« 2018年3月 | トップページ

2018年4月10日 (火)

無職生活で時間について考えてみた

会社を退職する前に考えていた事と実際に退職してからのギャップなど色々と感じた事や思い違いなど実際に自分の身にならないとわからない事があり、メモ程度に書いてみよう。

◆時間はあり過ぎると困る。やりくりして作るところに意味がある。
  退職前:行きたいところは沢山あるので時間もあるし順番に行ってみよう!
  退職後:時間がありすぎていつでも行けると思うとなかなか思い腰があがらない。

 この違いについて考えてみると時間の問題とお金の問題が隠れている。 お金に関する事はは後に回すとして時間に関して考えてみたいと思う。
まずは退職する前の3年間(20152017年)に旅行した場所と形をまとめてみました。日帰りのちょっとしたのは除き宿泊を伴う物のみリストアップしています。
Trip

この表を見ると働いているときはGW、夏休み、年末年始休みという長期休暇はあるけどそれ以外の休みは土日の週休二日で旅行など行く暇がないのではないかと思われるが、土日の休みに有給休暇をくっつけて彼方此方に旅している。
このパターンで旅をしているのは◇のマークをしたものだが、そのほとんどが一泊二日の旅行で、帰宅してからの1日は洗濯に休養と次週の仕事への影響が出ないようにしていた。
この短期間の旅行のために、朝一番の羽田発の便で出かけ、帰りも旅行先の空港の最終便に乗ることが多く、その間も綿密にスケジューリングして非常に欲張りの旅をしていた。

このスケジューリングの段階では、見るべきものや場所・乗るべきものや撮るべき物などを箇条書きにして、それを実現するために時間が決まっているものならそこに割り当てそうでないものは移動距離や効率的になるように配置して、さらに天候などで雨でも可能なものと不可能なものを区別して組み換えの想定をしておくなど、計画段階が非常に楽しいものだった。

これに対して退職後は日程的にいくらでも自由がきくし、細かい計画を立てなくても余裕のある2泊3日とかでも計画できるので詳細なスケジューリングをしなくても済む。 というような事になると何となく気合が入らず2018年の1月~3月は全くどこにも出かけていない。

まぁ、2月は母の葬儀などがあったし3月は退職後の様々な手続きや母の葬儀の後の相続や納骨などで忙しかったという事もあるが、4月に入って「さぁ!」と張り切ったのは良いがいまいちである。
それは「時間をやりくりする所に楽しみもある」のも一因であるが、後ほどまとめたいと考えているお金に関する恐怖もその一因だと思う。

« 2018年3月 | トップページ