« 鹿児島旅行の報告(1日目) | トップページ | 鹿児島旅行の報告(3日目) »

2018年9月24日 (月)

鹿児島旅行の報告(2日目)

鹿児島旅行の2日目は薩摩半島を主に観光する。 その前に温泉に宿泊しているんで朝早く起きて展望風呂でゆっくりする。 夜は景色が良く見えなかったのと人が多かったので早朝のお風呂が始まる時間の少し前に行くと、すでにオープンしていて誰もいなかったので展望風呂の様子を一枚。
0214

写真では見えにくいが下には照国神社の境内が見えお湯につかると城山の頂上まで眺めることができる。 朝食を食べホテルを出て1日車を運転する事になるがまずはお風呂から見えた城山の展望台に向かう。 展望台からは桜島と鹿児島市内が眺められ右をみると薩摩富士の開聞岳も眺められるが今日は少し雲が多いようだ。
025

下の方には照国神社の大きな鳥居と宿泊したホテル(吹上荘)が見えるのでこれも撮影。
0216

この城山には西郷隆盛の終焉の洞窟を見てから薩摩半島を南下する事にする。 カーナビでそちらを目指していくとちょっとした駐車場と銅像がある車を止める。
026

この大きな銅像の所に洞窟があり、これが西郷洞窟か!と思い行ってみると入り口の看板をみるとどうも違うようだ。 昨日の埋没鳥居と同じで何か近くに違うのができるのが鹿児島か?
0262

本当の西郷洞窟がこっちで当然のことながら入れないように柵がある。
0263

鹿児島市内で車で行ける所はこのくらいにして薩摩半島を南下し今日の目的地の知覧に向かう。
鹿児島湾に沿って走り途中から内陸に向かうが山の上にロケットが見えてどうやら公園のようなのでちょっと立ち寄ってみた。 駐車場を降りてすぐの所に彼岸花が咲いていたので一枚。 赤と白とクリーム色の三色そろい踏み。
0271

この錦江湾公園はロケット広場という場所もあるように内之浦のロケットや種子島のロケットの発射基地などでロケットに関連深いのかもしれない。 駐車場の近くには電波望遠鏡なども展示されている。
0272

そして展望台まで登ると下から見えたH2ロケットを見下ろすように撮影できるポイントがあり錦江湾をバックに撮影してみた。
0275

空には雲が広がりちょっと天気が不安だな!と思っていたらポツポツふりだしたので走って車に戻り一息ついて知覧へのナビをセットして知覧に向かう。
知覧は薩摩藩の重要な外城の地域で約270年くらい前の街並みがそのまま残されていて国の重要伝統的建造物保存地区に指定されている。
メインの通りは約700mで昼間は車も入ることが出来ず、普通に住んでいる人にとっては不便な地区なのかも知れません。 特にこの地区にある7つの庭園は優れた庭園で国の名勝に指定されていてそれらはお庭に入ることができます。 まずはメインの通りの写真をいくつか紹介します。
0281

石を綺麗に積んで生垣も綺麗に手入れされている道が続いています。 さすがに舗装はされていますが。
0283

公開されているお宅だけでなく、どこの家もみんな綺麗に手入れされています。
0284

メインの通りはまっすぐになっているわけではなく、微妙なカーブを描いていて、途中には大きなクランク上に曲がっている場所もあります。
0286

ふと思ったのですが歩いていて立ち止まって撮影していましたが少しローアングルの方がイメージが変わるかと思って撮影したのがこれで印象が少し変わっていると思います。
0287

さて、ここからは名勝に指定されている7つの庭園を紹介していきます。 ゲートがあるわけではありませんが入場料としてまとめて500円を払います。
パンフレットを見ながら回るので、そのパンフレットを持っていればOKというシステムでお金を払わなくてもメインの通りだけは歩くことができますが、庭園をみてこそ知覧の武家屋敷地区です。
紹介は車を止めたのが亀甲城址のある方の駐車場なので、こちらから見た順番です。

1)森重堅 宅
入り口の門は少し幅があり屋根も両側に小屋根がついています。
028_1_2

庭園に続く石垣の上には彼岸花が咲いていた。
028_2

そして庭園は池があり奥には岩が並べられ遠くの山をあらわしているようです。 なお、他の庭園はすべて枯山水で水が張られた池があるのはここだけだそうです。
028_3

2)佐多直忠 宅
門は屋根のある立派な門構えです
028_1_5

門を入るとすぐに家は見えず壁がある屏風岩の構造で防衛を兼ねていて琉球の影響もあるそうです
028_2_3

お庭は光の加減で見えずらいですが遠くの山を借景にして大きな岩を配した庭になっています
028_3_3


3)佐多民子 宅
門の屋根は段差のない一列のものですが幅は広いです
028_1_6

庭は比較的他界木が植えられていて深山に入り込むような庭です
028_2_4

おうちの方も撮影しました。 壁の白い部分に開けられたひし形がアクセントになっています
028_3_4


4)平山亮一 宅
門は道路から階段が3段ほど設けられ少し高くなっていて、屏風岩が見えます
028_1_7

お庭はちょっと変わっていて巨石などは配置されてなく植え込みで壁のようにしたのが山のようにしています。 手前の部分も奥の方はどうやって整えたのかと疑問に思うくらい幅広いものです。
028_2_5

お家の方には何やら石造りのものがあります。
028_3_5

近づいてみるとくり抜かれていて水が貯まっています。 説明はなかったのですが馬をつないで水を飲ませる場所のように思えます。
028_4


5)平山克己 宅
このお家の門も数段の階段を上がる構造になっています。 門の奥には屏風岩ではありませんが石垣の上の植え込みで目隠しになっています。
028_1_11

お庭は枯山水でアクセントに平らな岩を配置して奥の方は植え込みが低くなり遠くの山を借景として取り込んでいます。
028_2_8

6)西郷恵一 宅
門は階段で上がるようになっていて、されに道路より奥まった所に作られていて余裕があります。
028_1_12

お庭は岩を積み上げ山のように見せ、小さな塔を配すことで遠近感による奥の広さを表しているように思えます。
028_3_8

7)佐多美舟 宅
門はかなり奥行きがあり奥には屏風岩も見える同じような構造になっています
028_1_13

お庭は少しコンパクトな感じで、普通のお宅のお庭のようにも見えます
028_2_9

こちら側は済んでいる方のお庭のようで岩をくり抜いた水草が植わっているプランターのようなのが見えますが、前に見た馬の給水の物を利用したのではないかと思います。
028_3_9

ひと通り散策して知覧を堪能した後はお昼を食べに海岸に出ることを考え、JRの終点である枕崎に向かうことにした。 知覧はお茶でも有名な所で道の両側はお茶畑が続き霜が降りるのを防ぐ送風機が並んでいます。
029_2

枕崎駅は古いものを予測していましたが、新しく立て替えられたようでとても綺麗でした。ちょうど列車が入っていていい感じで撮影できました。
030_01_2

お約束の車止めも撮影してみました。 少し大き目の×印板が終点を示しています。
030_02_2

お昼はお魚関係が良いかと思い、駅前にいた方に聞いてみると駅前の一福が美味しいよとの事でお店に入りお昼のサービス定食から「青魚定食」を頼む。 青魚のお刺身に魚のフライに小鉢として枕崎と言えば鰹節が思い浮かぶように鰹の煮つけがついていて700円に消費税はお得!
031_04_2

昼食後は薩摩半島の突端の長崎鼻を目指す。 その途中で立ち寄りたかったのは一つの神社で釜蓋神社です。 この写真でもわかるように鳥居の横に釜の蓋が見えます。
031_03_2

近づいて撮影した写真がこれで頭の上に釜の蓋を載せてあるいていて、鳥居の所から釜の蓋を載せてあるき落とさなければ願いが叶うと言われています。
031_04_3

この神社の裏手に海と開聞岳が見える場所があり、そこには釜蓋のベンチがありました。
031_05

このあたりから長崎鼻へは海岸線を指宿枕崎線に沿ってすすみます。 ところどころ開聞岳が綺麗に見える場所があり写真に撮影しましたが、山の頂上に雲がかかっているのが残念です。
032_01

開聞岳を回り込みは長崎鼻へ向かう途中でやっと山頂まで見えるタイミングがあり車を止めて写真に撮る。 山の向こう側には雲があるので見る方角だけの問題かもしれない。
032_02

長崎鼻は半島の突端で岬は「鼻」という表現もあり、海に没する岩の幹事は襟裳岬に似ている気がする。
033_01

また当然のことながら灯台もあり、その白い勇姿を撮影したのがこれ。
033_02

そして長崎鼻には浦島伝説があり、浦島太郎の像があるとともに龍宮神社もある。 鳥居の奥にある建物は赤いいろが竜宮城や片瀬江ノ島駅を思い起こさせる。
033_03

薩摩半島の主だったところを見たので鹿児島市内の見ていない場所をみるために戻ることにする。 戻る途中には池田湖があり、その湖の湖面の向うに見える開聞岳も綺麗だというので横を通る道を選んだが完全に雲に隠れていたので写真を撮らずに鹿児島市内に。 ホテルの駐車場に車をおいて歩いて観光する事にする。 最初はホテルの隣にある照国神社で道路の幅いっぱいの大きな鳥居が目印。
034_01

拝殿の賽銭箱は丸に十字の島津家のもの。
034_05_2

お参りして振り返ると特徴的な植木の形と鳥居のバランスが面白い
034_03_2


照国神社には島津斉彬の銅像があり、お風呂からお姿を見ていたが上からは失礼なのでちょっと立ち寄ってみる。
034_06

その銅像の横には能舞台があるようで、木造の舞台がひっそりとありました。
034_07

路面電車とバスの1日券を購入してまた市内を散策する事にする。 明るいうちに明治維新の時代の人たちの痕跡を見に行く。 路面電車で鹿児島中央の方に向かい甲突川を渡った先の高見橋で降りる。 まずは少し戻って川を渡るが橋から甲突川の流れを撮影。
035

左側の木々の植わっている場所が遊歩道になっていて、明治維新の頃の有名人にゆかりのある場所に行くことができる。
最初に行きついたのは大久保利通の生誕の地でちょっとした公園みたいになっている。
036

歩いてすぐの所に西郷隆盛の生誕の地があり、ここも同じように公園になっている。
037

さらに歩いてすぐの場所に大岩巌の生誕の地がある。 ここは道路の横にそれを表す碑が立っているだけですが、すぐにわかる。
038

さらに歩くと学校の敷地にめり込むように東郷平八郎生誕の地というのを撮影。
039

西郷隆盛と大久保利通は明治維新の時のライバルというか盟友というかの関係で、大山巌は政治家で、東郷平八郎は軍人で海軍大将と明治から昭和の間の偉人の生誕の地がこんな近くに集まっている。
まだ、明るいのでいちど天文館まで戻り鶴丸城のあたりを散策する。 入り口の城壁は西南戦争の時の銃弾の後がたくさん残っている。
041_02

そして最後は夕食で鹿児島と言えば黒豚なのでとんかつを食べることにして路面電車で鹿児島中央駅まで戻り入ったのは川久というお店。 普通の豚のとんかつは分厚いお肉でそれも魅力がありましたがやはり黒豚のとんかつでの夕食。
043_03

夕食後はまた路面電車に乗り天文館で降りて商店街をブラブラしお土産を買ってからホテルまで歩いて戻り展望風呂に入って2日目は終了。

« 鹿児島旅行の報告(1日目) | トップページ | 鹿児島旅行の報告(3日目) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104331/67202921

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島旅行の報告(2日目):

« 鹿児島旅行の報告(1日目) | トップページ | 鹿児島旅行の報告(3日目) »