« ウニ殻ランプ | トップページ | 4月のまとめ(前編) »

2021年3月28日 (日)

DAHONの改造

改造と言うタイトルですが、たいした事はありません。
まず最初にこれなんだと思いますか?
Rx_04743

よくホワイトボードの横についている物のようですがこれにたどり着くまでが改造のストーリーです。では、スタートです

私の持っているのはかなり昔のGotham Cityというモデル。たたむ時にハンドルは簡単に折り曲げられるが車体をたたんだ時に挟まる位置になるのでコンパクトにするには工夫が必要。
まずは普通に乗るときの状態でステムが前方になるように固定している。この状態で畳むとこの突き出し量が前輪と後輪の間に挟まるので幅が広くなる。
Rx_04744

そこで〇で囲んだ部分を緩めてステム部分を垂直に立ち上げて幅を狭くした状態で畳むとコンパクトになる。その垂直にした状態はこの写真の様になる。
Rx_04746

つまり畳むときは最初の写真の〇で囲ったM8ねじを六角レンチで緩める必要があり、工具を取り出して作業するのが意外と面倒。 その理由は六角穴付きボルトがステムに埋まる感じなので手では回せない。
ここを手で回せるようにすれば工具なしでいけるのでM8の普通のボルトに変更する事にしてホームセンターで買ってきてやってみた。
Rx_04748

ステムの上面から出ているので手で回せるようになったけど、しっかりと固定するのはそこそこの力が必要でやはりスパナなどの工具が必要になりあまり良くない。

次に考えたのはもう少しいいのは無いかとホームセンターにまた行って探し、頭が大き目なものがありさらに頭に穴が開いていて良さそうなので試してみた。
Rx_04755

しかしやはり固定するときの力が不足でしっかり締めたり緩めたりするときには穴に通す堅い棒が必要でトルクレンチのようなものが最適で最初のでいいじゃん!と堂々巡り。

やはりオリジナルかなぁ?と思いつつたどり着いたのが最初の写真の大きなつまみ付きのボルト。これを取り付けた時は少し大きく出っ張るがつまみの部分が黒いのであまり目立たないのでよさそうで、しっかりと固定するときも緩める時も工具不要ですごく便利になった。
Rx_04751

で今回に試したものを並べてみたのがこの写真で、右からオリジナル・六角ボルト・アンカーボルト?でつまみ付きボルトの順で、最初の2つは100円以下。最後のはアマゾンで見つけたもので海外(中国)の業者のようで2個セットで700円くらいで送料無料の業者で、海外からの宅配便でも1個あたり350円で手に入った。
Rx_04754

折りたたむと言っても最近は輪行ではなく車に積むときなので六角なんてグローブボックスに入れておけばよさそうですが、いつか輪行するときにあまり気にしなくてもいいし、ステムの角度を変更するときにもすぐにでき、さらに走行中に緩んだ時に締めて固定するのもすぐで、お勧めしないけど走行中にでも締める事ができるという優れモノなので満足しています。

| |

« ウニ殻ランプ | トップページ | 4月のまとめ(前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウニ殻ランプ | トップページ | 4月のまとめ(前編) »