい、軍艦島へ渡るツアーも大人気で予約が取りずらいと聞いています。 この写真は3月に世界遺産になったら混むなと思い、その前に長崎に行って上陸ツアーに参加した時の物です。
Viewj_07


9)尾道
尾道水道と山の間にびっしりと建物が立ち、お寺も多い町です。 映画の舞台となっていたりTVのドラマの舞台となっている場所がたくさんありました。
Viewj_08


10)道後温泉本館
道後温泉本館は木造のどっしりとした建物で正面からの写真が多いですが、俯瞰撮影してみると温泉街のホテルなどのビルの中にポッカリとあいたエリアに立っています。
Viewj_09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年の振り返り(北海道風景編)

◆風景の振り返りの10枚です。 今年も北海道では88泊し日数では104日と約1/3を北海道で過ごしました。 そんなわけで風景編で北海道を独立させ10枚選んでみました。

1)冬のとかち帯広空港
普通は海から直線で着陸し、離陸も直線で海に向かうので滑走路を見られることはありませんが風向きの関係でぐるっと回って陸側からの着陸の時があり、冬で畑の様子と滑走路が良く見えました。
Viewh_01


2)夏の十勝
夏の間は直線的にアプローチするので日高山脈と畑が良く見えるときがあります。大樹町の一番栄えているところが中央に見えます。
Viewh_02


3)タウシュベツ橋
士幌線の廃線となった橋で今年の冬は糠平湖が結氷した時に2回訪れています。 2回とも天気が良くバックの山脈もきれいに見えていました。
Viewh_03


4)嵐の木
JALのCMに使われていた5本の木です。 丘の上の木と言えば美瑛を思い浮かべますが美瑛からかなり離れていて上富良野町にあります。
Viewh_04

5)音更あたりの星空
冬に出張に行っている時、休みの前夜に星でも撮影するかと暗い場所を探して見つけた場所での撮影で防風林がいい感じに映りました。
Viewh_05


6)札幌の夜景
札幌駅のすぐ隣にあるJRタワーの展望台から撮影した夜景です。 夜景を撮影する人が多いのですが照明の具合がよくなく映り込みがあり、もう少し工夫してくれたらよいのにと思った。
Viewh_06

7)登別の地獄
登別温泉に宿泊し歩いて見に行きました。 一面温泉が湧き火山性のガスの影響なのでしょうか木が生えてなくすごい景色でした。
Viewh_07

8)大雪山旭岳
夏休みに登山の途中で撮影したもので、旭岳は活火山で噴煙を上げているのを横に見ながらの登山です。 旭岳は大雪山系で一番高い山で、という事は北海道で最高峰の山になります。
Viewh_08


9)青い池
世界的に有名になった美瑛の青い池で出張先からも行ける距離ですがあまりにも有名なので避けていたようなところがあり、夏休みに一眼を持って行ってきました。 水の色は青くなかなかうまく写せる場所が少なく苦労しました。
Viewh_09


10)北海道大学
秋の紅葉の時期に大雪山などは良いのですがチャンスがなく11月になってから札幌の北海道大学の構内にある銀杏並木を見に行ってきました。 紅葉というより黄葉ですね。
Viewh_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

2015年の振り返り(鉄道編)

鉄道の振り返りの10枚です。 珍しい車両はJR北海道の試作車両の試運転くらいですが、懐かしいのが多かったです。

◆鉄道の10枚
次はお決まりの『鉄』関係の10枚を紹介するとともに解説します。

1)京急の新年ヘッドマーク
毎年の初詣は川崎大師にいきますが、その時に撮影したものでひつじが駅員の帽子をかぶっているデザインです。
Rail00

2)新十津川駅のキハ40
札沼線の終着駅で撮影したキハ40です。 車両自体は珍しくありませんが札沼線は学園都市から先の廃止がささやかれていてこの終着駅に車両がいなくなるのではという事で急きょ行ってみました。
Rail01


3)JR北海道の試作車両
261系は車体傾斜装置がついていてメンテナンスなどで手間とお金がかかるうえ、路盤の強化が行われていないため高速運転をやめています。 そんなわけで車体傾斜装置をやめた試作車両が作られ試運転を繰り返しています。
Rail02

4)北斗星
北海道新幹線の開通に伴い完全に廃止されてしまう北斗星を北海道区間で撮影しました。
Rail03


5)ダイヤモンドクロス
松山の名物は路面電車と郊外電車の平面交差で路面電車が待っているところを元京王電鉄の車両が横切ります。
Rail04


6)松山の坊ちゃん列車
松山市内の路面電車ではSLを模した坊ちゃん列車が走っています
Rail05



7)キマロキ編成
北海道の豪雪地帯を走る宗谷本線は冬の除雪が欠かせません。 昔はこのキマロキ編成の蒸気機関車で除雪をしていました。 キは機関車でマはマックレー車、ロはロータリー車です。
Rail06

8)三井芦別鉄道
芦別に残されている廃線になった路線の鉄橋に当時使われていたDD501が載せられ保存されています。
Rail07


9)冬の帯広駅
場所と列車は特に珍しいものではありませんが、冷え切った冬は気動車独特の排気ガスが長くたなびき冬の寒さを強調します
Rail08


10)JR西日本
快速のサンライナーとして運行されるJR西日本の117系列車です。
Rail09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年の振り返り(食べ物編)

食べ物編の振り返りの10枚です。 今年の年末は会社でインフルエンザの拡大があり早めにお休みになっていますが出勤した23日から3日目の今朝も体温は少し高めですが食欲旺盛で困ります。 特に「食」の写真を選びながらも何か食べたくて仕方がありません。 さっき朝食食べたのに・・・
あっ、体温が高いと言ってもいつもは35.9℃くらいですが今朝は36.1℃と誤差範囲だと思います。

◆食べ物の10枚
次は旅行先などで食べた食事で印象に残ったもの10枚を紹介するとともに解説します。

1)松山の鯛めし
鯛めしというとタイを一匹載せて炊いたご飯をイメージしますが松山の鯛めしはご飯の上に鯛のお刺身が乗っていてたれにゴマを入れてさらにとろろをかけて食べます。
Gr01


2)松山のカバそば
そばの分類ですが少し変わったそばで太くて硬いそばをしっかりとかみしめて食べるとそばの味が味わえるもので、こういうタイプのソバ屋があればまた行くだろうなという味でした。
Gr02

3)幌加内の蕎麦
北海道でそばが有名な幌加内で食べたざるそばで、近くにあった有名店などはものすごい人でしたので別のお店に入りましたが、そば自体が美味しいかったので満足でした。
Gr03


4)広島の牡蠣入りお好み焼き
GWに山陽地方を旅行した時に食べたもので、やはり広島と言えばお好み焼きで牡蠣が乗っかっていて美味しかったです。
Gr04


5)カウベルハウスのステーキ
帯広にあるカウベルハウスのステーキで豊西牛のステーキで、さしが入った肉ではなく赤身で肉自体の味わい深さが口の中に広がる絶品です。
Gr05

6)札幌ラーメン
帯広に出張中の休日の日曜日に札幌まで列車で日帰で食べた札幌ラーメンで味噌味です。
Gr06

7)倉敷のラーメン
倉敷らーめんの升谷で食べたラーメンで何気なく入ったお店でしたがとtも美味しかったです。丼ぶりがまるでなく5角形に近かったのも印象的です。
Gr07


8)帯広のCEVAの豚丼
帯広には数えられないほど出張に行っていて豚丼もたくさん食べていますが、ここの豚丼は肉自体が非常に美味しいです。 味噌汁でなくそばがついているのも変わっている。
Gr08


9)新得そば
これも帯広の出張中の日曜日にキハ40に乗り食べに行きました。 駅前にあるソバ屋でしたが非常に美味しかったです。 ちなみにこのお店は新得の駅そばも経営しています。
Gr09

10)インデアンカレー
何回も食べていますが、また食べたくなるインデアンカレーで帯広のカレーと言えばここ。 インデアンルーは牛肉を煮込んである濃厚なもので、鍋を持ってルーを買いに来る人も多いです。
Gr10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月25日 (金)

2015年の振り返り(飛行機編)

昨年も年末に1年を振り返ったが今年も写真と共に振り返りをしてみようと思う。 昨年に引き続きテーマ別に10枚の写真と共に振り返ることにした。
なお、10枚は撮影時期順や印象が強かった順などとは違い何となくの順番です。

◆飛行機の10枚
まずは飛行機の10枚を紹介するとともに解説などを。

1)アシアナのエアバスA320
記憶にも大きく残っているアシアナ航空のA320で広島空港に着陸するときに事故を起こしました。奇跡的に死者は出ませんでしたが滑走路脇に鎮座して広島空港の運用が制限されました。
事故は4月14日で広島便は欠航になることも多く4月26日に予約していた関係でやきもきしましたが前夜に滑走路脇から移動して運用の制限が格段に広がりました。
Air01


2)ルフトハンザの747-8
747の通称ジャンボジェットは古くからの大型機ですが-8は最新鋭で別物になっているそうです。そんな最新鋭機のルフトハンザですがサッカーのワールドカップに合わせてLufthansaからFanhansaにロゴを変更した特別塗装で、さらに優勝に合わせてSiegerfliegerのロゴが書かれた優勝お祝いの機体でした。
Air02


3)Jin Airの737-800
韓国のLCCのジン・エアーの737-800で最近では一番効率の良い機材としてあちこちの航空会社のあちこちの路線で使われています。 垂直尾翼のロゴマークは蝶のモチーフでよく見ると蝶の胴体部分は飛行機になっています。
Air03

4)スカイマークのA330-300
スカイマークがまだ拡大路線だった時に導入したA330でこれで国際路線を拡大し一気にと思っていたのでしょうが、経営不振でリースバックされドナドナされてしまいました。
現在はエアヨーロッパで運行されていますが、ボディのペイントは変わりましたが垂直尾翼はこのままのペイントでヨーロッパを飛んでいます。 エアヨーロッパではEC-MHLのレジで登録されています。
Air04


5)JALのスイカペンギン
JALカードとsuicaの提携10周年を記念した特別塗装機でsuicaペンギンが飛行機のように空を飛ぶイラストなどが描かれています。
Air05


6)オリエンタル・エアー・ブリッジのDHC8-200
ANAグループの離島路線で運行している航空会社で、いつも使う羽田では見られないので選んでみました。 長崎に旅行した時に巡り会いましたので撮影しました。
Air06

7)JALのDuffy
737-800の特別塗装機で帯広線に充当されていたので何回も乗った機材ですが、外観を撮影するチャンスはすくなく、誘導路を進んでいるときにちょうどいい位置にいましたので撮影しました。
Airl07


8)海上保安庁のDHC8-300
海上保安庁の機材は羽田でもよく見かけるので珍しくはないですが、内陸のとかち帯広空港に着陸してスポットに入ってきましたので、後ろを入れて撮影しました。
Air08

9)嵐JET
JALのCMキャラクターは嵐で、リーダーの大野君がデザインした機材です。
Air09


10)JALイメージ
最後は機材に特化したものではなくイメージショットにしてみました。 夕方の羽田到着でバス移動スポットになり空が少し赤くなってきていたので、それと絡めてみました。
Air10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

羽田へ行ってみた

昨日の午前中は病院の予約があり天気が良いのに遠出はできないなと思いつつ待合室でスマホで色々と確認しているとJALの嵐ジェットがちょうどいい時間に飛来する事がわかり出かけた。
蒲田付近でお昼を過ぎていたので空港はあちこちで食べた事があるので蒲田で下車してここに入る。
Img_2080

潮そばというのかガッツリ系でなさそうに感じたので決定。注文して出てきたのは予想通りのあっさり系のらーめん
Img_2078

魚のだしが効いていてシンプルな味わいスープで大きなチャーシューも脂っこくなくとっても優しいらーめんだった。
羽田について最初に確認したのは離発着のルートで、南風のこの日は22は南からの着陸で23が北からの着陸。 離陸は16Lと16Rを使っている。 嵐JETは南から到着するので22の着陸を撮影してみる。
Dsc_0012

ビルをバックに撮影できる。 レンズかフィルターにゴミがついているのかと思ったが飛行船が飛んでいた。 離陸は第二ターミナル側から16Rdと考えちょうどプライベートがあがっていったので撮影してみた。
Dsc_0106

定刻から少し遅れて予定通りの航路でやってきた
はるか上空でなんとかJALが確認できる
Dsc_0148

22に向かってターンを始めたところ
Dsc_0151

最終的に滑走路に向けて降下を開始
Dsc_0153

高層ビル群とスカイツリーのコラボ
Dsc_0158

こっちから見るとビルとかなサル寸前
Dsc_0160

もう滑走路はまじか
Dsc_0168

主脚が着地
Dsc_0171

逆噴射で減速中
Dsc_0184

完全に嵐JETのロゴが確認できるね。 そしてスポットは9番とわかっていたので誘導路を移動しているところでロゴが見える位置で撮影
Dsc_0216

展望デッキの下に降りスポットでロゴを撮影しようと考えたが翼が邪魔になる角度でまた戻って撮影
Dsc_0235

そして1時間後に出発のはずが機材トラブルとの事で出発遅延で30分ほど遅れてやっと滑走路へ
Dsc_0635

離陸シーンは遅れた関係で完全に逆光
Dsc_0646

離陸した直後は角度が変わるので何とか光もよくロゴも主翼に邪魔されることなく撮影可能
Dsc_0654

そしてどんどん上昇し沖縄に向かって旅立ち
Dsc_0689

この日はマニアがたくさん来ていてその理由はこれ。
Dsc_0738

ルフトハンザの747-8の特別塗装の機材でサッカーのワールドカップのためのもので、16Lの上りなので離陸シーンはだめで少し上昇したところを撮影。

明日も羽田に行くのですがどんな機材が撮影できるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »