2023年7月31日 (月)

7月を振り返ってみて

明日から8月になるので7月の事を振り返ってみた。

◆自転車
7月も目標として500kmを走るにしていたが、後半のトラブルにより達成できず。
 ロード:409.54km、ローラー台:80.13km で計489.67km
考え方を変えて合わせて500kmでもいいかとすればローラー台で今日10km走れば良かった。
走った距離など、ここ3年を振り返ってみるとこんな感じ。
Image3_20230731214601

7月は暑いので昨年と比べてもそんなに違いはなさそうで、来月はどれだけ走れるか?

そんなロードで走ったのは全部が鶴見川を走った。あまりにも暑いので自分の体調を考えながら走る場合は同じコースの方が良いのでそうなってしまったかも。
7回走ったので除草隊長には7回会えるはずだったが1回は小屋の中に避難していて会えたのは6回で、それをまとめて1枚にしてみた。
0001_20230731214601

◆山登り
山登りに行きたいと考えていて、7月に一回計画しました。行ったならインスタとかで報告しているはずですがそれはなかったですね。実際には富士山の写真も撮っています。
Dsc_0581
ちゃんと計画して登山口に行って準備を始めたら登山靴を車に積み忘れるという大失態をして、単なるドライブになったので報告はしなかったのです。年を取るとこういうミスが増えるのではとちょっと心配。

◆同窓会からの自宅引きこもり
23日の日曜日に高校の同窓会がありました。サッカーのワールドカップの開催される年(4年毎)に開催されていたのですが、コロナなどで昨年の開催が1年遅れでの開催でした。
同窓会の〆はいつもような感じです(モザイクで人物は自主規制)
Rx_09997
そして今月も500km乗れるかと思っていたが、急に熱が出て喉が痛く『コロナかインフルエンザ?』という事で発熱外来に行ってPCR検査をすると「コロナ陽性」
一時期は37.8℃くらいまで体温が上がってしまったが、解熱剤を2日ほど飲んだら下がり喉の傷みもなくなったので服薬を中止。それから3日経つが平熱で喉の痛みもないし関節などの傷みもないので今日で療養の最終日にしようと考えています。 今日も療養でベランダで空を見上げて飛行機が通らないかなぁと思っていましたが、秋の鱗雲のような雲だけで目ぼしい飛行機は通過しなかったね。
Rx_00122
明日は8月の初日で気温も少し低そうなので体調判断も兼ねていつもコースを自転車で走ろうと思います。

| | | コメント (0)

2023年1月20日 (金)

電気代が高い! ので節電

原発が停止していて円安で原油や天然ガス価格が高騰しているので電気代がうなぎ昇りで上がっている。という事で今年の冬は対策として節電をしている。その対策の結果かどうかわからないが1月分の電気使用量と電気代はこんな感じ。
Elec
昨年も今年も仕事をしていないので自宅で過ごすことが多く、天気の違いで気温が違っているかと思いますが節電の効果は出ていそうです。
使用量は76.6%までで約3/4にしているが、電気代はそこまで下がってないのが残念ですが。

節電のためにやっている事&やった事
◆照明の変更
部屋のシーリングや廊下の電球などはLEDに変えていたが、洗面所やキッチンの直管蛍光灯はそのままでした。これを全て直管LEDに変更しました。グロー式は交換するだけで簡単に変更で来たがインバータ式は工事が必要で、その工事には資格が必要。というのでどうするかと悩んでいたがインバータ式対応の直管LEDを見つけ交換し、自宅の全照明のLED化が完了。

◆窓の対策
二重窓や三重窓にするのが良いけど簡単にはできない。そこでお手軽な方法としてプチプチを内側に張り付けた。リビングの窓を除くすべての窓の対策を完了。

◆暖房の停止
自宅の暖房は2部屋はエアコンで1部屋はエアコンとガス温水式床暖房。エアコンは電気代が掛かるしガス温水もガス代も高くなっているので暖房を使わない事として、この冬は一度も暖房をしていない。 幸いな事にベランダ側の外側は森なので外から覗かれる可能性も低いので、昼間の太陽が出ている時はレースのカーテンも開けて部屋の温度を上げている。

◆暖房便座の停止
トイレの暖房便座もかなり電気を使うと思うので切っている。冷たい感じがしたので便座カバー(貼り付けタイプ)をすれば座った一瞬の冷たさがなく、その後も大丈夫。

◆着るもの
家にいる時に楽にするためにジャージの下を穿くことが多かったが意外と保温効果がないのでGパンとかにした。上もトレーナーだと首元が冷えるのでヒートテックのインナーに普通の襟付きシャツにセーター。そして一番寒さを感じる足元はソックスにルームシューズにした。ルームシューズは色々あるけどMIZUNOの薄型ですが、内側が銀色で熱反射するようなもので滑り止めもありなかなか良い。

◆生活
代謝を上げて寒さに勝とう!という事で自転車に乗り天気が悪いときなどは買い物にはウォーキングを兼ねてでかける。光熱費としては掛かるけど風呂には毎日入るようにしている。夏はシャワーが多くて冬でも面倒な時はシャワーで済ます場合があったけど、必ずお湯を貯めて入るようにしている。でも湯量は少なめにして防水のポータブルTVを持ち込んで半身浴みたいにじっくりと入る。そして温まった体が少し冷える時に寝ると一気に眠りにつけるので健康にも良さそう。

| | | コメント (0)

2023年1月15日 (日)

腰が痛いので大きな出費をした

昨年の11月頃から朝起きると腰が痛い日が続いていました。ただ、朝は痛いのですが自転車に乗っているときなどは痛くなく日常生活でもいたくないのです。痛いのは朝起きた時だけ。そんなのが続いていて12月になりTVを見ながらリビングで床に寝てしまった事があり、その次の日の朝は痛くなかったのです。
そこで次の日もリビングで寝袋で寝たら痛くなく、いつものようにベッドで寝た日は痛いという事なので、ベッドマットが悪いのではないかと推定した。
考えてみたら20年以上も使っていてへたってきていて腰に悪いのではないかと。そこで導入したのはこれ。
Rx_09717


ベッドマットの買い直しも考えたのですが腰に良さそうなのは23万円。今のマットの上に敷く物は11万円ですが、へたったマットに敷いても効果があるのか?が不安でした。
それに11万円はかなりの高価な投資で駄目だった時のダメージが大きいのですが、1/3の時間は睡眠なのでそれなりのコストは仕方がないかと思い切って注文。
先週に届いてベッドマットの上に敷いて寝てみたのですが、数日寝た感じでは腰の傷みがすっかりなくなっていました。朝起きた時だけ痛かったのが無いって本当にいいですね。
#エアーウィーブ #マットレスパッド #ベッドマット #airweav

| | | コメント (0)

2022年9月 6日 (火)

遅くなった8月のまとめ

9月になって約一週間が過ぎてしまった時に8月の振り返りをしていなかったのに気が付き簡単に振り返ってみた。

(1)8月の自転車
8月は危険なほどの暑さの日もあり雨も多かったので自転車に乗っていない気がしていたけど集計してみたら走行距離は729.26kmとまずまず。
行先はワンパターン化していて、鶴見川(5+2回)、境川(4+1回)、近所の買い物が1回だった。鶴見川の+部分は羽田空港に寄り道し、境川の+部分は尾根緑道から境川というパターンだった。ゲリラ豪雨などが心配で遠出しなかったけど、そろそろ天気も安定する季節なので長距離も走るかと考えている。
Rx_01469

(2)8月の飛行機
8月は自転車で走っている時や自宅周辺を飛ぶ飛行機も撮影したけど、それはタイミングがあっただけで、目的をもって撮影したのは羽田空港まで自転車で行って撮影した、FIFAのトロフィーツアーの飛行機。飛行機単体は紹介したので駐機場の雰囲気の写真を。
Rx_02091

他にはルフトハンザのジャンボジェットはまず鶴見川を走っている時に見ることできない。羽田空港に着陸する時にゴーアラウンドして回って来たものだった
Rx_01799

(3)8月の自宅での作業
ホームページは@niftyがSSL対応でなくサーバーをレンタルしてドメインも取得して移転作業を行っている。容量も増えたのでコンテンツを充実させつつあり、8月の作業としてはGPSデータと写真をリンクさせたページを中心に作業した。
作業したのは「秋田・岩手旅行」「広島日帰り」「奈良・斑鳩・西ノ京」「長崎ランタンフェスティバル」「熊本・阿蘇・天草」「出羽三山」「鹿児島」「広島・岩国旅行」「日光日帰り」と9パターンも作った。 9月は海外旅行のページのメンテナンスが遅れていたのでそっちを中心に行う予定。
Image1_20220906091601


| | | コメント (0)

2022年5月30日 (月)

5月も終わりに近づいたので

5月は色々とあった月。特に親しみを感じている芸能人のお二人のうちの一人の上島竜兵さんが☆となったのが大きな出来事。
しばらくは何もする気がなかったが、自転車に乗っていれば気がまぎれる事もあり梅雨の走りのような天気の週もあったけど比較的乗った月だった。
月末の今日は天気も良かったけど洗濯物も溜まっていたので自転車はやめて、明日は天気が悪そうなので5月の走行距離を集計してみたら700kmを少し超えたくらいで、意外と走りこんでいたね。
旅行にも行きたかったけどGWは制限のないGWという事で人出が多く、終ってからと考えたけど、最初に書いた出来事で計画できず自転車でうろうろするだけで写真と共に振り返ってみた。
GWの2日は新しいロードバイクが少しのグラベルなら行けるというので小野路の里山を散策し途中で六地蔵に出会った。
0502

GW真っ只中の5日は境川を下って藤沢へ。江の島から鎌倉を考えて行ったけど道路などの車の量を見ると劇込みのようなので藤沢の遊行寺までとする。
05051

そしてお参りにここから上がると『五等分の花嫁』とのコラボ企画が行われていて、その等身大のパネルがあるので探して並べてみました。
05052

GWが終った10日にはトレーニングコースの鶴見川を。5月になると空気中の湿度が高くなり富士山の雪も消えてくるので見えないことが多いが、この日は綺麗に見えていた。
0510

でも横浜線とのコラボ撮影の場所は草が増えてきたので少し邪魔ですね。翌日の11日には竜兵さんが亡くなったとのニュースがあった。不慮の出来事でもあったのかと気になりつつ自転車でお出かけ。まずは運用が終るという東急の8500系がいるかと長津田の検車区へ。残っているのは赤帯と青帯が各一編成で運よく並んでいたので撮影。
0511

正面から撮影したかったけど車止めが邪魔で斜めからだけど何とかヘッドマークも見える状態で撮影できてよかった。
帰ってからTVを見ていると竜兵さん詳細が報じられ一気に落ち込む。

一週間ほど何もする気力はなかったけど19日は車の車検の事前打ち合わせでVW東名横浜へ行く約束があったので出かける。車を預けて数時間掛かるという事前の話で自転車を積んでおいたので藤沢橋までお昼を食べに。
インスタをフォローしていただいているユグドラというお店が藤沢橋の所にあり、そこで昼食を食べてUターン。
0519

一週間以上過ぎた事とお昼を食べながら世間話をし自転車で走ると気持ちも上向いてきた。自転車はいいものだと翌日の20日も自転車に乗って気分を向上させる。近くではスイレンの花が咲いていましたが、お釈迦様は蓮の花で似ているけどちょっと違うが竜兵さんのためにアップで撮影。
0520

24日には鶴見川の源流の泉方向に走りカモの家族を見に行く。前に見た時はほんの子供で産毛のようだったけど、もう立派な羽も生えてきて飛べるようになるのも直ぐだね。
0524

5月の食べ物の一つで紹介しておきたいのはスペースアポロ。確か有吉弘行さんがTVで「昔食べて懐かしいパン」という事で探して復刻されたものでスーパーで売っていた。
0525

食べてみるとカステラのような生地の間にクリームが挟まりザラメのジャリジャリした感触が本当に懐かしい感じがして美味しかった。カロリーと糖分が多いので頻繁には食べられないが売っていることも稀なのでまあいいか。
26日は朝フェイスブックを見るといつも生シラスを買う浜野水産でシラスがあがったという事で自転車で買い出し。行に境川の所で釜揚げを干している人に聞くとそこそこの量があるという事で、まずは江の島へ。最初は西浜の所にいったけど浜辺はもう海の家の準備が始まっていて海岸線の風景はちょっとという感じ。
05261

江の島へ渡って写真を一枚撮影してから浜野水産で生シラスと釜揚げシラスを購入して一気に自宅に帰る。 そして夕食は生シラス丼で中央にはモズクのパックがあったので盛り付けたが色合いが良くなかったので釜揚げも散らしてみた。
05263

そして昨日。浜野水産で生シラスがあるという情報だったが日曜日で混雑していると思い逆方向の境川上流へ。川に出る前の道路で意外と思ったのが富士山の山頂だけ見える場所があった。
0529

夏で山頂の雪がないと黒くなり手前の丹沢山塊と同化するので白くて色合いが違うので気が付くという感じですね。
城山湖まで登り東京方面の景色を楽しんだ後に境川を戻る。途中で大きなジェット音がしたので上を見るとこれが通過していった。
05292_kc135

USAFの空中給油機のKC-135で後ろにブームを引いているのが見えるね。ベースはBoeingの輸送機の367のようで、それがKC-135になり旅客機の707になったと言われるそうです。

明日は雨の予報ですが朝のまでなので少し自転車で走れるかも。でも700km/月を達成したので休養日でもいいかも。

| | | コメント (0)

2022年4月 2日 (土)

無職になってから1年の振り返り

一回目の無職は2018年3月~5月の3ヶ月で母親の死去に伴う様々な手続きなどで忙しくて無職であるけど暇はなかった。二回目は2020年5月~8月までの4ヶ月でしたがコロナ渦が始まった時で無職ではあるけど出歩けもしないので自宅で過ごすひがつづきいていたけど世間がみな同じなので特に気にはならなかった。
三回目の無職は2021年4月~現在で無職になってから1年が経過した段階で、コロナ渦も続いているけど付き合い方がわかって来たので色々と活動し過ごしてきた。暇を持て余すのではないかと思ったけど意外と充実した1年だったと思う。そんな1年を振り返ってみました。

【1】旅に出始めました
コロナ渦ではあるけれど感染に注意して場所や行動に気を付けて旅にで出始めました。そんな一年で訪問した場所を振り返ってみると。

4月:大田区→常滑市 少し旅に出てみようと飛行機を撮影しに行く旅(写真はドリームリフター)
04

5月:大田区→福岡市→那覇市→南大東村→北大東村→那覇市→久米島町→那覇市
    那覇市→宮古島市→那覇市→沖永良部島→徳之島→奄美市→霧島市
   南の島をアイランドホッピングして飛行機に乗りまくる旅(写真は南大東島)
05

6月:裾野市→富士宮市→御殿場市 宝永山登山(写真は宝永火口)
06

7月:大田区→宮古島市 5月に行って良かったので再訪(写真は砂山ビーチ)
07

8月:大田区→青森市→弘前市→つがる市→深浦町→弘前市
   岩木山登山と世界遺産登録の縄文遺跡に十二湖散策(写真は岩木山9合目)
08

9月:大田区→小松市→舞鶴市→敦賀市→若狭町→琵琶湖→福井市
   日本一複雑な屋根の神社を見に行く旅(写真は岡太神社)
09

10月:大田区→出雲市→隠岐の島→伊丹市
   隠岐の島を観光する旅(写真はかぶら杉)
10

11月:大田区→泉佐野市→九度山町→高野山町
   宿坊に止まり高野山詣でをする旅(写真は奥之院)
11

   伊勢原市 高校3年以来の大山登山(写真は山頂手前)
112_20220402202801

   大田区→宮崎市→日南市→都城市→霧島市→えびの市
   高千穂の峰登山と日南海岸の旅(写真は天の逆鉾)
113_20220402202801

12月:大田区→那覇市→久米島町 5月に行って楽しそうだったので再訪
121

  大田区→北九州市→下関市→北九州市 どこでもマイルを使ってみた(写真は関門海峡)
122

1月:川崎市 年始のお約束の初詣は川崎大師(写真は川崎大師)
11_20220402202901

   大田区→松山市→伊予市→伊方町→宿毛市→土佐清水市→四万十市→今治市→松山市
   四国は空港周辺しか行ったことがなかったので車で回ってみた(写真は四万十川の沈下橋)
012_20220402202901

3月:大田区→伊丹市→奈良市→斑鳩町→奈良市
   コロナ渦で一度キャンセルになった旅行の再トライでお水取りを見る(写真は二月堂のお水取り)
031

   大田区→仙台市 ちょっと仙台まで日帰りで牛たん食べに(写真は瑞鳳寺)
032

【2】健康に気をつけて自転車
無職になる前の1年は殆ど家にいるか務めていた横浜国大でも大学院の建物の玄関まで車通勤をしていて糖尿病が悪化してしまい治療と趣味を兼ねて自転車を再び始めた。 しかし、6月に交通事故にあってしまい一時は中断したが再び走り始め新しい自転車も導入し絶好調。 1年間に走った距離は4,073kmで月別の記録はこれ
Byc

6月の後半に事故で一か月くらい乗れなかったので7月は少なめですね。そして新しく購入した自転車は前のROADと同じCannondaleのSynapseですが、電子化されていてすごい。 重さはかなり重くなったけど走り始めると前の自転車より軽く感じるし、同じような所の往復をしても消費カロリーが10~15%少なくて済むのはダイエットで不利で誤算だった。(写真は新しい自転車)
Byc2


【3】健康に気をつけてウォーキング
自転車と並行してウォーキングも心掛けている。近くのスーパーへの買い物は車で5分くらいの距離でも車で行くことが多かったが、遠回りをして歩いて行くことも多い。歩数も記録していて1日のすべての歩数が自動的に記録されるので室内での歩行もカウントされていて、毎月の合計歩数はこれ
Walk
少ない付きで140.000歩/月で1日平均にすると4600歩くらい、大体の月が210,000歩/月以上なので7,000歩/月は歩いている事になり、実際は休養日や雨の日で終日家にいる事も多いのでそこそこ歩いていそうである。

| | | コメント (0)

2022年2月 1日 (火)

2022年1月のまとめ

1月も終わり2022年も順調にスタートしたので1月についてまとめてみた。

(1)新年のお約束
新年と言えば初日の出ですが、寒いので自宅に籠っている。そうなると初日の出は見られないので初日の出の前の朝焼けの状態を撮影してOKとした。
Dsc_3269

もう一つの新年のお約束は昔からの川崎大師の初詣。とは言ってもコロナで密を避けたいので松の内も空けた13日に行ってきた。予測通りお大師様の境内も人が少なくこんな感じ。
Dsc_3917

そして縁起物の「だるま」はいつも通りの並びでイイネ。
Dsc_3904

川崎大師に初詣に行ったときは住吉のくず餅を買ってくるが糖尿病の治療中でありどうするかと考えたが、縁起物でもあるし自転車でしっかりと運動を含めれば良いかな?という事で購入し自宅で頂いた。
Rx_03661

残念だったのは京浜急行の干支ヘッドマークがなかったことですね。

(2)富士山
冬は富士山に雪が積もり空気も澄んでいるのであちこちで撮影しても映える写真が撮影できるので、自転車で出かけたりして撮影してみた。まずは最近はまっている鶴見川の鴨居の所からの橋と富士山。
Dsc_3691

次は江の島方面に行ったときに海岸線で撮影した富士山。海の向こうの富士山であり手前の山も低いので白い山頂付近だけではなく少し下の雪が積もっていない場所も写るのでいい感じ。
Rx_04042

そしてもう一枚は先日紹介した飛行機からの富士山ですがパターンの違うものを一枚。羽田から西に向かう飛行機は北側からY884・Y18・Y20・Y28・Y56・Y58とあり目的地により変わる。12月に乗った北九州空港行きも今回の松山空港行きもY20で富士山の真上付近を飛行するのでみられないが、気流により少し北側にずれるので左(A席)で見られることがあり、この時もうまく見られた。西風が強く山頂の火口は流れる雪煙で覆われていた。すぐ下を撮影するので写真の右下に窓のカーブが映り込んでしまうのは残念。
Dsc_4398

(3)自転車
1月も自転車に良く乗ったし待望の新車も納入された。1月の走行距離は564kmで目標とした500km/月はクリアできた。そして昨年の6月に事故で駄目になった自転車に変わり7月に発注した新しい自転車はコロナ渦により2021年モデルは入手できず2022年モデルを入手。マスコミ発表が1/18でしたがお店に入ったのが1/16で新車整備などを行った後の1/21の納車された。
そんな自転車について、事故前と納車待ちと新車で同じような写真で比較してみた。
◆旧Synapse(Cannondale)
当時の最高グレードのmodelでCannondaleがSynapseというラインの初代の自転車で、カーボンを多用したモデルでコンポはSimanoのDURA-ACE。カーボンはフレーム・ハンドル・クランク・シートポストで黒いボディは艶消しで控えめなCannondaleの文字も控えめ。
Rx_04424

◆Sequoia(Specialized)
最初に購入したRoadでアルミフレームでシートポストなどはカーボンで振動吸収のゲル入りの特殊タイプ。旧Synapseを購入した後はお買い物自転車として活用し、フラットバーに変更しRixenKaulののアダプターでバックを取り付けられる。
ホイールはフロントはSimanoのままでリオは旧SynapseのKsyriumにしたら、操安が良くなりリアは硬く加速が気持ちよくいい感じで乗っていた。
Rx_08239

◆新Synapse(Cannondale)
今月に納車された新車は同じ系統のブラックではあるが、前は艶消しで今度のはピアノブラックという感じの深みのある黒。フレームはカーボンですが、クランクやシートポストにハンドルは鉄かアルミ。でも組み立ての時に旧Synapseのカーボンハンドルが気に入っていたのでそれで組んでいただいた。さすがに最新のmodelで電子機能があり、前後のライトはセンターユニットから電源供給され自動で点灯などが行われる。また後日取り付けるレーダーもあり、総合コントロール機能があり、後ろからの接近車両をハンドル部の表示機で警告したり、危険な接近の時はリアランプがフラッシングするなど車のITSと同じような安全性が高くなっている。
フレームがスローピングがきつくシートポストが長く出ているのがいい感じだね。
Rx_04675

(4)食
1月に食べたもので印象に残っているものを紹介。これは1月だけではないがはまっている「ほろほろチキンカレー」は1月も継続して食べている。
Rx_03499

他には月末に四国旅行で食べたもので、四万十川の下流の中村という町で食べたうな重で初めての尾頭付きのうなぎで、頭は食べなかったが正解だろうか?でもうなぎはとても美味しかった。
Rx_04442

そして愛媛などで食べられている鯛めし。時間が無かったので松山空港で食べたのだが、空港の食堂と侮ってはいけないちゃんとした鯛めしでとても美味しかった。鯛の刺身を生卵の入ったタレに絡めてご飯に乗せて食べるのだが、この食べ方にびっくりしたが御櫃全部のご飯を食べてしまった。
Rx_04556

(5)春の兆し
自転車で走っていて写真も撮影するが春を感じる花が咲いているのを撮影する。黄色い花はロウバイの花でもう満開。
Rx_03637

梅の花はまだ早いけど日当たりが良く風があたらないような暖かく条件の良い場所ではチラホラ咲いているのを見かける。
Rx_04646

(6)月末の四国旅行
昨年の後半で東京のコロナ感染者が二桁でも前半の頃に1月の旅行として考えて予約していた四国旅行ですが、オミクロン株で感染者急増になりどうしようか?と考えたが、目的が街中の旅ではなくレンタカーでの自然の場所を行くので決行した。
詳しい記録は別にまとめる予定ですが、1月のまとめとして簡単な報告を。
◆Day-1
羽田空港⇒松山空港⇒佐多岬⇒宇和島(泊)
最初は羽田空港で離陸のD滑走路に向かう途中で見たANAのスターウォーズジェット。Boeing777-200でエンジンにカバーが掛かっていてわかるように羽田から移動できない機材。と言うのはニュースで見た記憶がある方がいらっしゃると思いますが搭載しているP&W(プラット&ホイットニ)社製のエンジン不具合で運行停止が指示されていてずっと羽田にいる機材。飛行機はエンジンが何種類か選べる事が多くJALは別のエンジンで777でも運行されているしがANAはP&Wエンジンが多く地上にいる機材が多い。今はコロナで航空需要が低迷していて中型機で代用しているがコロナが収束に近づき需要が戻るまでには何とかなるとイイネ。
Rx_04222

佐多岬は四国の西側にものすごく延びている岬で先端の灯台まで行ってきた。その灯台の写真は近くだと他の灯台と同じようなので、少し手前から撮影した写真で紹介。
Dsc_4592

そして途中の景色などを撮影しながら宿泊地のホテルにチェックインし宇和島城に行き、駅前付近で食料を購入しホテルの部屋で夕食。その宇和島城は天守が現存するお城の一つで行った時間はすでに入場可能な時間を過ぎていたので人もいなく写真だけ撮影したが人がいないのでいい感じの写真が撮れた。
Dsc_4821

◆Day-2
宇和島⇒海岸線⇒足摺岬⇒中村(泊)
この日の一番の目的は段畑。国指定の重要文化的景観に指定されていて正式には「遊子水荷浦の段畑」と言い、山の急な斜面に石で小さな段々畑を作っている。まずはその全体写真を紹介する。
Dsc_5047

写真に写っている畑の中の道でアップで撮影したのが次の写真で、小さな畑の区切りは石積みで人の手で積み上げられた壁になっていて、そこに土を入れて栽培をしている。海岸線からすぐ山になっているので平地がすくなくこのような形の畑を作る人の営みに感動した。
Dsc_5127

次は足摺岬の手前にある竜串海岸へ。ここは地質的に面白い奇石がならぶ海岸があり約2000年前に浅い海に堆積物が溜まり硬い部分は砂岩でへこんでいる部分は泥岩で浸食により面白い形になっている。
Dsc_5609

足摺岬は四国の左下にある高知県の岬で、ここも尖がった先の灯台が見事でここも灯台だけだとあまり変わらないので手前から灯台を入れた写真を紹介。
Dsc_5678

◆Day-3
中村⇒四万十川⇒今治⇒松山空港⇒羽田空港
最終日は四万十川沿いを上流に向かって沈下橋などを撮影し、山の中で幾つかの滝を見た後に一気に今治まで行っていくつか観光して空港から戻る日程で、四万十川のゆったりとした流れと沈下橋の写真を一枚だけ紹介。
Dsc_6041

一気に移動した今治ではまずはしまなみ海道の来島海峡大橋を撮影。しまなみ海道は尾道と愛媛を島伝いに結んでいて自転車でも走れるのでいつかは走ってみたいが、島に入ってからの上り下りはそこそこ急な勾配になっていたね。
Dsc_6591

そして今治市街地にある今治城へ。このお城は再建した天守のお城で海岸線にある平城でお堀は海水によるお堀と言うのが変わっているところですね。
Dsc_6994
空港に戻ってレンタカーを返却し、先に紹介した鯛めしを食べて空路羽田まで移動して帰宅。

(7)健康
1月は人間ドックを受診してその結果が届いた。昨年の悲惨な結果から自転車とウォーキングによる改善でかなり健康になっている。Gパンなどもこぶしが縦に入るくらいウェストが緩くなってしまいチノパンもしかり。そろそろ安定しているので買い換えないと駄目かな。

| | | コメント (0)

2021年11月 1日 (月)

弘法大師の高野山へ(Day:2)

2日目の朝はお勤めからですが、前日に7時15分からと聞いていて本堂の入り口にもそう書かれているのに始まったのはさらに早かったようで7時10分に行ったときはほとんど終っていて「なんなの?」という感じ。 Tripadviserなどでも評判があまり良くない宿坊で食事や部屋や人など総合的に考えてもお勧めできないね。宿坊でそんな事をいうのはおかしいけど。
朝食も精進料理でこんな感じで「まぁ仕方がないね」という感じ。
D2_001

早々とチェックアウトし駐車場が込まないうちに&人があまり来ないうちに公共駐車場に車を移動し2日目の参拝を始める。 最初は金剛峯寺の山門へ。昨日より天気が良いので両側の提灯と奥の建物がしっかり見える。
D2_002

人が少ない時間帯でタイミングを計って金剛峯寺の全体を撮影。青空に人がほとんどいない写真は朝の早い時間の特権。
D2_003

内拝は拝観料が1000円なので今日は省略し重要文化財の金剛三味院の多宝塔を見に行く。メインの通りから少し山の方に入った奥の方にあり、そこからは熊野古道の小辺路のスタート地点にもなっている。
D2_004

メインの通りに戻り先に奥之院に向かう。メインの通りに出たところで遍照光院の塀の所の彫り物が変わっていたので撮影。
D2_005

武将の供養塔などは全部紹介はできないのでそのなかの一つは伊達政宗の供養塔。鳥居の奥の五輪塔はとても大きく立派。
D2_006

そして明智光秀の五輪塔は大きくはなく「空・風・火・水・地」の上から4っつ目の水の部分がひび割れていて、何回立て直しても割れるという伝説がある。
D2_007

奥之院の一番奥の御廟橋へ。朝の早い時間なら日の挿す角度が違うので橋の下に書かれている梵字が水面に写って見えるというので見てみると半分ぐらいがくっきりと見えた。
D2_008

燈籠堂に行くと大勢の高僧が特別なお経をあげている。諡號奉讃会(しごうほうさんえ)という事で特別な法要が営まれていた。この日は空海が醍醐天皇から弘法大師という名前(諡號)を賜った日で、一年に一度の行事。メインはそのお勤めが終わった後に燈籠堂から戻る高僧のお練りで、御廟橋の所から撮影した写真がこれ。
D2_009
参道の左右の幟も特別な時しか出さないという事らしい。(1つ100万円くらいらしい)
燈籠堂からこちらに向かって歩いてきて目の前の御廟橋を渡るところは動画で撮影させていただいた。

御廟橋を渡った後は左に曲がり通り過ぎた後の後姿を撮影し、とても立派な法被が素晴らしい。
D2_010

その後は弘法大師にお食事を運ぶのを撮影。建物を出た後に嘗試地蔵(あじみ)に確認して頂いた後を撮影。
D2_011

御廟橋の所で一礼した後に御廟に運んでいく。弘法大師はいまもなお生きていて皆のための祈りをしているという事で1日に2回のお食事を運ぶのはずっと続いているが朝の6時頃と10時の2回で、食事は午前中のみというのにしたがっている。
D2_012

帰りも奥之院の参道を戻り途中の仲良し地蔵を撮影。
D2_013

まずは今日の一番の行事を体感したので昨日に行っていない徳川家霊台まで歩いていく。奥の方にあるのでここにはあまり人がこないみたいです。徳川家光が建てた霊台で家康と秀忠の霊台が並んでいます。
D2_014

さらに山の上の方に上がっていくと女人堂がある。昔は女人禁制の地で女性はここまでしか来られなかった所にお堂が建っていて、そこでお祈りするのですが現存するお堂はここだけとの事です。
D2_015

このお堂から高野山方面には左右に大きな門柱があり、右に高野山で左に金剛峯寺の文字が書かれている。高野山のエリアはすべて金剛峯寺の境内という事になっているそうです。
D2_016

後は昨日の曇り空でいい写真が撮れなかった場所に再チャレンジ。根本大塔は青空をバックに色が綺麗に出た。
D2_017

向こうに見えるのは三鈷の松。この松は葉っぱが三本あるものがお守りになるという事で根元を探し三本の物をいくつかお守りに頂く。
D2_018

三鈷の松の近くには昨日も回したが六角経蔵を回してみる。いっかい回すとここに収められているお経をすべて読んだことになるという話で、回しているときの動画を撮影してみた。

根本大塔のエリアの最後は昨日も撮影した中門も撮影。青空の青さがバックにはいるといい感じですし、まだ人も少ないのでいい感じの写真がとれた。
D2_019

最後は大門を撮影して帰途につくことにした。
D2_020


と言っても昼間の関空→羽田は欠航になっていて夜遅い最終便しかないので途中で観光して行くことにする。 まずは紀三井寺に行く。参道の始まりの写真はこれで、ここからかなりの階段を登ることになる。
D2_021

途中まで登ってもまだ階段が続いている。
D2_022

一番上には紀三井寺の多宝塔があり国指定の重要文化財に指定されている。
D2_023

多宝塔の少し下にある本堂はものすごく大きく立派な建物です。
D2_024

近くに紀伊東照宮に行く。参道はまっすぐ続いているがその先でクランクになっていて城のような印象を受ける。
D2_025

クランクを曲がった先はまたかなりの階段があり、そこを登ると拝観料を支払うエリア。
D2_026

社殿には左甚五郎の彫り物があしらわれ、徳川家康と紀州徳川家の徳川頼宣を祀っています。
D2_027

最後は和歌山市の散策で、まずは和歌山城に行く。再建された天守閣に登って和歌山市を眺めた後に別の場所から天守を撮影。
D2_028

城内は広くゆっくりと散策する時間があり途中で御橋廊下で濠を渡る。 外から見ると橋という雰囲気はない。
D2_029

実際の橋は土足厳禁の廊下になっていた。
D2_030

夕食には早いけど関西国際空港は国際線が多いので食事処なども休業しているところが多いという情報と和歌山といえば和歌山ラーメンという事でお城近くのお店を検索し「まるイ」というお店に入る。出て来たのはこのお店の売りのネギがたくさん載っているもので、とても美味しかった。
D2_031

空港に移動し余った時間はラウンジで過ごし定刻に機内に入りスポットを撮影。
D2_032

誘導路で空港内を移動しているときはFedexの飛行機がいっぱいの北太平洋地区のハブが見えたので撮影。好きな飛行機の一つのMD-11が現役であるのは嬉しい。
D2_033

離陸動画も撮影したが、加工がまだなので後日紹介することにして飛行中の夜景を紹介。大阪の夜景が綺麗に見えていた。
D2_034

羽田空港付近は雲が低く垂れこめていて夜景は見えず着陸した後のスポットへの移動時にターミナルビルを撮影。
D2_035

最後は遅い飛行機で到着した時のお約束の搭乗案内の表示。もう今日の便はすべて終わっている状況が面白い。
D2_036

| | | コメント (0)

2021年10月31日 (日)

弘法大師の高野山へ(Day:1)

小さいときは川崎大師のすぐ近くに住んでいてなじみがあり、今でも初詣は川崎大師
に行くので高野山は行ってみたい場所。そして九度山もいろいろな面で行く必要のある場所という事で一泊二日の日程で高野山関係を中心にした日程の1日目の記録です。

紀伊半島だと車で直接行く方法や新幹線+南海という方法もあるが赤組なのでJALのダイナミックパッケージで往復の飛行機+レンタカー+宿坊の宿泊をセットにして手配。空港としては南紀白浜空港と関西国際空港の2通り考えられるが選んだのはこっち
D1_001

定刻に搭乗しプッシュバックあとのお見送り。東京は雨で寒そうですね。
D1_002

誘導を離陸の滑走路に向かう途中に整備地区に駐機している機材を撮影。「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界遺産に登録されたことを記念したJOMONジェットの特別塗装機が撮影できてラッキー!
D1_003

ラウンジでは雲が多くて富士山が見られず今日は駄目かな?と思っていたが、雲が少しかかっているが雪がたくさんの富士山を撮影する事ができた。
D1_004

しばらく飛行すると中部国際空港が見えてきて着陸する飛行機に離陸して上昇中の飛行機に駐機場にいるDREAM LIFTERも見える。
D1_005

ほどなくベルト着用サインが点灯し、吉野川と山地を見ながら降下し、和歌山市を見て海上に出たあたりで右ターンして関西国際空港に着陸。この動画を撮影しいつもの様にGPSデータとリンクして加工した。

関空でレンタカーをピックアップしてまずは九度山を目指す。ここは高野山参拝のスタート地点の町で真田の里でもあるし、特別なお寺がありそこが今回の旅の目的の一つ。まずは真田幸村親子の屋敷跡に建てられた善名称院に行く。通称は真田庵でお寺になった後に怒った真田昌幸の霊がたびたび出たので、その霊を祀った真田地主大権現を撮影。鳥居には真田家の六文銭の額が掛かっている。
D1_006

次は今回の旅の目的の一つでもある慈光院へ。その慈光院をお参りする前にその慈光院をお守りするために地元にゆかりのある丹生都比売・高野御子を祀った神社です。まずは拝殿の写真を撮影。拝殿は大きいけどあまり特徴はなさそう。
D1_008

拝殿の後ろにある本殿は国の重要文化財に指定されている三棟の建物で奈良の春日神社と同じ春日造りの木造建築。
D1_009

丹生官省符神社の下にある慈尊院へ。まず最初に目につくのは大きな多宝塔でこの後の高野山では同じような形の塔がたくさんあるが最初はこれ
D1_010

つぎは慈尊院の弥勒堂の近くへ。高野山は女人禁制だったので空海の母が訪ねてきたけど高野山には上がれず母親はこの慈尊院で暮らしていました。そんなわけで女性のためのお寺になっているので、こういう絵馬が多くかかっています。
D1_011

ここでお守りを授かり道の駅で高野山に関係するレトルトカレーを自分土産に購入して高野山に向かう。山道を高野山に登り大門を過ぎてまずは宿泊する赤松院へ行き駐車場に車をおいて荷物を預ける。最初は赤松院の山門を撮影。
D1_012

今日は約半日でゆっくりと高野山の金剛峯寺を歩く予定で約10kmくらいの予定。最初は入り口の大門を目指して歩き、そこから徐々に西に移動し奥之院で空海に会ってから赤松院に戻る計画。赤松院は奥之院の入り口のすぐ近くにあるのでこのルートとした。バスもあるけどメインの通りを歩いて大門に到着。ここは先ほどの慈光院からの山道を歩いてくるとたどり着く場所で巨大な門がある。門の両側の部分には金剛力士像があるが鳥よけの網があり近くではうまく撮影できなかった。
D1_013

次は根本大塔エリアに行く。最初は中門で先ほどの大門と同じような赤い門ですが大門と違い両側の表と裏に多聞天・持国天・増長天・広目天の四天王像がある。
D1_014

中門を入ると正面に金堂が見えるがまずは左手の六角経蔵を見る。この経蔵は下の方に腕木があり回すことが出来る。
D1_015

さらに左手の奥に進むと山王院があり後ろの御社の拝殿となる。
D1_016

高野山は空海(弘法大師)の仏教の聖地となっているが、その中に御社という神社がある。その神社がこれでちゃんと鳥居もある。
D1_017

この神社は空海が場所を探していた時に狩場明神が連れていた白・黒の犬に案内されて高野山に入り、高野山を納めていた丹生明神の許可を得て開いたのでその二人を祀った神社がここにあります。
その奥には西塔があり、このエリアにある三つの塔の中では色合いがなくシンプル
D1_018

次は根本大塔。写真を撮影しそこだけ取り出すと大きさがわかりにくいが高さが50mもありものすごく大きい建物。
D1_019

そして金剛峯寺の方に進むと東塔があり、西塔に比べると少し色があり派手やか
D1_020

この壇上伽藍から金剛峯寺の間は車道の他に人だけがあるく蛇腹道というのがあり、ここは少し色づいた紅葉が見られた。
D1_021

蛇腹道を過ぎると金剛峯寺の山門。この山門の見どころは門の両側にある提灯で左右で紋が違い左は豊臣家で右は高野山の紋になっている。
D1_022

金剛峯寺の建物は大きく火災による消失を防止するように屋根の上に雨水をためる桶が乗っていてさらに梯子に鎖などが完備している。もちろん今では消火栓など近代的な対策もされているが建物自体は昔のままになっています。
D1_023

外を撮影した後に内拝へ。建物の中は屏風など一部は撮影禁止ですが撮影が可能な場所も多く最初に目についたのはこの梁で海老虹梁と呼ばれているそうで曲がった材木ではなく太いものを削ってこの形にしているので元は相当に太い材木だったのでしょう。
D1_024

内拝で襖絵や上段の眞など色々な見どころを回り、金剛峯寺の最大の見どころの一つは石庭で幡龍庭と呼ばれ5000坪の広さがあり日本最大の石庭と言われています。 もう少し紅葉が進んでいればもっと良かった。
D1_025

1日目の最後は奥之院。参道の入り口は一の橋でここから約2kmの参道が続き20万基の墓碑が並んでいます。その一の橋はここ
D1_026

杉の巨木が並ぶ参道はこういう雰囲気で有名な武将の供養塔などもある。
D1_027

武将のは明日にして参道にある目についたお化粧地蔵を紹介。このお地蔵様にお化粧をすると美人になれるという事でいつもお化粧している。
D1_028

2kmくらい歩き一番奥の本当の聖地は撮影禁止で撮影が出来るのは直前の御廟橋まで。そこから燈籠堂はすぐで橋の先の木立の奥に少し見える。
D1_029

燈籠堂にお参りし裏手の弘法大師御廟にお参りした後は宿坊の赤松院に戻る。夕食は精進料理で味をどうのこうのいうものではないけど満足したのはゴマ豆腐とデザートの柿くらいだった。
D1_030


| | | コメント (0)

2021年9月 5日 (日)

近所のウォーキングのまとめ

旅行に出かけた時や月ごとのまとめをブログに書いているがたまには普段のウォーキングで撮影した写真をまとめてみた。
最初は自宅近くでいつも気になっていた坂で登ってどこにいくかわからないけど行き止まりでなければ何とかなるので登ってみる。
001_20210905174601

登ってみると何となく見覚えのある高圧鉄塔が見えたので、そこを基準に歩いていくといつもの成瀬尾根にたどり着くことができ、成瀬尾根を行くと生産緑地で栗の木が植わっているところがあり、そろそろ茶色く色づき初めている。
002_20210905174601

この前まで夏だったけど一気に秋になるのかなぁ? そして少し歩くと異様に目立つ白いキノコがあった。これだけ目立つのは毒キノコだよねと思いつつ撮影。
003_20210905174601

GoogleLensで調べてみるとシロオニダケに似ていると出てきて毒キノコという事。そしてインスタで報告したので重複するので別の場所にあった都県境の表示を撮影。
004_20210905174601

ここのは少し埋まっていて都は見えるけど県は半分埋まっているね。さらに少し歩くとまた白っぽいキノコを発見。先ほどのとは形が違うね。
005_20210905174601

これも毒キノコだと思いGoogleLensで調べてみるとタマゴタケと出てきて毒キノコではなさそうですが、専門家のお墨付きや確かなお店で売っているものでなければ危険なので写真を撮るだけ。 歩いている道を紹介しないとキノコが生えている道ってどんなの?という疑問が湧くと思うので散策路も撮影。
006_20210905174601

ここから先はひらけて畑も出てくるエリアで道の両側の畑などの撮影をしながら進む。最初に見かけたのは木になる緑の実。柑橘系であることは確かですが種類は不明。
007_20210905174601

すぐ横にはミニトマトがあったけど露地栽培なので雨にあたっのが要因かはわかりませんがはじけてしまっているね。
008_20210905174601

さらに横にはオクラ?と思える植物が。大きさがかなり大きいけど形はオクラそのもの
009_20210905174601

少し歩くと黄色い花が見えて撮影しようとズームすると緑の中に大きなかぼちゃが見えた!
010_20210905174601

成瀬尾根を抜けて恩田川に降りて自宅に向かって歩くと田圃の稲がだいぶ膨らんできて首を垂れるようになっている。
011_20210905174601

この田圃の近くでは黄色い瓜のようなのが育っていて奥に茄子が見える。でもこの黄色いのは何だろうか?
012_20210905174601

川沿いをカワセミはいないか?と探しながらあるくと赤いピーマンのようなのが見えた。パプリカ?とも思ったけど横の方は唐辛子にも見えるけどなんなのだろうか?
013_20210905174601

恩田川を上流に向かってあるきかしのき山を通って戻る。かしのき山では木の実が赤い花のような中に真っ黒になっているが、木にはゴンズイという魚のような名札がついていた。
014_20210905174601

最後は自宅近くの公園で、大きな木にピンクの花がいっぱい。百日紅の木のようですね。
015_20210905174601

今日は歩くのを主目的にしてあるいたので距離は11kmで時間は2時間半。涼しかったけど少し汗ばむくらいのウォーキングでカロリー消費したし夕食が楽しみ。

| | | コメント (0)