« 2017年のまとめ(鉄道編) | トップページ | 12月のまとめ »

2017年12月23日 (土)

2017年のまとめ(日本風景編)

最後は北海道以外の日本の風景です。 今年もいろいろな場所に旅行し素敵な風景をたくさん見てきましたので、このセクションだけはベスト10でなく20枚の紹介です。
12月分は今までと同じく12月のまとめで紹介します。

最初は飛行機からの写真で、夕暮れの羽田空港へのアプローチ中にシルエットとなった富士山が綺麗で空の色合いが良かったので選んでみました。
V01

2番目も飛行機から撮影した富士山で石垣島へ旅行するときのフライトで撮影しました。 時期は3月でまだまだたくさん雪が残っている時期です。
V02

3番目は石垣島での写真で石垣島と言えば定番の川平湾の写真で船が宙に浮いているように見えれば最高なのでしたがそこまでは綺麗に撮影できませんでした。
V03

4番目は石垣島から高速船でいった日本の一番南にある島の波照間島。 昔は航空路があり飛行機でもアプローチできましたが今は高速船のみです。 しかし、波照間空港は新しい建物が完成していて航空路の再開もあるのではと思ってしまいます。 その空港ビルはシーサーが屋根に乗り琉球瓦の綺麗な建物で、定期便が就航すれば気軽に行けるのにと思ってしまいます。
(高速船は海が荒れると欠航することが多いので)
V04

5番目は同じく波照間島の最南端です。 ここが日本で一番南の地で、海は真っ青でこの場所からは台湾の方が沖縄本島より近いです。 西には与那国島があり、定期便が就航しているのでいつか訪問したいですね。
V05

6番目は集落の屋根が綺麗な竹富島です。 小さな島の中心に集落があり、同じような屋根の建物が続く風景はとても綺麗でした。
V06

7番目はまたまた飛行機からの富士山。 GWに羽田から小松空港に飛んだ時の富士山で4月末にもなるとだいぶ雪が少なくなってきています。
V07

8番目は雨晴海岸からの風景で、富山湾の向うに雪を抱いたアルプスが見える風景は絶景です。雲がもう少し少なく青空ならもっと良かったでしょう。
V08

9番目は能登半島の「義経の船隠し」で細長い入り江は本当に船を隠すのにぴったりの地形で、自然にこの様な入り江があるとはびっくりです。
V09

10番目は見附島でまるで軍艦が浜辺に向かって進んでいるような風景で見方を変えると海の中から巨人が顔を出した状況のようにも見えます。
V10

11番目は白米千枚田です。 海に面した段々畑が本当に1000枚以上あり斜面を有効に活用した人の努力がうかがえます。この時期は田圃に水が入りとても綺麗です。 栽培されているのはお米でそのため白米(はくまい)という名前ではなく、「しろよね」と読みこれがある場所(白米町)という地名です。
V11

12番目は金沢と言えば北陸新幹線が開通して整備された金沢駅の鼓門です。 木製の門は巨大で全体を撮影するのは少し離れて超広角(12mm)での撮影が必要でした。
V12

13番目は福井県の永平寺です。 曹洞宗の総本山でこの写真のように立派な樹木が沢山あり荘厳な雰囲気でした。
V13

14番目は東尋坊で奇石が並ぶ風景は迫力があり安全柵もなく自己責任でぎりぎりまで行けます。 安全を重視するあまりフェンスなどを作ると興覚めなのでここは良かったです。
V14

15番目からは6月に旅行した山形の風景。 この写真は山寺の写真で下からは相当に登ったところにあります。 山寺は正式には立石寺で松尾芭蕉が「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」で有名なお寺で下の方には芭蕉と曾良の銅像もあります。
V15

16番目は同じ山形旅行の時に行った蔵王のお釜です。 天気がいまいちだったので色が綺麗ではないので紹介するかどうか迷ったところですが、まぁ雄大な風景なので紹介しましょうといったところです。
V16

17番目は不動滝で蔵王を散策して見に行きました。 そんなに期待していませんでしたがかなりの迫力で感動しました。
V17

18番目からは9月に旅行した時の写真で、麦草峠からハイキングして高見石から撮影した佐久高原の風景です。高見石は相当昔に来たことがありますが、もっと険しい道を来たような記憶があります。
V18

19番目はこの長野旅行の一番の目的の御射鹿池で酸性度が強いので魚などがいないのと流れ込むのがないため水面が鏡のようになっていて向うの風景が写り込んできれいです。
秋の紅葉の時期にはもっと綺麗なのでしょうが、紅葉時期は仕事が忙しいので来年に持ち越しです。
V19


最後は10月に近場の温泉に泊りがけで休養に行った時の写真で、宿泊は湯河原にしましたが直行するには近すぎるので立ち寄った大涌谷の写真です。 黒玉子を作る場所までの遊歩道はまだ火山活動の影響で閉鎖されていました。
V20

« 2017年のまとめ(鉄道編) | トップページ | 12月のまとめ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104331/66190198

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年のまとめ(日本風景編):

« 2017年のまとめ(鉄道編) | トップページ | 12月のまとめ »