« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月23日 (月)

2019年のベスト(日本の風景編)

今年も日本のあちこちを旅してきれいな景色や珍しい景色などを撮影してきました。 ベスト10と思ったのですが絞るのが大変でベスト20にしてみました。

(1)利尻富士と姫沼
10月に旅した利尻島で早朝の逆さ富士を狙いに姫沼まで出かけて撮影したもので、天気も良く風もなかったので湖は見事に鏡のようになっていて、手前の紅葉の森とその向こうの利尻富士を綺麗に撮影することができました。
V01


(2)岩手山と小岩井農場の桜
GWに秋田を旅行した時に角館の桜を見た後のルートで岩手の盛岡に宿泊しホテルから見た岩手山が綺麗だったので予定を変更して小岩井農場に立ち寄り一本桜とのコラボを見に行きましたが、一本桜はすでに花がなくこちらの方がきれいに残っていていい感じの写真が撮影できました。
V02


(3)与那国馬@東崎
1月に日本最西端の与那国島を旅した時、島のあちこちにいる与那国馬を撮影しましたが東崎(あがりざき)は少し標高の高い場所に広い草原があり後ろの海をバックに草を食んでいるのかいい感じでした。
V03


(4)ドラゴンアイ@八幡平
GWに八幡平に登った時には雪が沢山積もっていて一面の雪原でした。ドラゴンアイは一度見に行きたい場所でしたがこの時に様子がわかり新聞の記事で開眼し始めたという事で急遽日帰りで行きました。天気が良いはずでしたが朝早くは曇り空で八幡平の散策をし雲が少なくなった時にやっと撮影しました。
V04


(5)知床五湖の地上歩道
知床五湖の木道は歩いたことがありますが地上歩道はヒグマの領域で時期が限られるのでなかなか行けていませんでした。9~10月の出張がなくなったのでやっと行くことができ、知床連山が湖に写るきれいな景色を堪能できました。
V05


(6)ランタンフェスティバル
長崎のランタンフェスティバルは開催時期が2月で出張が必ずある時期で行きたくてもいけなかったお祭りでやっと行くことができました。町中がランタンで飾られその色が原色で綺麗でしたが夜はさらに明かりが灯り綺麗でした。
V06


(7)春日大社
3月に奈良を旅行した時に春日大社で撮影しました。どこも人が多く騒がしい感じでしたが春日大社から若宮神社への道は人が少なく緑の多いなか神官の緑の衣がいい感じで雰囲気の良い写真となりました。
V07


(8)大うず潮
鳴門の渦潮は潮の満ち引きでできますが大潮の時期がうずの大きさも大きくなるとの事で、その時期に近い日時に行ってみました。空港からレンタカーで淡路島にわたりそこから観光船に乗船しての観測で大鳴門橋とうず潮のコラボを撮影することができました。
V08


(9)軍艦岩
与那国島には浜辺もいくつかありますが断崖絶壁となっている海岸線も多くその海岸線のひとつにサンニヌ台があり、その先端には軍艦岩と呼ばれる岩場があります。ここからみた景色は青い海の中から浮上してきた潜水艦のように見えました。
V09


(10)サンゴ草の紅葉
網走の近くの能取湖にはサンゴ草の群生があり秋の時期に真っ赤に染まる景色が有名で時期的に行けなかった場所のひとつで知床への旅行の時にやっと行くことができました。 少し曇りの方が赤が映えるみたいですが赤と空の青と雲の白さがいい感じでした。
V10


(11)蔦沼
八甲田山の近くにある蔦沼は紅葉の時期の風景が有名ですが夏でも緑が鏡になった水面に映り込みとても綺麗です。 風がなく静寂な山中でとても優雅な時間を過ごせます。
V11


(12)長崎の夜景
以前に長崎の夜景を撮影したのは稲佐山の頂上展望台からでしたがもう一か所夜景を楽しめる場所があり、それがこの鍋冠山からの夜景で稲佐山と比べると距離が近いのか高度が低いのかより一層綺麗な夜景に思えます。
V12


(13)法隆寺
法隆寺の五重の塔は世界最古の木造の塔と言われており、それが見えてきたときに向こうからお坊様が歩いてこられいい感じの風景となったので思わずシャッターを押しました。
V13


(14)鍋ケ滝
熊本の阿蘇カルデラにより作られた滝で落差はありませんが滝の裏側も通れ幅は広くスローシャッターで写すと滝がカーテン状になりとても綺麗な景色です。
V14


(15)伊根の舟屋
京都の日本海側の丹後半島の先端の伊根町には大きな入り江がありその入り江の海岸線には家がびっしりと立ち並び、それぞれの家には船が入る車庫?がある造りとなっていて、海から観光船から見たのがこの景色です。
V15


(16)熊野磨崖仏
熊野というと紀伊半島を思い起こしますが大分の石仏群の一つで国東半島にあります。 駐車場から乱雑な石段を登って行った先にあり崖の大きな岩を削って作られた閻魔様は少しやさしい顔をしています。この磨崖仏への石段は99段あり鬼が築いたという伝説があり100段の約束を果たせなかったという事になっていますが、秋田の男鹿半島にも999段の石段の伝説があり、同じようなのが北と南にあるというのが面白かったです。
V16


(17)仙法志公園からの利尻富士
利尻島のど真ん中には利尻富士があり、島の全周から見ることができ利尻十六景と言われ島の16か所の絶景スポットがあり有名なのはオタトマリ沼や姫沼ですが昼間のきれいなのはこの仙法志公園のように思えました。 島の真ん中に山があるので海とのコラボはなかなか撮影できないのですが、ここだけは岬になっているので角度で海を手前に入れることができました。
V17


(18)角館の武家屋敷と枝垂れ桜
角館の武家屋敷群の黒塀と枝垂れ桜のピンクの対比は綺麗でGWにこれを目的に旅行しました。年により開花時期がずれるのでどうかな?と思いましたが満開の時期にドンピシャでしたが一番有名な場所は人が多く少し離れた場所にあるこの写真が一番だったかもしれません。
V18


(19)両子寺の仁王門
両子寺は以前に一度訪れていますが再び行きました。国東半島は石仏文化で石仏が沢山ある場所として有名でその国東半島最大の石像がこの仁王様で両側の杉の木立をバックに石段の手前にすくっ!と立っている姿は見事です。
普通は一度行ったところはなかなか足を運ばないのですがここは何度でも行ってみたくなる場所です。
V19



(20)利尻の星空
最後は利尻島で撮影した星空で、オタトマリ沼で撮影したもので利尻富士と天の川のコラボをするのに画角と向きが難しくやっと撮影できたのでこの写真です。
V20


| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

2019年のベスト(食べ物編)

次のまとめは旅先などで食べた食事などで美味しかったもののベスト10を紹介
(1)平成最後の食事@秋田
平成最後は好物をという事で秋田旅行中に食べたうな重です。川反にある「つね屋」というお店で食べたもので、うなぎは高くなり食べるチャンスも少なくなっていて、久しぶりでもあったし大きくてふっくらとした仕上がりは最高でした。
E01

(2)うに釜めし@利尻島
利尻島を観光した時に宿泊したホテルの夕食で出てきた逸品。利尻のウニ漁の時期は9月までで10月に旅した時は生うにはない時期ですがそれ以外でもうにづくしの食事で中でもこのうに釜めしが味が濃縮していてとても美味しかったです。
ちなみに宿泊したのは「うに御殿」というホテルです!
E02


(3)カジキの刺身@与那国島
日本の再西端の与那国島を旅した時に食べたもので、カジキマグロは与那国の名産でその刺身はとても新鮮で美味しくレモンに挟まれたのは酸味がアクセントとなり堪能しました。 右側はモズクの天ぷらです。
E03


(4)海鮮丼@三陸海岸
石巻で見つけたお店で食べた海鮮丼。道路沿いの普通の食堂のようでしたがくじら丼などもありなかなか。くじらはある年齢以上だと子どものころにさんざん食べた食材で懐かしさがある。 それだけではという事で海鮮丼にしましたが、くじらも2切れ入っていて大満足でした。 写真では時計の9時の所にある白いのが鯨です。
E04


(5)うな重@日田
大分県の日田市もうなぎが有名な町で11月に由布院(湯布院)に宿泊した次の日に熊本鍋ケ滝を見た後に昼食を食べに立ち寄りました。昔の街並みが残る豆田町を散歩してみつけたお店がウナギがあるので入ってメニューを見て「当店のウナギは鹿児島産です」と書いてありちょっと・・・でしたが鹿児島もウナギの名産地なのでちゅうもんしましたが美味しかったです。
E05


(6)わかなそば@与那国島
数少ない与那国観光ガイドなどでも紹介されているお店ですが一人でやっているとの事で待ち時間が長いという情報もあり諦めていたお店です。幸か不幸か帰りの飛行機が欠航で夜の時間に振替になったために時間ができ行くことができました。
近くのサトウキビ収穫で多くの人が手伝っていてその昼食時間と合致したので小一時間待ちましたが美味しかったです。少し塩味が濃かったのは汗を流す地域だからかもしれません。
E06


(7)ちらし寿司@宙
大分空港の中にある寿司やですが本格的な寿司が食べられる場所で、にぎりも良さそうだったのですがそれ以上にちらし寿司が美味しそうで注文しましたが、空港内のお店とは思えない本格的な味で美味しかったです。
E07


(8)うなぎのセイロ蒸し&鰻巻@柳川
柳川の川下りを楽しんだ後に柳川=うなぎという事で探して入ったお店は「うなぎのセイロ蒸し発祥の店」とありうな重ではなくセイロ蒸しを頼みました。JALのダイナミックパッケージで川下りのオプションが100円だったので浮いた分で鰻巻も頼んで大満足でした。
E08


(9)海鮮丼ぶり膳@長崎
ランチタイムサービスで提供されていたもので、これで1000円とコストパフォーマンスが最高で味もとても良かったです。さすがに長崎は海鮮が豊富ですね
E09


(10)うどんと押し寿司
3月に奈良旅行をしたときに大仏鉄道の廃線跡をウォーキングした時に、スタート地点の加茂駅でルートを見た時に途中で食べるところは無さそうなので駅前にあった普通の食堂に入ったら、持ち帰り用のお寿司がたくさん置いてあり店内で食べるのはうどんだけで肉うどんを頼み持ち帰り用の押し寿司を食べましたが、このうどんの出汁がすごく美味しく簡易的なお店とは思えない味で感動しました。
E10


| | コメント (0)

2019年のベスト(飛行機編)

2019年は鉄活動が少なかったので「飛行機編」と「日本風景編」と「食べ物編」の3っつ。
まずは飛行機編の紹介。
(1)JA01XJ
JALが導入した初めてのエアバスA350の初号機。いままでもJALの翼としてエアバスは運航していたことがありますが、それは経営統合したJASから移管した機材。 新造機としては初めてで最新鋭の機種。
これに乗るために福岡旅行を計画し初号機に乗って福岡へ移動し一泊し、次の日の天気の良いところでの機材写真を撮影。
Air01

(2)ARASHI JET
嵐が活動休止を発表するなど嵐の話題が多かった年。活動を始めてから20年という事でJALのCMをやっている嵐のデビュー当時の顔と今の顔を描いた特別塗装機。今年導入したエアバスA350の4号機が普通塗装で運航を始め姿が見えないと思っていたらこういう姿で帰ってきました。
Air02


(3)小型プロペラ機(ATR)
JALグループで運航している機材でエアバスグループの航空機製造会社でこの機材はATR-42-600。日本エアーコミュータが導入したもので最初は鹿児島とかの南の路線で導入されたのでハイビスカスのイラストが描かれています。
この機材に乗るときに前方の座席が空いていていつものように予約しましたが写真でもわかるように乗降ドアは最後尾についていて降機で一番早いのは最後尾というおちが。高翼機であり地上の風景が良く見える構造ですが行きも帰りも曇り空で地上風景が見えずに残念でした。
Air03


(4)小型プロペラ機(SAAB)
JALグループの北海道エアシステムで使用している機材で低翌機のため地上の眺めはあまりよくありません。そこそこ古い機材でATRへの置き換えが発表されていてその初号機は2019年12月に受領の予定です。HACは乗る機会も少ないしもうすぐなくなるという事で乗ってきました。
Air04


(5)小型プロペラ機(ボンバルディア)
小型プロペラ機の最後はボンバルディアのDHC-8-Q400のCCです。再西端の与那国路線に投入されている琉球エアーコミュータの機材でCCはカーゴコンビで後半部分の貨物室が大きくなっていて、与那国名産のカジキマグロの出荷に活躍しています。 高翌機なので地上風景が良く見えました。
Air06


(6)ウルトラマンJET
JALグループの日本トランスオーシャン航空の特別塗装機で通称ウルトラマンジェットです。トランスオーシャン航空は羽田の発着時間が撮影に適した時間でないのでなかなか撮影できませんでしたが、早朝の飛行機に乗るために羽田に行ったときにうまい具合に目の前を通っていったので撮影できました。
Air05


(7)こどもちゃれんじ
ベネッセの「こどもちゃれんじ」の「しまじろう」が描かれたしまじろうジェットを撮影しました。前に紹介した嵐やウルトラマンと比べて派手ではないのであまり話題となっていませんでしたね。
Air07


(8)FDAのシルバー
FDAは機材の色がとても派手な会社で、1号機からレッド⇒ライトブルー⇒ピンク⇒グリーン⇒オレンジ⇒パープル⇒イエロー⇒ティーグリーン⇒ゴールドと来て10号機で少し落ち着いたシルバーになり、そのシルバーの機材を撮影しました。
他にもホワイト(文字が赤で派手)やネイビーやワインレッドなど派手な色ばかりです。
Air08


(9)Fightersジェット
SKYMARKはスポーツとコラボした特殊塗装の機材が多く、タイガースやサッカーのヴィッセルの塗装など色々ありますが、今年の一枚としてはヴィッセル神戸も考えたのですがデザインが翼で見にくい写真しかなかったのでこちらを選定。
Air09


(10)最後は特殊な写真
最後は特殊なアングルからの写真でエアバスA350に初搭乗した時に撮影したもので、この機材はパーソナルビデオがついていて機外のカメラ映像を写すことができます。 機体の下や先頭の映像は時々あり機内モニターで写されることもありますが垂直尾翼に取り付けたカメラからのアングルは新鮮でした。
Air10


| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »