« 11月のまとめ報告 | トップページ | 2017年のまとめ(北海道風景編) »

2017年12月21日 (木)

2017年のまとめ(食べ物編)

今年も押し迫ってきたので今年のまとめをしてみたいと思います。 昨年と同じようにテーマ別に分けて10件紹介する形で進めていく予定で、その1回目は食べ物編です。
ただ、12月もいくつかイベント等がありそれを考慮するとまとまらないので1月から11月までで選択しました。

最初に紹介するのは帯広の「宴屋ながい」の前菜の盛り合わせ。 宴会のコースの最初の前菜はその後の料理を期待させるもので予め調理し準備することができるので腕の見せ所になる。 ここのはどれも手が込んでいて作り込んでいるのがわかる。 この後に出てきた一人用の鍋なども出汁が非常に美味しくて良い店だった。
F01

2番目は何回目かの訪問になる釧路のフィッシャーマンズワーフMOOの中にある「たかつな」の海鮮丼。 1Fの奥の方にあるこじんまりとしたお店でこの日はホッキとボタン海老が良かった。
F02

3番目はやはり北海道は帯広に新しくできたスープカレー屋さんでコメリというホームセンターの駐車場にあるBELIEVEというお店。
角煮スープカレーを注文して食べましたが美味しかったのは確かですけど少し高めでコストパフォーマンスは悪いかな?
F03

4番目は帯広市の北にある上士幌町の「トカトカ」のステーキセット。 トカトカはパン屋さんですが士幌牛のハンバーガーやステーキが食べられる。 ステーキは注文するとトレーに乗せた肉が出てきて大きさにより値段が書いてあり、それに+してセットにすると付け合わせに焼き立てのクロワッサンなどがついてくる。 肉はいわゆる油がのった柔らかいタイプの肉でたくさん食べるのではなく少量でも満足できるタイプだった。 後日、ハンバーガーも食べたがこっちも美味しかった。
F04

5番目は北海道から一気に南に移動した石垣島の「とうふの比嘉」のゆし豆腐セット。 写真はゆし豆腐セットに野菜炒めとタコ明太をオプションで追加。 両方ともに100円とリーズナブルな価格。 朝食にホテルから歩いて食べに行ったが早朝の7時前なのにかなりの人が食べていて、朝食にぴったりのやさしい定食というのがわかる。豆腐は豆の味が濃くとても美味しい豆腐だった。
F05

6番目は北陸の石川県は穴水駅の近くの「幸寿し」で食べた海鮮丼。 値段はそれなりに高かったが丼からはみ出すほどに乗せられた海鮮がどれも美味しくて良かった。
味噌汁でなくあら汁もとても美味しかった。
F06

7番目は自宅から一番近い江の島付近の境川にある「KAMOME KITCHIN」というお店のしらす丼。
しらすは釜揚げと生と沖漬の3種類のシラスが盛り付けられている。
サラダもひと皿に盛り付けられていてシラスの味変わりがとても美味しかった。 サイクリングロードのすぐ横にあり気軽に寄れるのが良いね。
F07

8番目はまた北海道の様似町の「女郎花」の海鮮丼。 松川カレイにウニにツブの三色丼でウニがとろけて甘く殻から出したての生うにのような感じだった。
F08

9番目はちょっと変わって弟子屈町にある「弟子屈ラーメン総本舗」で食べた魚介しぼり醤油ラーメンのチャーシュー増し。 スープが特に美味しく札幌などにも支店があるとの事で、弟子屈はちょっと不便な場所なので札幌などの支店に行ってみたいと思います。
F09

10番目(最後)は根室で宿泊した「照月旅館」の夕食。 根室と言えば花咲と思い浮かぶように花咲ガニが一杯ついた夕食で、その他の料理も手が込んでいたが焼き魚が覚めているのが残念。 お勧めのうにの茶わん蒸しは期待したほどではなかった。
F10

|

« 11月のまとめ報告 | トップページ | 2017年のまとめ(北海道風景編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年のまとめ(食べ物編):

« 11月のまとめ報告 | トップページ | 2017年のまとめ(北海道風景編) »