« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月 6日 (金)

足を捻ったGW

水曜日の夕方からちょっと出かけて駅から自宅に戻る途中にちょっと右足を捻ってしまった。 家までは歩いてきたがその後に痛みが出てきて歩くのに辛い状態。
4日の夜に痛みが出てきたのでシップを貼ってきつめの靴下を履いて固定していた。 5日は痛みのピークでしたが病院は休みなので自宅にある食材だけで何とかなるのでシップを貼って固定して過ごした。
一夜明けての今日は普通に歩くには痛みを感じないほどになったので食料も不足気味なったので、近くのスーパーに買い出しに行くことにした。
玄関を開けるとピーピー鳴き声がしてふと下をみるとこんなかわいいのがちょこんといた。
Img_5178
何の鳥かははっきりしないが色から考えるとウグイスの色に似ている気がする。 近づくと不安定な飛び方で飛び始めるが廊下の壁にドンドンぶつかり廊下に落ちる。 そっと近づいて救い上げ廊下の壁の外に出したら森の方に飛んで行ったが大丈夫だろうか?

2016年5月 4日 (水)

強風のGW

みどりの日の今日は昨夜からの天気の悪さを引きずっているかと思ったが、天気は良くなっているけど風の強さは激しい。 今日は夕方からちょっと用事があり自由になるのは夕方までで自転車でちょっと走ろうかと思ったが風の強さに恐れをなして散歩に切り替え。
コースは近くの本屋さんで買い物して昼食を食べ神社を回って戻ってくる7kmコース。
まずは自宅を出てすぐの所で「みどりの日」にちなんだ青空と緑の美しさを一枚。
Img_5131
本屋さんへは恩田川を上流に向かうコースと下流に向かうコースの2つがあるが今日は上流へ。 上流に向かうと小田急線のガード下をくぐるがちょうど列車がやってきたので1枚撮影。
Img_5133
サービスが良いのか車掌さんは正しいカメラ目線で答えてくれた?
さらに上流にいくと恩田川を挟んでこいのぼりが強風に揺れていた。
Img_5167
そして轟音が。
Img_5144
ここの所厚木基地での訓練が続いているのか低空で飛ぶ飛行機が多く、すぐ頭の上を通過していく。羽を広げて脚が降りているので着陸する寸前で速度も落ちているのでエンジン目いっぱいで轟音がすごかった。
本屋さんで2冊ほど購入しお昼は近くのラーメン屋さんへ。
Img_5149
ラーメン店としては有名な「室蘭ラーメンの雷門」で食べたのは肉玉の醤油味。
Img_5150
細麺に絡むスープが美味しくスープも全部飲み干したいが塩分の撮りすぎになるので少し残す。
食後は坂を上がり菅原神社へ。
Img_5154
鳥居の後ろは綺麗な緑がいっぱいで気持ちがいい
Img_5157
神社は久しぶりにきたが綺麗になっていてとてもうれしいね。
菅原神社から恩田川に向かう下り坂の街路樹は桜の木が植わっているが、ここの桜は他の場所とは違いサクランボがちゃんとなっている。
Img_5161
このサクランボは勝手に食べて良いものだろうか? それとも?
熟す前に鳥に全部食べられてしまうのでしょうね。
最後は南大谷中学の変な石像!
Img_5174
この石像のモデルとなった人は誰なんでしょうね?
そろそろ夕方になるので出かける準備です。

2016年5月 3日 (火)

カレーが食べたくなったGW

お昼に手軽に食べたりするのはCOCO壱などに行く。まずくはないがたまには別のカレーが食べたくなりGWでもありカレーを食べに出かけてみた。
横浜線に乗って横浜駅で京急に乗り換えて着いたのはここ
Dsc_3533
ちなみに降りたときに写真は撮らなかったので、上の写真は帰りに撮影したものですが。
駅を降りてまずはヴェルニー公園に行く。軍港巡りの船に乗って観光しようかと思ったのだがさすがにGWで4時間先くらいまでチケットが売り切れていたのであきらめ、公園から写真を撮影。
Dsc_3479
公園の一番端っこから撮影した写真で、祝日なのか戦艦に旗が掛かっていて満艦飾状態。
そして向かい側にはイージス艦のような戦艦と潜水艦が2艘浮かんでいた。
Dsc_3468
ヴェルニー公園は昔は軍港の場所にありその入り口の門が残されている。
Dsc_3483
作られたのは明治末期から大正の初期の頃との事で鉄筋コンクリートの外側に煉瓦を貼った耐久性のある構造だったので残っているのでしょうか?
カレーを食べるのは横須賀海軍カレーという事で、まずはドブ板通りを通って横須賀中央の方に向かうことにする。
Dsc_3499

ドブ板通りはGWという事もあり人でいっぱい。
途中でドブ板通りらしい看板のお店を撮影したりしてぶらぶら歩く。
Dsc_3500
アメリカの国旗が掲げられたお店や
Dsc_3505
アイリッシュパブがあったりして面白い
Dsc_3501
通り抜けて近くに戦艦三笠を展示している三笠公園があるので行ってみる。
Dsc_3519
ここも人がいっぱいで、さらに猿島に向かうフェリーも人がいっぱいなのでブラブラして写真を撮るだけにする。
この公園にはD51が展示されているという事であるが実際には災害時に備えての貯水タンク。
Dsc_3517
歩き回ってお腹が空いてきたので「よこすか海自カレーガイドブック」を頼りにいくつか行くがドブ板通りのお店はどこも行列ができていたし、本格インドカレーの店(海軍カレー)などという訳の分からないお店はすいていたが、それでは意味がないので汐入駅まで戻ってきて入ったのはここ
Img_5128
カウンターには認定証がちゃんと認定証も出ていた。
Img_5125
食べたカレーはちょっと見は「何?」という感じでしたが食べてみると複雑な味でマイルドであるが柔らかく煮込んだ豚肉とじんわりと辛いカレーはとっても美味しかった。
Img_5126
しかし、4/30、5/1、5/3とたくさん歩いたので足が痛いのは年だろうか? 4/30は14,886歩で5/1は19,665歩、5/3は21,315歩とそれなりに歩いていはいるのだが。

2016年5月 2日 (月)

ちょっと期待外れのGW小旅行

期待外れの原因は不可抗力で仕方がない部分もありますが、4/30~5/1に小旅行に出かけてきたので報告です。 Facebookでいくつか写真を報告しているのでダブル部分がありますが、そこは勘弁。
スタートは新宿から。 ここではうれしい誤算があり乗る特急の入線直前に向かいのプラットフォームにホリデー快速が入線していて撮影することができた。
Dsc_2541
これが出発してあずさ7号のE257系が入線してきた。
Img_4863
中央本線の特急と言えばE251系に乗りたいが帰りはスーパーあずさなのでそこに期待しよう。
あずさは停車駅が多く塩山駅に停車した時に向うに白い富士山が見えていてちょっとラッキー
Img_4893
長坂の近くを走行しているときに駒ケ岳方面の雪を抱いた山脈が見えてきたので撮影してみた。
Img_4933
かなりの高速走行しているときは手前の木や建物を避けて撮影するのはけっこう難しいね。
小淵沢を過ぎると右手には八ヶ岳連峰が見えて来た。
Img_4946
こっちは雪は少ないようですね。
松本に到着後は富山に向かうがその道中では世界遺産の白川郷に立ち寄る。 宣伝の写真などで有名な俯瞰撮影ポイントからの様子はこんな感じ。
Dsc_2620
そして俯瞰撮影で一番手前の大きな茅葺屋根は和田家で下から撮影するとこんな感じ
Dsc_2643
この和田家は中も公開されていて、屋根の方まで上がれる。
屋根の郊外を決める木と横に渡した木は縄で結ばれその上の茅葺の様子がよくわかる。
Dsc_2664
そして白川郷の中は沢山の茅葺屋根の家があり、白山の方をバックに2棟いい感じに建っている場所があったので撮影してみた。
Dsc_2700
そして全国でもここだけという話を聞いた明善寺
茅葺屋根の本堂に山門に庫裏もすべて茅葺屋根でできていて県の重要文化財になっているとの事。
Dsc_2767
白川郷を出て富山のホテルにチェックインしたのは18時少し過ぎで夕食は19時頃にこんなメニューだった。
Img_4978
夕食後は富山市内を散策。 まずは富山駅に行き北陸新幹線が開通してきれいになった駅舎を撮影。
Img_4985
撮影後は趣味の路面電車に乗る。新型車両で環状線を一周し、南富山までは旧型の車両。
Img_4987
終点の南富山まで行き、帰りは折り返しで富山駅まで戻ろうかと思ったが、富山地鉄の富山行きがすぐに来るとの事でこれで戻ることにした。
Img_4999
ホテルの部屋に戻り窓から夜景を撮影して見た。左側には神通川にかかる橋があり、ちょうど北陸新幹線のはくたか575号が富山駅に向かって減速しているところだった。
Dsc_2808
左側に明かりが一直線になっているのが確認できるでしょうか?
明けて5/1はアルペンルートの通り抜けで早朝の出発。 朝の6時からの朝食は普通の和食で時間は早くて大変という事だったがいつもの生活では同じような時間の食事なので問題なし。
20160501__2
アルペンルートの通り抜けでは珍しい乗り物にいくつも乗るのでそれも楽しみであるが、一番の楽しみは雪の大谷ウォークを楽しむのだが、ここで期待はずれが起こる。 出発時点ではまだわかっていなかったが天候が悪化し室堂のあたりは雪で積雪していて除雪作業でオープンが遅れているらしい。富山市内からバスで向かったのは立山駅。 富山地鉄の終点であるがここから美女平まではケーブルカーで移動。
乗車待ちの時に出発するケーブルカーを撮影したが平均勾配24度が感じられる。
Img_5048
美女平からは高原バスに乗り換えて室堂に向かう。 弥陀ヶ原あたりまではまだ景色が楽しめた。
Dsc_2887
雪の大谷近くでは除雪の跡が生々しく「雪の大谷ウォーク」は閉鎖との事。
Dsc_2934
室堂ターミナル近くの雪の回廊だけはオープンしていて少し雰囲気を感じられる。
Dsc_2958
時間があったので室堂山荘まで歩いてみたが山荘はこれ。
Dsc_2974
霧で回りが見えず雪の白とあいまって目印のピールがなければ遭難しそうな感じ。
室堂からは立山の下を貫くトンネルをトロリーバスが走っている。
バスという名前ですが後ろのポールから終電する電気自動車で電車の仲間になります。
Dsc_3027
電気自動車で怖いのは感電で車体に導電した時に危険となるため、乗車口の所にはアースを取るための鉄の玉がありそれを引きずっているようだ。
Dsc_3031
トロリーバスの終点は大観峰でここの展望台からは黒部湖が見えるが、この日は天気が悪くいまいちでもロープウェイが登って来るところを撮影してみた。]
Dsc_3074
次は途中に支柱のないロープウェイで黒部平に向かう。 黒部平では標高が下がったことと天気が回復傾向にあるので少しは視界が効いてきた。 今乗ってきたロープウェイ方向(大観峰)を撮影してみた。
Dsc_3102
さらに黒部平駅の展望台から黒部ダム方向を撮影してみるとダム展望台や黒部ダム駅につながるトンネルが確認できる。
Dsc_3121
黒部平から黒部ダムまではトンネルの中を走るケーブルカーで下り、降りた黒部湖駅でケーブルカーを撮影して見た。
Dsc_3152
この黒部駅からはトンネルを歩いて抜けると黒部ダムの堰堤に出る。 歩いて対岸に渡るときに黒部湖と上流方向を撮影してみたが、雪解けがまだまだで水量が少ないのがわかる。
Dsc_3208
黒部川を渡りきり階段をえちらおっちら登りダム展望台からダムの全体を撮影してみた。
Dsc_3268
右側の深さの分だけ左側に水が溜まっていて貯水量2億立方メートルの凄さがわかる。
黒部ダム駅からは映画「黒部の太陽」の舞台となったトンネルを抜けるトロリーバスで扇沢まで下る。途中には映画の主要テーマとなっている破砕帯の部分は照明が青になっているのは有名な話。
扇沢駅は屋外になっているので、こちらで撮影。
Dsc_3399
ここからはまたバスで松本駅まで行き松本から新宿までは待望のE251系で走りを楽しんだ。
Img_5098
タイトルの期待外れの部分は、天気が悪く一番楽しみにしていた「雪の大谷ウォーク」が楽しめず空も白くて写真が全然きれいに撮影できなかったことで、これは6月頃の天気の良い時を狙ってまた行くしかないなぁと。 天気は仕方がないですけど

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »