2019年7月27日 (土)

京都の日本海側を観光(2)

天気は1日目と比べてあまり変わり映えがしませんが、次回来ることを考えると一通り回ってポイントを調べると
いうのも目的の一つだしほぼ計画通り回ることにした。京都の北部と書いていますが兵庫県も多いです。

◇Day:2(7月14日)
朝食はホテルのバイキングで食べまずは「但馬こうのとり空港」の愛称のついている「こうのとり」に関する所を
見に行くことにする。 いったのは繁殖センターにあたりをつけていったが、そこの公開は終わっていて今は別の
場所になっているらしいが少し遠いのであきらめ、センター近くの田圃にあるこうのとりの巣になるポールを撮影
してみた。 電柱の上にお皿のようなのがあり、そこに草らしきものが乱雑にあるので本当に巣として使っていた
のかもしれない。
1620190714__011

次は160万年前の地球のすごさがわかる玄武洞公園でいちばん大きな玄武洞のほかにも青龍洞・白虎洞・朱雀堂(南北)
などがあり、溶岩が冷えて固まり柱のような割れ目ができたのが柱状節理で北海道の層雲峡が有名で映画で有名な
デビルズタワーも柱状節理の地形です。 その玄武洞公園の名前の元になった玄武洞は圧巻の大きさ。
1720190714__01

縦の柱や横の柱など色々な方向の柱が見られ国の天然記念物になっていますが、かつてはこの四角な柱が加工しやすく
石切り場とされていてここの石が使われている場所もあるそうです。 右側の壁際は柱の頭が並んで亀の甲羅のような
部分も見られ、ここの玄武洞の名前から玄武岩という意思の名称がついたともいわれています。
この玄武洞の右側に200mほど歩いてい行くと青龍堂があり、こちらは綺麗な柱状の節理が見られる。
1720190714___03

白虎洞は横向きの節理が見られる場所で左側の壁は柱の頭がずらっと並んだ様子が見られる。
1720190714___04

そしていちばん外れた所に南北朱雀洞があり柱状の部分はフェンスで仕切られて近くでは見られないが、南北の間の
所は柱状節理の頭の部分がすぐ近くで触れるし良く見られる。
柱状節理の場所は東尋坊などは上に乗ってあるけるし触ってもすぐに駄目になるものでもないので立ち入り禁止に
なっているのは崩壊で崩れる可能性があるからでしょう。
1720190714___05

火山活動によるものを目の当たりにして凄さを感じた後に海岸線にあるのを見るために向かう。途中は志賀直哉の小説
にもある「城崎にて」の舞台の城崎温泉を通る。 道は狭く車も駐車できないので徐行してちょっと停車した時に町の
風景を撮影。
1820190714__01

川沿いに柳が植えられていて雰囲気のある温泉街で朝から浴衣を着て温泉のはしごをしている人たちが沢山いた。
日本海側に出て山陰海岸ジオパークを見ることにするが、最初は西に向かって「はさかり岩」を見る。
1920190714__02

尖った石の間に丸い岩が挟まって奇妙な風景となっている。海岸線にへばりつくような国道にちょっとある駐車帯に
車を止めての撮影でいいアングルではないが様子はよくわかる。
海岸線を東に向かって進むと道路に小さな看板があり『子午線公園』とあり子午線といえば日本の標準時の経度の
事でちょっと見に行ってみると、公園とは言え子午線を示すオブジェがあるだけだったが、この時点の地球の時間と
自分の時計があっているかと思うと不思議な感じ。
2020190714__011

次に有名なのは琴引浜ですが夏で海水浴シーズンでもあるので駐車場もいっぱいで浜辺も人が多く風景写真として
撮影しても面白くないので先に進むと「城島」という案内でちょっと不思議な地形があったので寄ってみる。
2120190714__03

岬の先端にちょっとした岩の島があり、岩は火山活動の跡がむき出しのようで魚も沢山いそうな感じで釣りをしている
人が多い。
2120190714__04

島自体は大きくなくすぐに探索を終えて一番の目的の立岩に向かう。 竹野川という川の河口にあり片方はオート
キャンプ場になっていて反対は観光の駐車場のようで4~5台の車が止められるが着いたときは1台だけで駐車
し、戻ったら満車だった。 立岩はこのような立派なもの。
2220190714__02

近寄るとこの旅行でよく見る柱状節理のかたまりで砂州が伸びていて岩にも上がれるようで鳥居が見えている。
2220190714__05

岩は巨大で大きさがよくわかるような写真が撮影できないかとナビを見ると少し先に小高い丘があり遺跡とあるので
そこには駐車場があるだろうと行ってみると駐車場がありそこから撮影してみると立岩の巨大さがわかる。
2220190714__06

次は屏風岩でいちばん近い場所は民有地(畑)になっていて国道からでは見えないが、少し進んだところには屏風岩
展望台というちょっとした駐車帯がありそこからも見えたので撮影。
2320190714__01

本当に屏風のような岩が海から突き出ているのがわかる。 そして丹後半島の突端の経ヶ岬に行く。ここには有名な
灯台がありその灯台は崖のはるか下で切り出した岩を持ち上げて作られたもので、どっしりとした造り。
2420190714__01

灯台からの途中の展望所からは海までの高さがわかり、この距離を石を持ち上げたのかと思うと大変な努力をしていた
のだというのがわかる。
2520190714__021

駐車場の戻り案内板を見ると「灯台が見える場所」というのが駐車場の一角にあり、そこに行って撮影してみ次の場所
へ行こうとしてみると、その場所は占領されていた(笑)
2520190714__03

昼をだいぶ過ぎていたが昼食をとれるようなところは全くなくコンビニもないので「昼抜きかな?」と思っていたが
浦入という集落に入る道のところに小さな「漁港めし」という看板があり降りて行ってみる事にする。降りると狭い
道の両側に家が並びお店は見当たらない。
2620190714__01

Uターンするにも狭いので港まで行けばできるかと行ってみると、本当に漁港にお店があった。
2620190714__02

ここで注文をして反対の水揚げの施設に並んだ簡易テーブルで食べるスタイルのよう。
2620190714__03

あるのは「漁港めし」という定食のみでそれを注文したが食べきれないほどの量が出てきた。
2620190714__04

刺身に焼き魚にいかの煮つけに・・・、これだけで食べきれない?と思うのでしょうが少し後に「天ぷらお持ちしました」
と大盛りの天ぷらが届き、全部食べたら歩くのも苦しいくらいだった。
2620190714__05

丹後半島も一通り回ったので、但馬こうのとり空港に向かって残りの時間を観光することにする。昨日の天橋立の観光の時
に駐車場が込んでいて入れなかった元伊勢 籠神社に行く。 ここは伊勢神宮の外宮があったというような伝承がある。
そして駐車場の入り口には「さざれ石」がある。 「君が代」の歌詞にもあるさざれ石でコンクリートに荒い砂利を混ぜた
ようなものだが、石が砂や粘土に入り込んで岩になったものである。
2720190714__011

そして山門は立派なものでこの先に拝殿があるが山門より先は撮影禁止なので写真はこれだけ。
2720190714__03

空港がある豊岡市には早く着きそうなので近くの出石に立ち寄る。出石は出石城の城下町で古い町並みがあり、人が非常にたくさん歩いて観光していたが、駐車場も混んでいたし時間も少ないので出石神社を参拝
2820190714__01

鳥居のある所は木々に覆われていたが本殿は誰も参拝者はなく町中の混雑はうそのよう。
2820190714__03

お参りだけしてレンタカー会社に移動し空港まで送迎して貰うことにする。レンタカー会社は町中にあり空港は少し離れた
場所にあるので時間に余裕を見ておいた。 空港の近くで空港名とコウノトリの形に植えた木が珍しかったので撮影。
2920190714__01

空港に到着しいつものようにターミナルビルを撮影した。 1日に伊丹空港との間をATRの42人乗りが2往復なので
ターミナルビルも小さい。
2920190714__02

ターミナルビルの横には戦後初の国産旅客機のYS-11が展示してあるので撮影。
2920190714__03

階段もあるので中に入れるかと思ったがドアは閉じられかなり前から入れないようだった。 ターミナルに入ると霧が多く
朝の便は伊丹から飛んできたが着陸できずに引き返し欠航になっていて、夕方の乗って帰る便も同じ状況で条件付きでの
飛行で着陸できなければ欠航という事でカウンターで確認すると、欠航になった場合はバスで伊丹に送るとの事であるが
それだと伊丹からの便に間に合わず、新幹線の最終にやっと間に合う時間。
展望デッキで霧の具合を確認するために2Fに上がって、そこからターミナルの全部を撮影するが24mmのデジカメで
こういう感じで売店も非常に小さい。
2920190714__06

展望デッキに出ると山の上にある空港なので霧がかなり出ていて欠航の可能性が高いのがわかったが、ライトが見えて機体
が見えて着陸態勢になったので一安心。
2920190714__07

42人乗りでかなり空席があるとの事で着陸とスポットインを確認。
2920190714__08

セキュリティを抜けて搭乗待合室に行くと電光掲示板もなく非常に簡素な搭乗口。
2920190714__09

優先搭乗が始まり幼児と手伝いの必要な人はなく、通常の優先搭乗になったが誰もいないのえ先頭で飛行機に向かい途中で
撮影。 ハイビスカスデザインは鹿児島空港あたりがベースかと思っていた。
2920190714__19

そしていつものように離陸シーンの動画を撮影。 離陸してすぐに右ターンして街並みが少し見えた後に雲の中に。

伊丹空港への着陸も雲の中を降下して景色はあまり良くなかったけどスポットまでを撮影してみた。

乗り継ぎなのでそのままラウンジでもよかったが夕食がまだなのでいったんセキュリティエリアを出て夕食は普通のかつ重を食べる。
3020190714__19

食事後は551蓬莱で豚まんとシウマイのセットを買ってラウンジでしばし休憩。前の仮設の時は明かりの映り込みがなく
外の景色も撮影できたが新しいのは全く駄目だね。
時間になり機内へ搭乗するが、伊丹⇔羽田はビジネス路線で優先搭乗のステータスを持っている人が多くJGCだとだいぶ
遅い優先搭乗。 機内に入って夜間の離陸に備えて動画撮影の準備をして、離陸動画を撮影。

滑走路に向かって地上滑走後に運用時間の関係により滑走路の手前でかなり待たされ、離陸したら大阪の夜景が綺麗。
伊丹→羽田はあっと言う間でドリンクサービスが終わるとカップの回収も終わる前に着陸態勢に入り、着陸の動画を撮影。

雲の上から撮影し、雲を抜けるときはストロボが雲に反射してハレーションを起こし、その後は一気に東京の夜景が広がり
着陸し、京都北部旅行は終了。

| | コメント (0)

2016年10月 1日 (土)

9月の色々の事のまとめ

8月末は台風10号で色々あったのでちょっとお疲れモードでもあり最初の週末は栄養補給の目的ででちょっと足を伸ばして美味しいものを食べに行った。
行ったのは御殿場にあるこのお店で3回目。
001

そして食べたのは前回は「ロ」を奮発したのですが今回は一つ下のランクの「イ」のうな重でしたが味と量は文句なくおいしかった。
002


体力をつけた次の週は台風被害の後の十勝への出張。 羽田空港は天気が良くいつものラウンジからの眺めでは富士山は見えないが空の青さと雲の白さの対比がまずまず。
003

手前には頭だけが赤い鳥のような作業車が整然と並んでいて楽しいね。 何か珍しい機材がないかと滑走路をみていると4発機のルフトハンザA34-600が着陸してきたが手前の誘導路のJALが邪魔していたので国際線ターミナルに向かって誘導路を移動中に撮影!
004

帯広について通勤路の両側を観察しながら職場に向かっていると台風の影響があちこちにあり、通勤路の通称「にんじん工場」もこんな感じ
005


いつものこの時期にはもっとたくさんの人参が集まっているのですが、今年は非常に少なくニュースなどで北海道産の人参が高値というのもうなずける。

途中の道路もまだ橋がダメで通行止めの道も数多く残っていた。
006


そしてまだ水量が多い川にかかる橋げたには流木が沢山絡みついていてこれにより川の水流が乱れ橋げたの下の土壌がえぐられて橋が流されるのではないかと推定し、さらに水流が激しくなったら危なくなりそうで怖い。
007

でも少しづつ復旧しているのかJR北海道の根室本線もトマム~帯広はバス代行が始まり札幌から釧路がつながった。帯広駅の構内には代行バスの集合場所の看板が設置されていた。
008

そして帯広から釧路は特急車両を使った臨時快速で運行されていて、特別料金なしで少し豪華な車両に乗れるので、被災の事は忘れて少しワクワクしてしまう「鉄」な人間です。
009

車両のヘッドマーク(と言っても電光)は「臨時」となっていて駅の乗り場案内も手作り感がいっぱい。
010

週末まで仕事して帰りに岩内仙境のつり橋から上流を撮影したが、8/31の台風の増水した時と比べると水量が一気に少なくなっているようだ(上:増水時、下:この日の撮影)
011

その後は道の駅中札内にあるウェザーコックで昼食を食べてから空港に向かう事にし頼んだのは日替わりランチでホタテのフライにサラダポテトのワンプレートランチです。
012

帰りの飛行機は天気が良くなく雲ばっかりで期待できなかったが、それはそれでブロッケン現象で虹が出るかと期待していて、こんな景色を撮影。
013


さらに雲の近くをずっと飛行していたので動画を撮影してみた。 雲を横切るまでしばらくの間、ブロッケン現象が確認できていて楽しかった。

羽田空港に着陸した時はちょうど夕焼けの時間帯でちょっといい感じの写真が撮影できた。
014

週末は地元で過ごしたが買い物に行くときの車の走行距離が5並びになっていて、それも11時ちょうどの時間で記念に一枚撮影してみた。
015


週明けには普通の生活に戻るかと思っていたが茨城への宿泊の出張。 移動はいつもの「ひたち号」でお約束の車両の写真。
016

行きはお昼ころの乗車になるので駅弁を購入して車内で食べるのが定番で、今日の駅弁は「金目鯛の味くらべ」で当たりの駅弁だった。
017


勝田には2泊したがホテルは食事なしで宿泊しているので1泊目の夕食はここに行った。
018


ひたちなか市では有名な「スタミナ冷やし」があるが、その肉をレバーから普通の肉にした「肉スタミナ冷やし」を食べる。
019

箸の長さと比べるとわかって頂けると思うが丼の直径も大きくかなりの量があり、この店にはさらの大盛りやダブルがあり、どんな人が食べきるのかがわからない。

ホテルの部屋からは駅前ロータリーが見渡せるが、いつもの帯広は高層階の部屋からの写真ですが、ここは低いのでちょっと感じが違う。
020


2泊目は知人から聞いて美味しいと評判のここへ行った。
021

インド料理と言ってもカレーのお店の「らんがる」です。 室内もインド風の飾りつけがされていて雰囲気がある。
023

食べたのは「らんがるセット」でカレーは何種類かあるものから選択でき、キーマカレーとバターチキンを選択し、ナンはプレーンで量は少なそうに見えたが食べ始めると意外と量がありお腹いっぱいに。

週の後半は自宅からの通勤で平穏に過ごしましたが、次の週明けからはまた帯広へ。 羽田空港ではいつも通りJALのラウンジで休憩しながら面白い機材がいないかとカメラ手に待っているとソラシドの「がんばれ九州」機材が!
024

くまモンを中心に大分の「めじろん」、長崎の「がんばくん&らんばちゃん」、鹿児島の「ぐりぷー」、宮崎の「みやざき犬」が描かれたもの
他に何かないかとFlightRador24で見るとANAのスターアライアンス塗装が連続して着陸してくるのがわかり両方の着陸シーンを撮影したが、最初の737が折り返して特殊塗装が2機重なったところを撮影して見た。
025


週末までの帯広での仕事はいつも通りで、この出張の帰りは土曜日になった。 帯広空港は拡張工事でターミナルを増築中だが工事エリアの入り口が空いていたので進捗状況を記録。
026


建物の基礎部分の枠が出来上がっているようですね。

そして土曜日だけなのかいままで見たことがない屋外売店があり、ラム亭の串焼きがあり食べたかったのですがお腹がいっぱいで食べられなかったのが残念。
027

搭乗待合室でFlightrador24で羽田から帯広へ飛んでくる飛行機を確認しても見当たらない。 JALのホームページでの到着予定時刻になり搭乗待合室から滑走路を観察していると南の方にかすかに見えたが位置がおかしい。
カメラを構えていると滑走路の向うを飛び去って行き北側から着陸するようである。
028

お約束のスポットインでは767でウィングレットがなく翼の大きさが目立つ。
029

優先搭乗時刻になり搭乗口に向かうが搭乗を待ちわびた人が幾重にも重なりなかなか進めないがスミマセンと声をかけて何とか機内へ。
この日は通路側だったのでプッシュバックの後のお見送りは窓越しの撮影。
030

そして離陸してWiFiが使えるのでインターネットに接続してFlightrador24で探しても自分の乗っている飛行機が見当たらない。 席が1C席でレジが確認できたのでそれを頼りに探していたら、突然現れてきたが、発着が?のままの幽霊フライトのようだった。
031


9月最後の週は本籍の職場へは車通勤をしているが、信号で停車したときに右側のパチンコ店の工事現場を見ると鉄骨が立ち上がっていて、クレーンで鉄骨をくみ上げていくときにとび職の人はどのように登るのかが疑問でしたが、それぞれの鉄骨に梯子がありこれを登っていくようです。
032

でも怖そうだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月29日 (日)

11月の振り返り

11月も終わりに近づきまとめて振り返ってみた。 11月も10月と同じように十勝への出張があり、ほとんどが北海道の報告ですが。
一回目は初旬の北海道で羽田空港はすでにクリスマスの飾りつけに。
2015111101

少し前は12月に入ってからと思っていたが、最近はどんどん早くなっている気がしますね。 待合室では雲が多く富士山は望めなかったが離陸すると雲の下は東京の街で雲の上に富士山という風景を撮影することができた。
20151111

十勝について仕事をし、一泊した次の日の朝。 いつものノースランドHから見る風景の楽しみは雪が積もり始めた日高山脈。 まだ、日が昇り始めたころは
2015111201

そして日が少し登ったほんの10分ほどだけモルゲンロートで山が赤く輝く。
2015111202

ほんの一瞬の風景で、雪が積もる前は木々で黒く赤さがわからないがこの時期だけの風景で晴れた日しか撮影できない貴重なものでした。

一回目の出張が終わり自宅へ。 週末にスーパーに買い物に行くと駅弁大会をやっていて兼ねてから食べたかったこれを購入。
2015111401

有田焼の陶器に入ったカレーは電子レンジで熱々に温めて食べると味わい深い。
2015111402

食べ終わった器は小鉢として利用できるので、旅行で行った場合は持ち帰りが大変なので駅弁大会での購入はベストかもしれない。

2回目の十勝は少し長い滞在で週末の滞在がある。 いった最初の週は平穏で普通の気候で11月の北海道らしさを感じなかった。 週末は車で出かけるところもないので帯広駅からキハ40に乗っての小旅行。
Img_1821

駅に入るとキハ40のオンパレードでこの写真でこちらのホームに2両。 向うのホームに1両映っているが、2両編成の向う側だけなので実際は4両。 そして向うのホームの反対に1両が停車していて、すべてのプラットホームにキハ40が入っているという特殊な時間。
定刻に帯広を出発し順調に進み、この分だと新得には30分くらい早めにつきそうだと思っていたら
Img_1842

この信号場で23分の停車。 最初はDF200のレッドベアに牽かれた貨物列車の通過待ちをして、その後に快速の通過待ちをして最後に特急の通過待ちをしてから発車。
新得の街は日曜日なのかいつもなのかわからないが閑散としている
Img_1849

派手だったのはマンホールで新得と言えばスキー場でマンホールにも描かれていた
Img_1851

新得に来たのは名物のそばを食べるためで駅前の「せきぐち」へ
Img_1855

食べたのは天かしわ蕎麦で、天ぷらが別添えでつゆに入れてもそのまま食べてもよいように提供されるのはGood! だしも効いていて蕎麦も太めでとても美味しかった。
Img_1853

食後は戻る列車まで時間があり、列車に乗っているだけで運動もしていなかったので近くの公園まで散歩。
Img_1860

公園は拓鉄公園で、北海道の拓殖鉄道は新得から出ていてその本社があった場所に作られたものです。 今でも拓鉄はトラック輸送などに形態を変えて残っていますね。
公園の中では青空と白い雲と枯れた木々がきれいで撮影してみた。
Img_1866

帰りは前に2回に分けて乗ったことのある日本最長の各駅停車に乗る。
Img_1872

滝川から釧路まででサボにもその説明が入っているが、各駅停車でないのは途中駅で大成とか稲士別とか通過なのか?と思ったがすべて停車したはず。 そうすると距離ではほかにあるのかな? 時間は9時38分→18時3分で8時間半もかかる。
下りの進徳までは一か所の信号所で3列車の待合をしたが、帰りも2か所の信号所で3列車とすれ違う。
Img_1879

ここはいつもの撮影地の近くの芽室信号所で、ここも枕木がPCになっていて路盤改良が進んでいることがわかる。

一晩開けての23日の帯広はまだまだ雪もなく普通
20151123

ところがTVでもやっていたように次の24日はすっかりと雪化粧
20151124

そして25日の朝はまた晴れていて、日高山脈の朝焼けが確認できた
201511250640

6時40分はこのように赤く染まっていたが、11月初旬ほどではなかったね。 朝食を食べて戻ってくるとすっかりと白い雪山に
201511250705

通勤路も畑も完全に白い雪に埋もれていて太陽もぼんやりとしていてすごい
20151125

そして最終日の27日はめぐるましく天気の変わる一日。 朝はものすごい降りで飛行機は飛ぶのか?という不安が
Img_1988

天気予報だとこの時間は雨の予報でしたが大丈夫なのか? 天気予報を再確認するが雨や曇りで変わっていない。
午後に空港に移動したときは青空も見えていたが駐車場に止めてあった車は雪に埋もれていた。
Img_2002

乗るJAL便は羽田を5分遅れで出発したのでほぼ定刻だろうと確認しつつ到着時間にはいい感じの色合いだったのでカメラを構えていると着陸しない。
Img_2006

あれ?と上を見ると飛行機が上昇している
Img_2008

それからFrightradorで確認するが何回も空港に近づくのに全然着陸しない。 視界は良いし風も吹いていないようだし滑走路にも雪がないのに
Image11

結局は陸地に入ったところでAIRDO便の離陸があり待機の一周後に空港上空で何回も回ってからの着陸で出発の遅れ。
乗ってからも雨がすごいのに雪を解かすということで融雪剤の散布を行い遅れ、そのあとにエアコンのトラブルで結局は1時間の遅れ。
Img_2020

出発時も雨が強く、これだけの雨量だと駐車場の車も雪が解けていい感じになるのでは? 東京に近づくと晴れていて久しぶりの夜景を観察することができた。
Img_2028

週末の土曜日は病院に行く予定だったが体調不良で食料を買いに行っただけで自宅で沈没し、本日の日曜日も体がだるく足首もいたくお腹も壊してしまいほとんど寝て過ごし、夕方に起き上がってこのブログを書いている。
食料もないがお米はあったのでそれを焚いて非常食のレトルトカレーがあったのでそれを夕食にして早く寝るつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

◆夏休みの北海道旅行(食べ物編)

夏休みの北海道旅行は11日間と長期間でそれぞれの日はFacebookで簡単に報告していたのでブログでは各日を新たに書くのは重複になるので3っつのテーマに分けて紹介していこうと思う。
その一つ目は『食』で食べ物に関してまとめたのがこれである。

×:守屋SAでのアボカドまぐろ丼
これで950円は高い!
001

◎:母恋駅の名物駅弁の「母恋めし」
風呂敷に包まれた弁当の中はホッキのおにぎりが2つとゆで卵にスモークチーズにと美味しかった
002

003

004

◎:松前の「よこはま荘」も夕食
アワビが2通りの調理に生うにに透き通ったイカにと食べきれないくらい
005

○:全国的に購入できますが本場の森駅でのいかめし
006

×:美深温泉の夕食
インターネットで美深御膳のプランで申し込み、そこには少しだけでもチョウザメ料理と宣伝されていて、チョウザメのハムが少しあったがキャビアがなく完全にだまされた感
007

008

009

◎:そばで有名な幌加内で食べたそば
街中の普通の食堂で食べたお蕎麦でしたがとっても美味しかったです。近くに有名な蕎麦専門店があったようで並んでいましたが、これもなかなか
010

△:芦別温泉のスターライトホテルの夕食
ホテルで食事つきプランしかなかったのですがごく普通の夕食
011

012

013

014

◎:美瑛の丘の倉でのカレー
今年の冬にも仕事で行った事がありますが、道の駅のカレーとはレベルが違う
015

○:旭岳温泉のホテル大雪の夕食
カニは食べ放題で何回行ってもOK。 鍋は牛肉とキャベツで味が良い。
016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

GWの3日目は尾道に

2日目は広島に泊まり3日目の朝は早起きして早く宮島に向かう。 宮島の厳島神社は前にじっくり見たので弥山に登るのが目的。
路面電車でゆっくり行くのも良いが今回は時間節約でJRで向かう。
0000

宮島口からはJRの渡船を使う。 途中では牡蠣の養殖の筏らしきものの横を通る。
0001

そしてJRの良いのは鳥居に接近することで船から見た鳥居はまだまだ海の中にあった。
0002

弥山の登山は下から登る方法もあるが途中まではロープウェイでワープ。
0003

こから小一時間の登山で弥山の頂上に登り瀬戸内海の絶景を鑑賞し
0004

宮島口の方も絶景で夜景も綺麗だと思うがそういう施設はなく、夜景の時間までいると真っ暗な登山道を下まで下ることになる。
0005

弥山を下車し船着き場に向かう途中で干潮の時間となり大鳥居の近くまで行けるので降りて撮影してみた。
0006

宮島口に戻り糸崎行の列車がすぐあるので昼食は駅弁にし車内で食べることにする。 お店では30分まちだが駅弁はすぐに買える。
0007

中身はアナゴがびっしり乗った宮島特産アナゴ飯です。
0008

2時間ほど乗って糸崎で下車し、次の列車で一駅で尾道。 駅前で駅舎の写真を撮影してみると、山の上にお城があるが何だろう?
0009

いったんホテルにチェックインし荷物を置いて尾道を散歩。お寺めぐりでは普通の民家の間を行く。
0010

文学の道というルートもあり志賀直哉さんが住んでいた家などもある。
0011

尾道の有名どころでは千光寺山というのがあり、そこまでのぼり尾道の風景と鉄道を一緒に撮影してみた。
0012

向こうにはしまなみ海道の最初の向島に向かう尾道大橋で、手前側が尾道の街並みで、さてどこに鉄道があるのでしょうか?

夕食は日本食の割烹のようなお店で「林芙美子御膳」というのを食べホテルへ戻る。 ホテルは尾道水道が見える部屋が売りで尾道水道の夜景を撮影してみた。
0013

日は午前中くらい尾道の映画撮影スポットなどを散策し、尾道ラーメンを食べて倉敷に移動する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

金環日食の時系列写真と茨城出張

今日は日本をあげての天体ショーの金環日食。 普通なら会社であるが茨城出張で少し出る時間が遅いので自宅で鑑賞できる。
まずは天気の状況を確認すると曇り空でとても鑑賞できそうもない。 該当する方向はこんな感じ。
Dsc_2384

しかし、時間が近くなってくるとちょうど太陽の位置だけ雲が薄くなってきて撮影ができるようなのでデジカメを準備して撮影してみた。
レンズは300mm相当で露出補正を-3EVしてサーキュラーPLフィルターで少しコントラストをあげてみた。 デジカメはNIKON1です。
以降は撮影した時間とともに複数の写真を順番にアップ(横900相当⇒600に縮小)

07:24:59時点
072459

07:26:42
072642

07:28:03
072803

07:30:00
073000

07:31:28
073128

07:32:13
073213

07:32:26
073226

07:32:43
073243

07:33:13
073313

07:34:35
073435

07:34:44
073444

07:36:15
073615

07:36:43
073643

これ以降に切れるところを撮影したかったが雲の濃い部分に入ってしまい撮影を断念。
撮影を終え上野に行きホームに行くと特急草津が入線してきた。
Dsc_2702

そして乗るのは新型特急のスーパーひたち
Dsc_2710

新型がどんどん増えてきて旧型のほうが珍しくなってきたね。 そして昼食は日脚ぶりの駅弁にしてみた。
Dsc_2725

秋田新幹線で運ばれてきたのだろうと推定される秋田駅の駅弁で肉三昧で牛・豚・鳥の三種類の肉を使ったお弁当。
出発してすぐに食べ終え一眠りするとすぐに勝田駅で、ホームに下りると2番線を貨物列車が通過しますのアナウンスがあったので待っていて撮影したが列車でなく単機回送であった。
Dsc_2768

奥にはひたちなか海浜鉄道の車両も確認できる。 そして仕事を終え帰りの勝田駅ではミキが止まっていた。 サボの那珂湊の「珂」の字がMになっているのを初めて発見。
Dsc_2782

そして土浦に停車したときに奥の車線に貨物が止まっていたので機関車はなにかと思い撮影してみたら、乗った事があるEF510-510だった
Dsc_2804

乗ったといっても機関車に乗ったわけでなく、この機関車が初めて客車を牽引したCASIOPEAで上野から札幌まで乗ったのですけどね                   

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

茨城出張

久々の茨城出張。 昼からなのでスーパーひたちでの移動になるが上野駅のディラ上野は工事中なので中央線で東京駅を経由する。
ここで上野にはない駅弁をゲットする
Imgp9565

上野だと東北方面が上越方面の駅弁が届くが富山はなかったので富山の駅弁にした。 ブリカマは骨が多くて食べるのに大変だろうかと思ったが、骨まで柔らかく煮込んでありすべて食べることができとってもおいしかった。
スーパーひたちで勝田に到着し留置線をみたが草がたくさん生えていて、さらにここから右側は線路が撤去されていた。
Imgp9600

帰りはフレッシュひたちだったが上野まで行き山の手線で新宿まで。 いつもは千代田線経由で帰るのだが新宿まで行った目的はこれ
Imgp9640

JR東日本のビルの前にあるイルミネーションですいかペンギンが飾られている。 全体はこんな感じ
Imgp9643

やはり派手なのでシーズンに1回は撮影してみないとと思ったので新宿経由にした。
今回はS90が故障で修理に出しているので久しぶりにW60にしたが、レンズが暗いのでシャッタースピードが遅くなり特急の車内から水戸駅にいる電気機関車群を撮影したのはすべてぼけていた(カシ釜がいたのになぁ)   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

茨城方面の鉄

今日は茨城方面への出張。 午後からの打ち合わせなので定番のディラ上野で駅弁を購入しての予定であったが、ディラ上野は閉店し改装中なので東京駅で購入してからと考えて小田急に乗るが遅れているとの放送があり新宿到着は約20分ほど遅れ、結局は上野駅に直行し売店で購入。 今日の駅弁はこれ
Img_0651

外観は派手だが中身は和風の駅弁であったが、特に特徴もなく味もそこそこで失敗だったかも知れない。 11時発のスーパーひたちでのポイントは新型スカイライナーとの接近遭遇で前回は左から右への陸橋だったのであまり綺麗に取れなかったが、今日はこっちが少し遅いのか右側で併走しているタイミングだった。
Img_0658

でも良く考えると日本の電車は15秒くらいの精度なのでこんなにずれないな?と思ったで思い出すと、前回はスーパーひたちの先頭の方の車両(11号車)で今日は後方の車両(2号車)という違いだけかもしれない。
少し進むと右側にスカイツリーが見えてくる。 昨日TVで放送していたが、ツリー自体の高さは最高点に達し、後はアンテナ部分が延びるだけらしい。
Img_0664

ついてから仕事をし、帰りは大甕にちょうど停車する特急がなかったので普通で勝田まで移動し特急を待つ。 向こうにはいつもの485がいた。
Img_0689

今日の出張では水戸の電気機関車の写真はない。 それは写真ではなく動画を撮影してみたからで、今日もEF81やEF510、EH500などがいた。
その動画はこちらになります
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

カシオペアで行く北海道旅行の『食』をまとめてみた

エースJTB特選 高品質な旅
~カシオペア号で行く~ 「しれとこ」層雲峡・ウトロ・阿寒湖畔 五日間に参加したときの『鉄』については先日まとめたが、『食』については一部だけの紹介だったのでここで改めてまとめてみた。
Img_1206

超豪華な旅は初日(カシオペア)での夕朝食と最終日の昼以外はすべて食事が含まれていて、それもかなり豪華です。
オプションで食べた食事も含め豪華な食事を紹介しましょう。

◆1日目:夕食@カシオペア
カシオペアでの夕食はオプションの食堂車での食事を頼んでみました。値段も高いのですがせっかくのカシオペアという事で奮発してしまいました。

D1n1
メニューは「季節の小鉢三点盛」がまずテーブルにある。

D1n2
その後に2段重ねのお重でメインの食事に熱々のお吸い物が出てくる。

おかずは、「口変り」として玉子焼・にしん柚香焼・華いか焼売・さより抹茶巻・有頭海老艶煮・黒豚味噌焼・北海つぶ貝・手毬サーモン・花蓮根・ずいき煮含め・はじかみ生姜
「煮物」として里芋・博多高野・筍・玉こんにゃく・牛蒡・絹さや・季節人参
「刺身」としてサーモン・海老・小鯛
「揚げ物」としてたらば蟹包み揚げ・牛蒡つみれ・青唐

そして、季節の炊き込みごはんにお吸い物が付き、食後に和菓子のデザートが付く

◆2日目:朝食@カシオペア
カシオペアでの朝食は食堂車に並ぶのも大変だし、車内販売のお弁当も売り切れる可能性があるとの事で上野で日持ちがするお弁当を仕入れていたので、これで朝食。

D2m1
有名な柿の葉寿司で柿の葉っぱに包まれた寿司で、サーモンや鯛・さば・あじがそれぞれ2個の8個いりである。

D2m2
中身はこんなかんじで笹を空けると押し寿司が入っている。

◆2日目:昼食@富良野
昼食は富良野の高台にある富良野リゾート・オリカにあるレストラン「オリカ」での昼食でツアーに含まれています。

D2l1
サラダは富良野の有機野菜を使ったもので盛り付けも美しい

D2l2
そしてスープは(ちょっと飲んでしまったが)冷製ポタージュ

D2l3
メインはお肉で鹿肉のようである。付け合せの野菜もお洒落!

D2l4
デザートもお約束の夕張メロンにガトーショコラなど

量より質といった感じで体を動かしていないので丁度よい量でした。

◆2日目:夕食@層雲峡観光ホテル
夕食はホテルの部屋での食事。 部屋係りの人がそばについていて細かく配膳をしてくれる。
写真も撮影したのだが不手際で保存忘れてしまったのでメニューだけを紹介します。

食前酒:カンパリオレンジ
前 菜:前菜盛り合わせ(9種類くらい)
御 椀:枝豆豆腐・吹流し野菜
お造り:本鮪・ぶどう海老・活サザエ・雲丹・平目
温 物:蝦夷鮑柔らか煮・大根白煮
焼き物:姫鱒塩焼き
台の物:十勝産ロースのグリル
洋 皿:フルーツトマト道産チーズ添え
強 肴:活毛蟹の洗い
お食事:枝豆と玉葱の炊き込みご飯
上 椀:赤だし湯葉蒟蒻
香の物:2点盛り
水菓子:クリームブリュレと季節のフルーツ

量が多くこれをあと3日続けると太りそう

◆3日目:朝食
朝食も部屋での食事でこれもまた豪華な和食で一般的な旅館の夕食のようなメニューです。
しかしこちらも写真はない・・・・・

◆3日目:昼食@網走海鮮市場
3日目の昼食はオホーツク海に面した藻琴の海岸にある網走海鮮市場でのかにつくし昼食です。

D3l1
毛蟹は1人に一ハイ・タラバのてんぷらにしゃぶしゃぶ・その他にかに雑炊などがつき、食後には夕張メロンのデザート

◆3日目:夕食@知床グランドホテル北こぶし
夕食は個室のレストランでの食事。 最初にテーブルの上に「どん」と揃っていて、その後にも追加がある。

D3n1
先付け:道産長芋豆腐のうに乗せ
前 菜:焼きなす含せ・にしんの旨煮・帆立燻製・鮭いか麹漬け
小吸物:道産とうもろこしの冷たいスープに順菜

D3n2
お造り:生たらばがに美醤漬・時鮭昆布〆・牡丹海老・北寄貝
一 品:知床牛のステーキをチョイス
焼 物:たらばがに焼き
台 物:道産野菜のせいろ蒸し・若鶏柔らか煮
留 肴:オホーツク白貝と鰊の酢みそ・しまえび

D3n3
御 飯:つぶ貝の釜飯いくら添え・権貝汁
水菓子:豆乳の杏仁豆腐

量も多く質も高いので食べすぎ注意!

◆4日目:朝食@知床グランドホテル北こぶし
朝食はレストランでのバイキング形式の朝食で、唯一パン食を選んだが、量は自分で選ぶので判断外だが質は良くない。
当然の事ながら写真を撮影するという感じではないのでなし

◆4日目:昼食@知床グランドホテル北こぶし
4日目は知床クルーズをした後に知床五湖を散策してまたホテルに戻ってきて昼食を頂きます。

D4l1
季節の松花堂弁当という事でテーブルにセットされています。量は手ごろで質もなかなか

◆4日目:夕食@あかん鶴雅別荘 鄙の座
4日目の宿泊はこのツアーの目玉の豪華ホテルの宿泊で食事は部屋にある食堂での食事です。

D4n1
箸 附:雷電産とうもろこし豆腐・富良野産ピュアホワイト

D4n2
前 菜:尾岱沼産北海縞海老打瀬漬・ミンク鯨自家製スモーク
    翡翠ゼリー寄せ・昆布釜焼・標茶産 蕪
    釧路産 しめじ・津別産 グリーンアスパラ

D4n3
造 物:幻の魚阿寒湖産 イトウ・奄美産 本鮪・釧路産 黒ゾイ
    網走産 活毛蟹・紋別産 牡丹海老

D4n4
鍋 物:鄙の座名物 網走産きんき鍋

D4n5
焼 物:根室産 時不知はさみ焼き

D4n6
煮 物:阿寒ポークのスープ煮

D4n6b
強 物:あばしり和牛のステーキ

D4n7
油 物:鱈場蟹磯揚げ

D4n8
他一品:白糠産モッツァレラチーズ・名寄産フルーツトマト

D4n9
食 事:毛蟹御飯

D4na
菓 子:パティシエのスペシャルデザート

さすがに質が高く満足いく夕食ですが、出てくるのが遅いのがちょっと難がある所でしょうか

◆5日目:朝食@あかん鶴雅別荘 鄙の座
朝食も部屋のダイニングでの食事でした。

D5m1
和食ですが焼き海苔は木箱の下からほんのりと温められ、湯豆腐は暖かく帆立のバター焼きも美味しかったです。

D5m2
デザートはフルーツの盛り合わせ

◆5日目:昼食@和商市場
5日目の昼食は自由でいままでの魚介類をふんだんに食べてきたのでラーメンでもと思ったのですが、海鮮丼を見ると食べたくなり最後も魚介類にしてしまいました。

D5l1
和商市場の名前をとった「和商丼」で雲丹・いくら・帆立・鱈場蟹・たらこが乗っています。

しかし、4泊5日で沢山の豪華食材を食べつくしました。 ホテルも豪華でしたが食事も豪華でした。
残念だった食事は知床グランドホテルでの朝食ぐらいでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

鉄道車両の『系』と『形』と『型』

鉄道の写真を撮っていてHPにまとめたりブログにアップしたりしているが、良くわからないのが「系」と「形」と「型」の使い分けである。
『系』の代表として写真を1枚掲載しよう。
Cimg8062

JR北海道の283系である。 JR各社は比較的「系」を使うのが多いようだ。 そしてJRになる前の旧国鉄車両は「形」が多いように思える。
そして『形』の代表としてこの写真を掲載しよう
Cimg5724

小田急のロマンスカーの10000形である。 小田急は特急も普通の通勤型も『形』を使うのが多いようだ

そして少数派が『型』でその代表の写真も上げておこう
Image1

東武鉄道の特急車両の250型である。 東武は『型』を多く使っているが特急でも100系という名前の付け方もしてる。

系はシリーズでその中の特定のが形というイメージがあるが、何か基準があるのだろうか?

それよりもネット(mixi)で新型のEF510(カシオペア塗装)の写真があるがカシオペアと同じラインが少し見える。 別アングル(逆エンド)から見るとこのラインは斜めに走り屋根に向かっているという事がはっきりした。
この写真は残念ながらここに載せることができないが、サイドの通風グリルの手前で屋根の所に来ている。 イメージとしてはこっちが先頭だな!   

| | コメント (0) | トラックバック (0)