« 3月のクルマ | トップページ | オリンピックのチケット抽選申し込みも始まったので »

2019年4月27日 (土)

思い立ったら京都奈良!(4月の旅行報告)

4月は最終週のGWに旅行をするのでおとなしくしているはずでしたが、急きょこの前行ったばかりの奈良に出かけてしま
いました。 出かけようと思い立った理由は
 ①CMの『奈良、長谷寺、ハレ詣で。』に見入ってしまった
 ②カメラの新しいレンズを入手してためし撮りしたかった
 ③新しいレンズ購入時の下取りが思ったより良くて準備したお金で余裕ができた
 ④新しいおもちゃ(レンズ)を買ったので小学生みたいにうれしくて朝早く目が覚めてしまった
という事で、なんと4時に目が覚めて眠れそうもないのでパソコンを立ち上げて奈良の長谷寺を検索すると意外と近いし、
そこの近くに「日本最古の道」という「山の辺の道」というウォーキングコース(17km)があり、それと長谷寺を
一緒にすると良さそうなコースなのでトートバックにカメラとタオルと水筒を入れて家を出る。
スマートExでも新幹線の指定席があったので予約し、帰りもそこそこ遅い時間で予約を入れておいた。
最寄り駅まで歩き町田から横浜線で新横浜まで行き新幹線ホームに出るとまだ8分ほど余裕。 前は改札でチケットを受け
取りなどが必要でしたが今はチケットレスで乗り換え改札でモバイルスイカをタッチすればよいので簡単。
001

しかし、この時間で山手線なみに「のぞみ」が来るってすごいですね。乗り込んでからは朝食用に購入したおにぎりを食べ
ひと眠りするともう京都。京都着は8時2分で改札を出るとすぐ前は近鉄の改札で最初の目的地の天理行きは22分発でかなり
余裕がある。
002
 いちおうホームで待っているが始発駅なのでちゃんと座れるので問題なし。
約1時間の乗車で天理駅に着き裏手のD51を撮影したのちに駅前広場の向うから天理駅を撮影。
003

天理は天理教のおひざ元でここをスタートに「山の辺の道」という日本最古と言われている街道を歩き、最後は長谷寺での
〆の予定。 ちなみにこの道の解説は ⇒ https://www.mahoroba-kan.jp/sightseeing_details8.html
天理の駅前とその付近は平地ですが「山の辺の道」は山と平地の境目を通っているのでまずは東に向かって進むと天理教の
本部建物に続く道路は広くて歩きやすそうですが横の道を行く。
004_

 さらに進んで天理教の建物が無くなったあたりから「山の辺の道」らしい風景となり、山に近づく事で少し登りになる。
20190420__01

この上り坂を登っていくと最初の目的地の石上神宮にたどり着く。 最初は石灯籠の間を進み
20190420__02__01

少しいくと大きな鳥居が現れ、これをくぐって神域に入る。
20190420__02__02

そして拝殿にお参りした後で写真を撮影。拝殿は檜皮葺の屋根を持ち平安時代末期の建物で国宝に指定されている。
20190420__02__03

石上神宮から先の「山の辺の道」は山すそに沿った道が続く。
20190420__04

小一時間歩くと「夜都伎神社」にたどり着く。 鳥居はコンクリート製の新しく作られたもので、皆素通りしていく。
20190420__06__01

しかし、この神社はちゃんと中に入って本殿を見なくてはならない神社でまずはお参りしてから写真を撮影。 本殿は
珍しい茅葺屋根で春日大社と深い関係があり面白いのは本殿のすぐ前に狛犬があり、普通はもう少し離れている場所に
あるものですが、この距離は初めて。
20190420__06__02

この道は日本最古の道で日本書紀にも乗っているそうで、それがわかるのは普通に歩いている道のそこら中に古墳がある。
原っぱのようなところの先に少し盛り上がっているのは「波多子塚古墳」
20190420__07_

そして民家のすぐ横の庭の築庭のような盛り上がりも立派な古墳で「西山塚古墳」
20190420__08_

果樹園の中にちょっと盛り上がっているのは「燈籠山古墳」
20190420__09_

柳本駅のあたりまで来て道を少し外れ長岳寺に行く。お寺の楼門は日本最古の鐘楼門でこのお寺を弘法大師が開いた時の
建物で重要文化財に指定されている。
20190420__10__03

旧地蔵院は重要文化財で室町時代の書院造の建物の中に入ることが出来、その時代の庭も鑑賞する事が出来る。
20190420__10__02

本堂の横には花が咲いていて、正面からの写真では右側の工事している部分がちょっとアレなので、この角度で撮影。
20190420__10__04

本堂の中には阿弥陀如来様と観世音菩薩様の2体が安置されていて、いずれも重要文化財ですが写真撮影は禁止で目に焼き付ける。少し上がった所には拝堂がありこちらもお参りする。
20190420__10__05

長岳寺を出て元の持ちに戻り少し進むと濠をめぐらした前方後円墳で天皇陵としては最古と言われるの崇神天皇陵に着く。
20190420__11__01

濠で全部囲まれているわけではなく橋のような堤防が陵墓につながっていてマムシ注意の看板より隣の宮内庁の立ち入り
禁止の看板の方が威厳があって入れないね。崇神天皇は10代の天皇で西暦でいうとBC97年に生まれBC30年に亡くなったとの
事ですが、日本の天皇制が古代から続いていることに諸外国から尊敬されている所でもありますね。 ちなみに平成の今生
天皇は125代目です。
20190420__11__02

崇神天皇陵から10分歩くと景行天皇陵が見えてくる。少し遠くから撮影したのがこの写真で菜の花の時期で花がアクセント。
20190420__12__01
ここも濠がめぐらせてあり同じように土手でつながっている。景行天皇は西暦71年~130年頃の天皇で日本武尊の父と言わ
れています。
20190420__12__02 

景行天皇陵を後にして40分ほど歩くと檜原神社に着く。この神社はこの後に訪問する大神神社の摂社で鳥居は注連縄。
20190420__13__01

そしてご本殿は拝殿はというとありません。後ろの「三輪山」がご神体のため、普通は本殿に祭られている神様を直接見る
事は出来ず手前の拝殿にお参りするのですが、ここは「山」がご神体のため直接見てお参りできる。
20190420__13__02

再び「山の辺の道」を行くが両側の木々が日陰を作り出してくれて暑くなって来たのでとてもありがたい。
20190420__14

この林を抜けてほんの少し歩くいたところに「玄賓庵」というのがある。その名の通り俗字を嫌った玄賓が隠棲した庵で平安
初期のものですが、実際には明治に現在の所に移されたもの。
20190420__15__02

ほんの少し歩くとここも大神神社の摂社の狭井神社に到着。 大きな鳥居をくぐって
20190420__16__01

階段の先にはここも注連縄の鳥居があり、そこをくぐる
20190420__16__03

くぐった先にはご神体である三輪山に登拝することが出来その申込所がある。普通はご神体は見ることもできないはずですが
禁足の山でしたが要望が高く申し込みをする事で入ることができるようになったとの事ですが飲食禁止で写真撮影も禁止で
さらに厳しい山を登るという事で修業に近いですね。
20190420__16__04

狭井神社から10分歩くと大神神社(おおみわじんじゃ)がある。二の鳥居をくぐって
20190420__17__01

その先には注連縄がかかった鳥居があり、くぐると拝殿
20190420__17__02

ご神体は三輪山で檜原神社には拝殿がありませんでしたが大神神社には立派な拝殿がありました。
20190420__17__03

この拝殿の奥には普通なら本殿がありますがご神体が山なので神殿はありません。屋根の所には金ぴかに輝く菊の御紋があり
この拝殿は徳川家綱公が再建したと伝えられています。
20190420__17__06

境内には大きな杉の木があり、大物主大神の化身の白蛇が棲んでいると言われるご神木の巳の神杉で卵がお供えされている。
20190420__17__05

さらに10分歩くと平等寺。平等寺は聖徳太子が開いたと言われるお寺で山門は少しコンパクト
20190420__18__01

本堂は昭和の終わりの頃に再建されていて本尊の十一面観音や薬師如来や阿弥陀如来が安置されている。
20190420__18__02

奥の小高くなっているところに不動堂があり、弘法大師の自作と伝えられる三輪不動尊が安置されている。
20190420__18__03

その横には平成になって800年ぶりに再建された二重の塔がある。この写真では見えにくいが左には五百羅漢像がある。
20190420__18__04

そろそろ桜井駅に近くなり普通の民家も多くなってきたところで、最後は金屋の石仏。小さなお堂だけがある。
20190420__19__01

中には古墳の石棺の蓋を使って浮彫をしたと言われ、釈迦如来像と弥勒菩薩像の2枚の石板が収められている。いずれも平安
時代から鎌倉時代の作と伝えられています。
20190420__19__02

山の辺の道と言われている散策路は桜井で終わりで、次は今日の一番の目的地の長谷寺へ行く。入山料を収めて最初は仁王門
明治時代に再建されたもので逆光になってしまったので写真の出来はいまいち。
20190420__20__01

仁王門をくぐると本堂に続く登廊で399段の階段になっていて上中下の3っつに分かれいずれも明治時代に再建されたもので
遠近感を説明する解説のようなアングルで撮影してみた。
20190420__20__03

399段を登りきると本堂に到着し、その本堂の手前には鐘楼があるがほとんどの人が素通り。なぜなら鐘は天井にあるから。
20190420__20__05

鐘楼の先は本堂への入り口。通常は入り口から左に曲がり拝観するのですが丁度特別拝観の期間であり特別拝観料を収める
事で直接拝観できる。 さらにここの本尊の十一面観音菩薩のおみ足に直接触れて「ご縁」を結べる。
20190420__20__06

特別拝観は入り口で五色線を授受されこれを手首につけた後に手のひらにお香を塗り込む。五色は五つの智慧を表す白・赤
黄・青・黒で以降もこれを身に着けると仏さまと御縁が結ばれるという事で、こんな感じです(腕は見苦しいですね)
Image1

そして長谷寺の本堂はこういう感じで同じように五色の布が掛かっている。
20190420__20__08

そしてこの写真を撮影したのは断崖絶壁に作られた本堂を懸造りされたところからで、京都の清水の舞台と同じ造り。
20190420__20__07

本堂から左を見ると少し離れたところに五重の塔が見える。
20190420__20__10

本堂を後にして五重の塔へ回る。戦後の最初に建てられた五重塔で昭和の名塔と言われているそうで近くには桜の木があり
満開の時期はいい絵になりそうですがすでに散っていたので別の角度から写真を撮影。
20190420__21__10

少し下って本坊に行く。 本坊の入り口の門をくぐって中に入る
20190420__21__11

中に入ると右手には後続のお手植えの松がずっと並び左はボタンの花壇になっている。 正面は本坊。
20190420__21__12

本坊の中には入れないが廊下の向うの庭が見えていて、暗さの中の庭の赤い木々がいい感じで撮影してみました。
20190420__21__13

そして振り返ると先ほどの本堂がほぼ正面から見えるので撮影しました。断崖絶壁に立っているというのがよくわかります。
20190420__21__14

長谷寺を出て参道の両側のお店を長めならがゆっくりと近鉄の長谷寺駅まで歩き、長谷寺で今回のウォーキングは終了。
20190420__22__01

長谷寺駅から大和八木で乗り換え京都まではすぐ。帰りの新幹線は遅いのを予約していて京都のひとつ前の東寺で降りて少し
お参りをしてから京都で夕食を食べて戻る予定でした。 有名なお寺なので五重の塔のライトアップなども行われていると
思いましたが17時で拝観終了との事で京都駅まで戻る。
時間が早くなりそうなのでスマホで予約を早い時間に変更しまずは京都駅を撮影。
20190420__23__02

鉄骨造りの造形美が美しく、後ろを見ると有名なイルミネーションの階段がある。
20190420__23__03

外にでると京都で一番高い建物と言われている京都タワーがどんと立っていた。
20190420__23__04

少しお土産を買い、車内での夕食の弁当を購入し帰宅。 京都なら朝の8時から21時頃まで日帰りで行動できるので天気の
状況などを確認し思い立ったら『そうだ京都へ行こう!』が簡単にできそう。 スマホでのスマートEXは直前まで予約が
出来るし、チケットの発行も必要なくモバイルsuicaでタッチするだけで乗れるのでとっても便利!

あぁ、平成の事を平成の間にまとめられてよかった。次は平成と令和をまたがる行動の報告ですね。

 

|

« 3月のクルマ | トップページ | オリンピックのチケット抽選申し込みも始まったので »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月のクルマ | トップページ | オリンピックのチケット抽選申し込みも始まったので »