« GWの秋田旅行の報告(3) | トップページ | GWの秋田旅行の報告(5):最終回 »

2019年5月26日 (日)

GWの秋田旅行の報告(4)

  おおよその行程と行く前に立てた計画はこんな感じでしたが実際にどうなったかは写真と共に
 Day1:羽田⇒秋田⇒角館⇒田沢湖⇒盛岡(泊)
 Day2:盛岡⇒八幡平頂上⇒小坂⇒大舘(泊)
 Day3:大舘⇒二ツ井⇒能代⇒大舘村⇒秋田(泊)
 Day4:秋田⇒男鹿半島⇒秋田(泊)
 Day5:秋田⇒鳥海山⇒秋田⇒羽田

◇Day:4(令和初日)
4日目は秋田市内のホテル連泊で5日目の行程と交換も可能で鳥海山ブルーラインは昨年の秋に行ったが雨と霧で景色が
見えなかったので今回は絶対にみたい。 天気予報では今日はあまり良くなく明日の方が回復する予報なので当初の計画
通りに男鹿半島の観光に行く事にした。
最初は男鹿半島の根元にある寒風山目指して行く。ナビの指示に従って走っていると大きな「なまはげ」が2体見えてきて
写真を撮るために寄ってみた。近くで見るととても巨大でさらに空が白く冬の雪空を想像させる。
20190501_01__01

ちょっと視界が悪そうで寒風山をパスするかどうか考えたが通り道でもあり登る道も有料道路ではないので行ってみる。
着いてみるとやはり雲というか霧というかで見通しが良くない。音だけはよく聞こえ男鹿線の走行音だけ聞こえてくる。
20190501_02__01

回りが良く見える有料の展望施設もあるけど当然見えないので入らない!
20190501_02__02

男鹿半島と言えば「なまはげ」なので男鹿真山伝承館を目指す。 真山には神社・なまはげ館・伝承館と見どころがある
が最初に真山神社にお参りに行く。まずは山門
20190501_03__01

山門をくぐると比較的長い階段が見えて、半分くらい登ると本殿が見えてくる
20190501_03__03

本殿は比較的コンパクトでまずはここにお参りをする。
20190501_03__04

本殿の左側にはさらに上に登る階段がある
20190501_03__05

階段を登ると五社殿があり、ここにもお参り
そして「なまはげの館」に入場。 「なまはげ」は男鹿半島のあちこちの集落毎にあり、そのお面なども様々
20190501_04__01

こっちサイドにも恐ろしいお面のなまはげが
20190501_04__02

これらは実際に使われていたもので、110体の多種多様ななまはげのお面が勢ぞろい。中でも怖いのは別にあったこれ
20190501_04__05

予約した時間の少し前になまはげ伝承館に行く。早めにいくのはその前の回の行列を見たからで、できるだけ良い場所で
見たいと思い前方に並ぶ。
20190501_05__02

時間になり最前列に陣取ることができて、そこでなまはげの実演が始まる。 左の御主人がこの館の主人役
20190501_05__00

そしてこちらが館に来たなまはげで、この地域は2人組で来る。 なまはげの前には御膳が準備される。
20190501_05__01

そして、この場面になる前の動画を撮影したので紹介します。 足踏みの回数や先立が来てその話などを聞いてください。

真山を堪能した後はお昼も近くなってきたので入道崎へ行く。岬周辺の店では「生うに」を使った丼が食べられるので、少し
早いが混む前にみさき食堂に入る。 しかし不漁だったとの事で提供数がすくなく「生うに丼」は売り切れで、代わりに
海鮮丼を注文したが、これも豪華で少し入ったウニも抜群の美味しさ
20190501_06__04

食後は入道崎灯台に行き入場料を払って灯台に登り景色を眺めるが天気がいまいち
20190501_07__01

灯台から見た景色は平らな草原のようなエリアとごつごつした岩場の両方があり、まずは平らな方に行き写真を撮影
20190501_07__02

次は岩場の方に行き撮影する。 左手には海に降りる道があり、そこからは海からみる遊覧船が出ている
20190501_07__04

入道崎の観光をした後は男鹿半島の珍しい景色が眺められる八望台に立ち寄る。八望台は寒風山同様に男鹿半島屈指の
景色が眺められる場所ですが、天気がいまいちでしたが二の目潟と戸賀湾を入れた写真を撮影。
20190501_08__01

ひし形にも見えるが実際は丸い形で昔の噴火口の跡に水が貯まったもので近くには一の目、三の目もある。男鹿半島の西の
海岸線は急に海に落ち込んでいて男らしい景色が多く見られ車を停められた場所で撮影。
20190501_09__01

次は男鹿半島観光でポイントにしていた赤神神社。あまり有名では無いようですが「なまはげ」に関わり合いのある鬼に
まつわる神社でそれは写真と共に説明。 まずは駐車場からすぐ近くの鳥居
20190501_10__01

この鳥居から階段が続いているのがわかり、実際の階段は石段でこういう感じの段が続く
20190501_10__02

上の方では綺麗な階段ではなく大きな石を並べたようになってくる
20190501_10__03

そして上の鳥居が見えてくるとほぼ平坦になってくる
20190501_10__04

平坦になっても石が敷き詰められて石畳のようになっている
20190501_10__05

この石段がポイントで「なまはげ」は武帝が連れて来た鬼がその元という伝説があり、その鬼が乱暴をするので村人が
「一晩で神社に続く石段を1000段作ったら娘を差し出す」という約束で、実際に鬼は石段を造り999段まで行ったところで
村人が鳥の鳴き声を真似して朝を知らせ、それを聞いた鬼は山に入りなまはげになったという伝説がある。
その伝説の通りに999段あるのかはわからないがかなり急だったり歩きにくい石段を登った先には五社堂がある。
20190501_10__06

この五社堂は国の重要文化財に指定されていて入母屋造りの社殿が横に並び山の上にこのようなのがあるというのはきつい
石段を登ってこなくてはならないので、昇ってよかったと思う瞬間。順番にお参りした後に石段を下るが、雨が降った後で
登るより下りの方が怖いね。
そして男鹿半島の最後の観光はTVのCMでもやっていたゴジラ岩。夕焼けの時のゴジラ岩が有名ですが実際に行ってみると
ゴジラに似てなくもないという感じで、ゴジラ岩と言えば知床はウトロのゴジラ岩の方が似ている気がする。
20190501_11__02

この一帯は岩場で色々な岩が沢山あるけど一番珍しいと思ったのはこの部分で、違う種類のが割れ間から貫入したような
感じで昔の火山活動によるものかもしれない。
20190501_11__05

ホテルに戻り久保田城址のある千秋公園を散歩してから秋田駅でお土産を買い夕食に川反の郷土料理に行こうとしたが、
確か水曜はお休みと聞いたので駅で夕食用のお弁当を購入しホテルで食べ、この日は終了。

4日目の移動距離は167kmで歩数は18,736歩

|

« GWの秋田旅行の報告(3) | トップページ | GWの秋田旅行の報告(5):最終回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GWの秋田旅行の報告(3) | トップページ | GWの秋田旅行の報告(5):最終回 »