« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年2月28日 (木)

長崎ランタンフェスティバルの報告

2月の初めにランタンフェスティバルを見に長崎に出かけてきた。 いつものブログの書き方のスタイルでは時系列でまとめ
ていますが、今回はスタイルを変更しランタンフェスティバルのエリア別で、さらに昼と夜の風景という形でまとめてみた。
ランタンフェスティバルは日本三大中華街(横浜、神戸、長崎)の一つである長崎の新地中華街を中心としたお祭りで、中国
のお正月である春節に合わせて開催されるお祭りです。
新地中華街の会場を中心として、中央公園会場・唐人屋敷会場・興福寺会場・鍛冶市会場・浜んまち会場・孔子廟会場の7会場
に分かれ、それぞれの場所でパフォーマンスなどが行われているがメインのパフォーマンスは新地中華街(湊公園)、中央公園
孔子廟の3ヶ所はステージが作られている。(昼の場所=◇ 夜の場所=◆ 昼のイベント=☆ 夜のイベント=★)

◇新地中華街の昼
新地中華街は中華街自体は道幅が狭いのでアーケードのように並べられた提灯と北側の堂座川の広場と中華街の隣にある湊公園
がメインの場所。 これらの場所で撮影した写真を紹介

・中華街の通りはランタンでアーケードになっている
20190209_02_

・堂座川のオブジェは5mくらい?
20190209_07_

・堂座川の別のオブジェはドラゴンボート?
20190209_08_

・堂座川を横断するようにランタンが飾られているけどいまいち?
20190209_09_

・湊公園の入り口の門には左右に中国武士のオブジェが
20190209_06_

・湊公園のオブジェはレンゲや小皿でできている
20190209_03_

・屋根のある場所では昼でも明かりが灯る
20190209_04_

・ちょっと異色のオブジェはぬいぐるみのような犬?がある
20190209_05_

◆新地中華街の夜
夜は日が落ちて全体的に暗くなった街中でランタンの明かりを強調し、さらにオブジェも明かりが入りいい感じ。 さらに運河
にはランタンの明かりが写りこんでいていい感じになる

・堂座川に渡されたランタンが川面に写って綺麗になる
20190209_27_

・昼間見たオブジェも灯がともり綺麗。ちょっと「ねぷた」に似ている
20190209_28_

・中華街の入り口は看板のような電飾も
20190209_29_

・中華街の通りのランタンにも明かり灯り雰囲気が変わる
20190209_30_

◇浜んまち会場
ここはもともとアーケード街なので昼も夜もあまり変わらない風景。 どちらかと言えばイベントの行列が通る時に比較的近く
で見られる場所ですが、それはイベントのコーナーで

・アーケードは高くランタンと共に鳳凰の飾りがある
20190209_41_

・アーケードの広い場所にはオブジェがある
20190209_10_

・アーケードの一番人気は縁結びの「月下老人」のオブジェ。横に並んで写真が撮れるようになっていて、交代のわずかな時間で撮影
20190209_12_

◇中島川公園会場の昼
長崎市内を流れる川に沿った展示会場でメインはフェスティバル以外でも観光で人気の高い眼鏡橋のエリア。 昼はランタンは
飾られているが、そんなにパッとしない

・中島川公園会場には三蔵法師と孫悟空のもオブジェがあった
20190209_21_

・眼鏡橋はここだけの黄色いランタンで飾られているがいまいちの色合い
20190209_20_

◆中島川公園会場の夜
川は夜になると暗くなりさらに水面にランタンの明かりが映り込み一転して一番綺麗な場所になっていた

・手前の川沿いのランタンも川面に写り込みいい雰囲気
20190209_33_

・オブジェを遠目から撮影したが夜の暗さがオブジェを引き立てている
20190209_35_

・近くで撮影したオブジェも派手で良いね
20190209_34_

・眼鏡橋の黄色いランタンは他は赤で黄色はここだけなので撮影する人も多く雰囲気が違いいちばん綺麗な場所かも知れない
20190209_36_

◇唐人屋敷会場の昼
日本が鎖国をしていた時代にも海外との貿易は行われていて、その相手先はオランダと中国の2国で貿易のために日本に住んで
いたオランダ人は出島に居住していたのはよく知られていますが、中国人はこの唐人屋敷というエリアに住んでいました。
いまは屋敷はありませんが4っつのお堂がありランタンフェスティバル=中国の春節のお祭りという事で馴染みの深いエリア。

・唐人屋敷の入り口にはエリアを象徴する大門(唐人屋敷象徴門)があり、門自体に飾りつけはありませんが通りの両側
 にはランタンが飾りつけられています
20190209_22_

・観音堂の入り口には石造りの門があり、唐人屋敷時代と言われています。奥にはランタンが少し見えます
20190209_22b_

・観音堂は少し高くなっているので階段が作られていました。入り口にはランタンがあります
20190209_46_

・天后堂は媽祖行列の「媽祖」様を祭る航海の安全祈願します
20190209_47_

◆中央公園会場の夜
まとまった場所では一番広い場所でオブジェがありステージが設置されイベントが多数行われている場所。

・大きなオブジェは一番たくさんありました
20190209_37_

・ステージが作られ色々なイベントが行われています(これは龍踊り)
20190209_39_

◆興福寺会場の夜
他の会場は歩いて移動できるエリアにありますが興福寺会場は少し離れた所にあるので行くのがかなり遅くなり夜の写真だけに
なってしまいました。 おまけに拝観時間も迫っていたので山門を撮影しましたが、提灯が飾られオブジェが飾られています。
20190209_40_

◇孔子廟会場の夕方
孔子廟も少し離れた場所にあり歩いていくにはちょっと遠い感じで、路面電車の大浦海岸通りか石橋駅から歩いていく。そんな
エリアなので夕方に訪れそのままグラバースカイロードを通って鍋冠山からの夜景というプランを立てた。
もう一つ、ここは有料ですが夕方からは無料開放されるのでその時間に合わせたという理由も

・入り口の門にはオブジェと共にランタンが飾られています
20190209_23_

・このお堂の手前がステージとなっていて色々な催しが行われます
20190209_25_

・孔子廟の見どころは72賢人の石像が圧巻です
20190209_26_

☆皇帝パレード@浜んまち会場
イベントの中でもかなり華やかで中心となるもので、お正月に皇帝・皇后が揃って街中に出かけたのを模しているそうです。

・先頭は大きな幟と神輿でスタートです
20190209_13_

・男性の旗を持った一団が続きます
20190209_14_

・その後に皇帝が神輿に乗って続きます
20190209_15_

・次は女性が幟を持って続きます
20190209_16_

・幟の後は旗を持った女性の一団が続き
20190209_17_

・皇后が神輿に乗って続きます(AKBの人らしい?)
20190209_18_

・その後にも続々と行列が続きます
20190209_19_

・ちょっとだけ行列の動画を撮影したのでご紹介(音で臨場感がでますね)

☆媽祖行列@唐人屋敷
媽祖さまは航海の神様であり、長崎に入港した船から唐人屋敷の天后堂などに安置するために実際に行われていたのを再現して
います。 銅鑼と太鼓は3拍子のゆっくりとしたリズムに乗って行列は進みます。

・最初は爆竹の台車の後に、銅鑼や太鼓の一団が続きます
20190209_43a_

・次は銅鑼を持った女性に旗を持った一団が続く
20190209_43b_

・順風耳(じゅんぷうじ)、千里眼(千里眼)に後ろに続く直庫(てっこ)は独特のメイクでちょっと怖い
20190209_43c__2

・最後はこの船に媽祖さんが乗っていらっしゃるのでしょうか?
20190209_43d_

・唐人屋敷の後は湊公園により、そこから移動するところを動画で撮影。先頭の爆竹隊は音だけ(笑)

☆京劇@孔子廟会場
イベントの中でちょうど京劇をやっているときに撮影。 多くの人がいっぱい見ていて隙間からなんとか撮影。
20190209_24_


★龍踊りパレード@浜んまち会場・中央公園会場
中国の春節のお祝いと言えば龍踊りを思い浮かびますが、龍踊りの会の人たちと高校生の龍踊りパレードです。

・夜のイベントの龍踊りのパレードが浜んまちを通り中央公園に向かいます。こちらは女子高生の龍踊り
20190209_31_

・続いて十善寺龍踊会のパレードが続く
20190209_32_

・ぐるっと回って中央公園のステージに向かうところ
20190209_38_

・ここでも動画を撮影したので紹介。なんとなくバラバラな音が雰囲気あるっ~

なんとか2月の内にまとめを終了。 他に大きなイベントはなかった(笑)なのでこれで終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日)

気温上昇で自転車散歩

自宅に籠ってランタンフェスティバルのまとめをしようかと考えていたが、あまりにもポカポカで気持ちよさそうな天候だった
ので軽く自転車で散歩をして来ることにした。
ルートは軽めの新横浜往復の40km。 そろそろ春になってきたので富士山の遠望もダメかなと思っていたが念のためチェック
に行くとかすかに見えた。 ここはいつもの長津田検車区の真ん中の橋
Img_6579

そして恩田川を進んで行くとひな祭りの歌にも歌われる「桃の花」が咲き始めていた。 畑の所に密集して植わっているのでひな
祭りに出荷するのかも知れない。
Img_6585

もう一つの富士山ポイントは横浜線超しの富士山が撮影できる鶴見川沿いのサイクリングロードでタイミングよく横浜線がこっち
に向かってきたので撮影。 富士山は白く映っていてやっと形がわかる程度。
Img_6616

小机を過ぎてさらに下流に向かい新横浜の手前あたりはピンクの花が咲いているのが増えてきた。 桃の花かと思ったが木の形が
桜の木そのもので、この時期に咲いているので河津桜なのかもしれない。 まずは川を入れて一枚
Img_6637

そして枝の花と咲きそうな蕾をたくさんつけたのを一枚
Img_6635

最後は花が密集して咲いているところを1枚
Img_6631


やはり桜の花は綺麗でよいね。 葉っぱが出る前に咲くというのが花が強調されていてよいのかも知れない

新横浜の所では首都高速の工事がどんどん進み空中の通路がどんどん複雑になっていた。
Img_6638

帰りはあまり写真を撮影せずに一気に戻るが紅梅白梅も満開で、セットとなっているのを一枚
Img_6643

白梅と青空を一枚
Img_6646

自宅に戻り昼食をとってから早めに食料の買い出しをしてランタンフェスティバルおまとめをしようかとパソコンに向かうが少し
休もうと昨日届いたソファーに座ると、また座り心地がよく日差しもありうとうとしつつCDを聞いていたらあっという間に夕方。
夕食の支度をしてやっとパソコンに向かうが、とりあえず今日のまとめを先にしてみた。
2月の旅行なのであと4日の間にまとめを行いたいと思いつつ本日は終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月22日 (金)

長崎ランタンフェスティバルの報告

2月の初めにランタンフェスティバルを見に長崎に出かけてきた。 ランタンフェスティバル自体は沢山の写真を撮り過ぎて
まだまだ整理ができていないが、お祭り以外の部分だけ整理したので先にまとめと報告をしたいと思う。

◇Day:1(2月9日)
この日は関東地方は昼頃から雪という予報でしたが早朝の便なので大丈夫だろうと空港へ。空港につくと雪のためという事で条件付きになっていましたがまだ降り始めで大丈夫そうで搭乗口へ。
20190209_00__2

搭乗時刻も普通であり優先搭乗が始まり機内へ入るが、そこからが長かった。 その原因は2つあり雪が降っていたので凍結防止剤を吹き付けている事だが、それは出発時刻に合わせて遅れが出ないようにちゃんと作業してくれていたが、チェックインしてから搭乗しない不届き物が2名ほどいて、搭乗したのは出発時間の10分後くらいで、このために再び凍結防止剤の散布を行っていた。
20190209_00b__2

まぁ、ここで急ぐために省略されるより安全のために時間を取ってくれるのはありがたいけど。雪混じりの雨なので離陸風景はあまり良くなさそうだけどいちおう動画撮影。

長崎便は左側に富士山が見えるはずなのでFlightRadorで位置を確認しつついちおう撮影してみたらこんな感じの真っ白の中。
20190209_00c__2

その後も雲の上を飛んでいて長崎空港の着陸するために高度を下げていくとやっと地上風景が見えるようになってきたので着陸時の動画を撮影。 長崎空港は海上空港なので唐突に風景が見えたと思うとすぐに着陸。

いつもならスポットまで撮影をするのですが、この日は撮影していなかったFDAのシルバーがいい感じで駐機していたので中断して撮影。
20190209_00d__2

空港からはバスで長崎駅まで向かい駅の観光案内所でランタンフェスティバルのパンフレットを入手してから路面電車の1日券(500円)を購入。 この後はランタンフェスティバルと観光を織り交ぜて過ごすがこの報告ではフェスティバル以外のみ。
駅前から赤迫行きに乗り平和公園で降りて山王神社に行く。 ここは原爆の遺跡が残っている神社で「一本鳥居」と呼ばれていて、その鳥居がこれ。
20190209_01__2

爆心地に近い場所にあったこの鳥居は石造りで火災で燃えることはありませんでしたが爆風により片側の支柱と上部が半分倒壊してしまったので、倒壊した部分は近くに保存されている。
20190209_02__3

神社の入り口には2本の大きなクスの木があり被爆当時は焼かれてそのまま枯れるかと思われたが現在ではこのように復活しこの神社のシンボルになるとともに長崎市の天然記念物に指定されている。
20190209_03__2

本殿は原爆により完全に倒壊し再建されたものですが当時の形に再建されているそうです。
20190209_04_

近くには浦上天主堂がありここも爆心地に近く鐘楼の片側は破壊されて丘の上にある天主堂から崩れ落ちて遺構として残っていますが、前に長崎を訪れたときに訪問しているので今回は公園の「浦上天主堂が見える丘」からの遠望を。
20190209_05_

本当はもう少し上の位置に展望デッキがあるが何故か立ち入り禁止になっていたので道の少し下った位置からの撮影で少し木の枝が入り込んでしまった。
お昼近くになって来たので長崎と言えばチャンポンと思い浮かぶ通りフェスティバルのメイン会場を見つつ中華街で食べようと移動する。 しかし甘く見ていた!どこも人でいっぱいで選ぶどころではなくとりあえず入れるお店でチャンポンを食べる。
20190209_05b_

その後はフェスティバルを眺めつつ荷物が重いので一度ホテルへチェックインして夕方まで休憩し夕方からの一番フェスティバルが映える街中に写真撮影に出る。 灯がともり始めたランタンを撮影しながらオランダ坂通りを歩き鍋冠山に向かう。
20190209_06_

通りから見る横の通りはかなりの急坂で長崎は坂の街だという事がわかる。 長崎は世界三大夜景とか日本三大夜景とか言われていて稲佐山からの夜景が有名ですがロープウェイで上がる必要があり街中から少し離れているし、すでに撮影しているので今回は鍋冠山の展望台へ。
路面電車の石橋駅からグラバー園の第二ゲートに向かう無料のグラバースカイロードという斜行エレベータに乗ってから垂直エレベータに乗ってまずはゲートに向かう。 そこからはグラバー園のゲートに向かわずに鍋冠山公園の矢印に沿って進む。
そこから公園までの距離にしてはかなり長い間階段やら坂道やらを進みやっとたどり着いた展望台からの夜景は稲佐山とは違いまたこちらも素晴らしいもの。 まずは湾を大きく取り入れた構図。
20190209_07_

そして中華街などの街中を中心とした構図はこっちで、これもまたいい!
20190209_08_

そして3枚目はアングルを大きき換えて稲佐山の展望台と世界産業遺産のジャイアントカンチレバークレーンのライトアップを中心にした夜景。
20190209_10_

かなり寒くなってきたので山を下りて街中のフェスティバルの写真を撮影してからホテルへ。
夜遅くまで寒い外で行動していたので厚くした風呂でじんわりと体をほぐし温まったところでベッドへ入るとたちまち眠り込んで朝までぐっすり。

◇Day:2(2月10日)
ひと晩あけた次の日もフェスティバル見学ですが主なイベントは午後からなので午前中はそれ以外の観光をする。 まずはホテルの部屋からフロントに降りる時に撮影した長崎駅の写真。
20190210_01_

終着駅なので頭端式構造で写真の右側はプラットホームで駐車場の左側は留置線のようですね。

午前は前回の長崎訪問では行けなかった居留地の遺構と産業遺産を見に行く。 目指すは女神大橋の方でありバスで行くかと考えたがどうせ路面電車たくさん乗るだろうと1日券500円を購入し石橋行の路線に乗り大浦海岸通で下車する。 もう一つ先の大浦天主堂まで乗ってもよいのだが大浦海岸通から先が単線区間となり待ちが多くなるのでこれが正解。
海岸線に沿って進むが最初は住宅街に残る居留地との境を示す石柱。 ごく普通の民家の玄関の横にひっそりと石があり、いちおう昔の物だというのがわかるようになっている。
20190210_02_

このエリアはグラバー園の一帯で小高い丘になっているので海岸通りには坂を下る必要があり、その坂はこの「どんどん坂」
20190210_03_

この坂の写真の右側に煉瓦造りの門が写っているが、それはこのマリア園という養護施設の建物で1899年と今から100年以上も前に完成した建物とは思えない立派な物。
20190210_04_

そして海岸線をしばらく歩いてやっと到着したのは今回の目的の一つでもある小菅修船場の跡。
20190210_05_

グラバー園のグラバーが作った蒸気で船を上げる装置が有名でその建物は日本最古の煉瓦造りの小屋と言われている。
20190210_06_

ちなみにこの写真の右側のは近年になって造られた電気仕掛けのもので、これは世界遺産ではなく蒸気で持ち上げていたのは真ん中のこっち。
20190210_07_

チェーンもない時代で棒をつないで引っ張りある程度上がったら棒を1本抜いてというのを繰り返しで上げていたそうです。

ひと通り見た後は帰る途中で上から撮影。 このアングルがいちばんドックの状態がよくわかるが来た時は真ん中に案内の人が真っ赤なウィンドブレーカーを着ていてちょっとな!と思っていたので帰るときに多少横によけて欲しいとお願いしてやっと撮影できたのがこの写真です。
20190210_08_

帰りには昨夜夜景撮影で世界遺産のジャイアントカンチレバークレーンを撮影したが、今日は昼間のを撮影。 手前のLPG運搬船も非常に大きく迫力がある。
20190210_09__2

さらに歩き昼食は何を食べようかと考えているときにふと見ると長崎にも京浜急行が走っている?と勘違いする(笑)ようなデザインの路面電車が
20190210_10_

そして浜んまちアーケード街にある「トルコライス」の有名店である「ツル茶ん」に行くがお昼前なのにこの行列。
20190210_11_

回転が速そうだが並んでいるので向かいの居酒屋風なお店でランチ始めましたと書いてあったのでこちらを選択。
20190210_12_

お店は楽屋という名前で階段を上がったところで先客が待っていましたが、外ではないので待っていて頼んだのは海の近くでもあるので海鮮丼定食
20190210_13_

これがまた「当たり!」で税込み1000円の価格でしたがカラスミは乗っているし小鉢も美味しくて一つだけ残念だったのはエビが蒸しエビだったことくらいでしょうか。
昼食後はまたランタンフェスティバルを見学し空港に向かう前の最後に長崎大学に行く。 ここも爆心地に近く門柱が爆風で移動している。 正面から見るとそんなに違わないが、向かって右側は山の影になり爆風が直接当たらなかったのでゆがんでいない。
20190210_14_

そして左側は安全のために囲いがあり横から見るとこんな感じで傾いている。
20190210_15_

アップで撮影するとこういう風に浮いていてこの大きな石が爆風でこうなるなんて原爆の威力の大きさと、その威力が生身の人にもっと近くで浴びることになった事に言葉もでない。
20190210_16_

そろそろ時間なので空港に向かうために路面電車に乗ると古い車両でしたがクラリオンSPと懐かしいロゴを確認。
20190210_17_

トルコライスを食べなかったので空港到着後の夕食で注文。 ピラフの上のカツが載りスパゲッティが乗っているもので長崎のソウルフードとの事。
20190210_18_

食後は展望デッキに出て夜景を撮影してほぼ終了
20190210_19_

最後は搭乗口の案内を撮影してから機内へ。
20190210_20_

離陸や着陸の動画も撮影したがうまく撮影できなかった。 その理由の一つとして政治家のお偉いさんが前の席に乗り隣はSPという環境だったのも影響しているかも。

そしてランタンフェスティバルの報告に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »