« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月27日 (日)

5月後半の報告

五月前半はGWであちこち混んでいるので近所ですごしGW明けには高尾山にちょっと登ったりして過ごし、ここのblogでも報告した。
それ以降の五月も少し動き回り、小出しで顔本で報告していますが少しまとめておきます。

◆札幌への旅
札幌への旅は会社を退職する前に考えていてお世話になった所に行く予定でしたが色々と状況の変化があり、少し目的を変えての旅になりました。
羽田空港へは4月の熊本への旅に引き続きですが朝の早い便にしたので久しぶりに香港エクスプレスの離陸を写真に収めることができた。
20180516_000_blei_a321200

今回の目的は札幌地下鉄の乗りまくりと路面電車の未乗車区間の乗車に藻岩山の夜景観光とこの時期でないと見られないライラックで、新千歳空港に到着後、まずエアポートライナーで札幌駅まで移動して駅前のホテルに荷物を預ける。
荷物を預けた後、地下鉄の1日券を購入し乗ってない札幌から北の路線の乗りつぶしに取り掛かる。まずは東豊線に乗り終点の栄町まで移動。 そのまま折り返してもよいが近くに札幌飛行場(丘珠空港)があるので歩いて見にいくことにする。
丘珠空港は軍との併用空港でHAKのプロペラ機とFDAのジェットが就航している。ターミナルビルはこちら。
20180516_001

ターミナルビルに入るとちょうど釧路行きの便が離陸する所で慌てて展望デッキに行くが工事中で入れず展望デッキ手前のガラス越しに撮影したのがこれ。
20180516_000_ja03hc_340b

SAABのプロペラ機でHAKを撮影したのもSAABを撮影したのも初めて。
そして栄町まで戻って札幌経由で南北線の札幌から麻生まで乗ろうと考えたが、15分後に丘珠空港から麻生駅まで行くバスがありそれに乗って麻生に移動する事にした。
麻生駅で地下に降りるエレベータでちょっと気になったので撮影してみた。
20180516_002

駅のエレベータなどで入ったドアと180°反対のドアから出る構造のエレベータはよくあるが、ここのエレベータは90°の位置にドアが取り付けられていて初めて!
麻生から乗って札幌通り過ぎ「すすきの」まで移動してまずは路面電車の未乗区間の写真を撮影する。
20180516_003

この写真の交差点のすぐ左の「すすきの」駅と正面の通りが新しくできた区間でここが出来て市電はループ化されました。 今もイベントなどがあるときはこの区間は運休となることがあるようです。この写真を撮影した後には大通公園に移動しライラックを見に行く。 ちょうどライラック祭りが開催されていて、人出が多い!
20180516_004

ライラックの花は色々な色があり大通公園やそのほかの場所に咲いていたのをいくつか紹介します。まずはピンクというような色合いの花
20180516_005

次はラベンダー色
20180516_005b

最後はホワイト
20180516_005c

ラベンダーはピンクとホワイトの中間のような色合いですね。 そして大通から東西線に乗って丸山公園で降りて北海道神宮へ。 まだ桜が咲いているという情報もあり楽しみ。
丸山公園を抜けて北海道神宮へ足を向けると緑のトンネルの向うに鳥居が見えてくる。
20180516_006

鳥居を抜けると情報通り八重桜が満開でとても綺麗でした。
20180516_007

神門には立派な注連縄が掛かっていましたが、他の神社と少し異なり米俵のようなものがついています。
20180516_008

夕方になって来たので一度ホテルに戻り部屋に入り荷物を整理する。 今回の宿泊はJRタワーの高層階で眺めがよいのでまずは一枚撮影。
20180516_009

夜景は後にして寒さ対策をしてから今回の目的の一つである藻岩山へ向かう。 藻岩山へは路面電車でぐるっと回り、ロープウェイとケーブルカーで山頂まで。
日が落ちるまで頂上で散歩をしたりしてからいよいよ夜景を撮影。
20180516_010

最近では日本新3大夜景と言われているようで、確かに綺麗です。 帰りのケーブルカーでは目の前でちょうど定員となってしまい次のを待つことになりましたが、そのおかげで最前部を確保する事ができたので下りの夜景の美しさを動画にしてみました。

路面電車に乗ってすすきのまで戻りジンギスカンでも食べてホテルに戻ろうかと考えたが混んでいたので面倒でコンビニで簡単な食事を購入してホテルで夕食。
部屋は南向きの部屋で高層階(32F)で大きな窓の前にテーブルがあり、そこからこの夜景を見ながらのコンビニ弁当。
20180516_011

豪華なのか質素なのかわからない夕食になりました。
明けて次の日は天気が少し悪くなりゆっくりと朝食を食べてから出ることにして、宿泊にセットされている朝食で、バイキングと和食の丹頂を選べるので和食を選択。
和食は普通の定食と連泊用の定食と海鮮丼の定食が選べるので、海鮮丼を選択。
20180517_000

朝食用の海鮮丼かと思ったが、本格的な海鮮丼で朝から豪華な朝食になった。 雨がやんできたのでホテルを出て北海道庁の旧庁舎へ行く。
20180517_001

雨上がりのしっとりした府に気とまだ残っている八重桜を一緒に撮影しようと少し待つと人が入らない状況になったのですかさずシャッターを切りました。
これを撮影した後はゆっくりと散歩をしながら北海道大学に移動し構内を散策し北海道博物館に行く。 この博物館は建物も古くて立派ですが無料で見学する事が出来る。
20180517_002

中にはマンモスが展示されていたり
20180517_003

恐竜の全身骨格があったり
20180517_004

その他、地学や化学・物理や民俗学・医学など様々な学術の展示があり、全部をゆっくりと見ていたら3時間ほどの時間を費やしてしまった。
いったんすすきのまで出てラーメン横丁で味噌ラーメンを食べてから南北線の終点の真駒内へ移動。地下鉄の乗りつぶしは景色が見えないのであまり面白くないが真駒内の近くでは高架区間を走るが札幌という北国なのでドームで覆われていてあまり景色もよくない。
真駒内駅を出て団地のような住宅の街並みを真駒内公園まで歩く。 新しい建物ではないので札幌オリンピックの選手村を利用した住宅の様です。
真駒内公園は緑が多くとてもゆったりしている。
20180517_006

少し歩くと屋外競技場があり、聖火台も残っている。
20180517_005

帰りは歩くのも大変になってきたので公園を出てバス停を見つけるとほんの5分ほどで真駒内駅行のバスが来るのでそれに乗って駅まで移動。
まだ早い時間で市内ならまだ回れるが知り合いにいただいたスパの券があったのでホテルに戻りスパでゆっくりと過ごし部屋で休憩。 夕食はその知り合いの方とホテルの丹頂での和食解析でとても美味しくゆっくりとした時間を過ごした。

3日目は15時までレイトチェックアウトが可能であるが荷物をまとめフロントに預けてちょっと小樽まで足を伸ばすことにした。 その理由は前夜のTVで小樽のあんかけ焼きそばの特集を行っていてちょっと食べに行こうと考えたのが理由です。 小樽には前にも来ているので観光などは特に考えていなかったのですが、前に訪問したところで時期が変わったのでいくつか訪問。
最初は手宮線の跡地で桜も咲いていて雰囲気が違う。
20180518_001

運河も一応押さえておこうと思い2枚ほど撮影。
20180518_002

最初は一番有名な場所になると思いますが、煉瓦造りの建物。
20180518_003

もう一枚は製缶工場建物で外側にシューターのようなものがありとてもユニーク。
ぶらぶら歩いていると元日銀の小樽支店の前に来た時に雨が強くなり中が公開されていて無料だったので入らせて頂く。
20180518_004

中はカウンターがあり天井が高い建物で昔の雰囲気が残っている。 大金庫も公開されていてドアの厚さがすごい。
20180518_005

中に入ると一億円の札束を持ってくださいというのが2つと、奥には1000億円分の札束が展示されている(偽物ですが)
20180518_006


小樽のあんかけ焼きそばは小樽っ子のソウルフードでどこも超大盛という事でしたが食べきれないと困ると思い選んだのがこの海鮮あんかけ
20180518_007

食べた後は札幌に戻り商店街をブラブラした後に空港へ移動。 ちょっと早いが空港で夕食をと考えたが食べるところはものすごくたくさんあり迷っていたが、懐かしい松ジンの店舗があった。
20180518_008

フードコートでお手軽なので迷わず注文しジンギスカン丼を食べる。
20180518_009

やはり松ジンのマトンは美味しい。 食後は展望デッキに出て飛行機の写真を撮影しようかと考えたが雨が激しく室内から珍しい機材を少し撮影。
20180518_b6340_a320200

最初は吉祥航空の機材が離陸していくところを撮影。
20180518_n361ha_a330200

次はハワイアン航空の着陸を撮影

この後はターミナル内をブラブラしてから早々とセキュリティを通過しラウンジで休憩し搭乗時間に機内へ入り羽田へフライトし帰宅

◆富士山の登山?
25日は伊勢原まで用事があり、済ませた後に気になっていた富士山に行ってみることに。富士山スカイラインは無料で登れるのでそこを目指すと途中で立派な富士山が
20180525_001

新五合目まで到着し上を見上げると青空にいい雰囲気の山頂方向が撮影できた。
20180525_002

さらに御殿場方向も綺麗に見えていたので撮影
20180525_003

五合目からの登山道はがっちりしたバリケードで登山禁止になっているが、少し離れた宝永山の方はオープンしていて行けるような感じだったのを確認し再訪する事にする。せっかく来たのであざみラインで五合目まで行って写真を撮影。
20180525_004

この日は革靴だったので明日出直すことにして帰宅。

26日は8時前に富士山スカイラインの新五合目駐車場に到着し支度をして歩き始める。 最初は樹林帯を歩く。
20180526_001

少し歩くと崩れて溝のようになっているところを横断する。
20180526_002

そして宝永火山の第二火口に到着し、その大きさにビックリする。
20180526_003_2

そこから第一火口の方に登る途中で第一と第二の境目を撮影
20180526_004

六号目と宝永山の分岐点から宝永火口と宝永山の山頂を撮影したのがこの写真。
20180526_005

一度下ってから火口の縁を登っていくことになる。 火口の縁まで降りてそこから火口全体を撮影したのがこの写真。
20180526_006

この後、火口の縁を登り始め半分くらいまで登ったあたりで靴擦れが痛くて歩くのがきつくなり、雲もだいぶ上がって来たので視界も悪いし無理はしない方が良いと思い引き返すことにする。
火口まで降りて風が少し弱まったので補給食を食べながら雲の様子を撮影。
20180526_006b

下まで降りたときにまた富士山が見えていたのでもう一度撮影
20180526_007

富士山の右側に少し出っ張ったところがあるが、そこが宝永山の山頂になる。 自宅から2時間くらいで駐車場まで到着出来るし上まで車で行ける時で天気が良さそうな時にまた行こうと思う。

2018年5月12日 (土)

近場の山へ行ってきた

東京から近くお手軽に登山できるという事でミシュランにも乗っている山というか観光地の高尾山は自宅から自転車でもいけるし車だと30~1時間で到着する。
電車だと1時間で行けるが乗り換えが結構面倒で平日なら駐車場も空いているだろうと車で出かけてみた。 到着し駐車場は待ち時間もなく駐車。 まずは高尾山口駅に移動して駅舎の写真を撮影。
20180511_

観光地として脚光を浴びてリニューアルした駅舎は高尾山の杉にちなんだ杉の木を使い薬王院をイメージした建物になっている。
高尾山についてはTVや雑誌などで数多く紹介されていてそちらの方が詳しいために細かいことは紹介しないで写真中心に報告します。
1号路と言われるルートの写真ではほとんどが舗装され車やバイクも通れる(許可車のみ)で山道という雰囲気はあまり感じられない。
20180511__01
薬王院に続く男坂(108段の階段)
20180511__02
平日なので人が少ない(舗装)
20180511__03
新緑が綺麗

薬王院は高尾山の天狗や山門、本堂や本社などを撮影。
20180511__01_2
山門
20180511__02_2
天狗!
20180511__03_2
本堂
20180511__04
本社

頂上では富士山が綺麗に見えていたので撮影した。
20180511__04_2

しかし幼稚園?や小学校の遠足が重なったのかお昼を食べるために頂上の広場にシートを広げほとんど占有されていて歩く場所もないくらいで歩きながらおにぎりを食べ一番静かそうな稲荷山コースを下るが小学生が山道いっぱいに広がり歩きにくいが、団体が過ぎるとそれなりに静かでよかった。
20180511__05
杉林
20180511__06
小学生がいなくなると静か
20180511__07
稲荷山山頂の展望台
20180511__08
木の根っこは特に滑りやすい
20180511_599
高尾599(599mにちなんだ名前)

高尾599に立ち寄ってから帰宅。近いのですぐに帰れるのが良いね。
今朝になるとふくらはぎが張っている。 これは、一昨日までの雨で稲荷山からの下りがぬかるんで滑りやすく気を使って下ったので思った以上に力が入っていたのでしょう。 このままだと大変そうなので自転車乗ってこげばほぐれるかな?

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »